[スポンサーリンク]


触媒

  1. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

    エリック・J・ソレンセン(Eric J. Sorensen, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-)は、アメリカの有機化学者である。 プリンストン大学 教授。(写真引用:Sorensen Group) (さらに…)…

  2. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

    「ケムステ海外研究記」は節目となる第10回目を迎えました!記念すべき本寄稿は、第6回目の志村さんから…

  3. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

    第30回の海外研究者インタビューは、マーカス・ウェック教授です。ニューヨーク大学化学科に在籍しており…

  4. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御

    反応条件を調整することにより異なるジアステレオマーが作り分け可能なエナンチオ選択的なカルボニルのヒド…

  5. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する

    触媒の配位子で位置選択性を制御できるヒドロチオ化反応が開発された。本反応はアミノチオエーテル化合物の…

  6. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用

  7. 反応中間体の追跡から新反応をみつける

  8. 抗体触媒 / Catalytic Antibody

  9. アルカリ土類金属触媒の最前線

  10. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する

  11. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

  12. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法

  13. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ

  14. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化

  15. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Salt

  16. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シスプラチン しすぷらちん cisplatin
  2. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成
  3. 化学産業における規格の意義
  4. ライセルト反応 Reissert Reaction
  5. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  6. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデムアルキニル化環化反応
  7. 2017年始めに100年前を振り返ってみた

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

PAGE TOP