[スポンサーリンク]


触媒

  1. Nature Catalysis創刊!

    2月になりました。あっという間に2018年も過ぎていきます。さて、ついに先月創刊した「Nature Catalysis」。なんだか姉妹誌が増えすぎてだんだんよくわからなくなってきていますが、化学の中核である触媒分野の新雑誌ですので、化学のウ…

  2. アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

    アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

  3. クロスメタセシスによる三置換アリルアルコール類の合成

    クロスメタセシスを用いた三置換アリルアルコール/エーテルの合成法が開発された。用いる試薬により生成物…

  4. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

    N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

  5. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

    ジョナス・C・ピータース(Jonas C. Peters, 1971年x月x日(シカゴ生)-)は、ア…

  6. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系

  7. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

  8. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

  9. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  10. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御

  11. 触媒でヒドロチオ化反応の位置選択性を制御する

  12. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用

  13. 反応中間体の追跡から新反応をみつける

  14. 抗体触媒 / Catalytic Antibody

  15. アルカリ土類金属触媒の最前線

  16. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. プメラー転位 Pummerer Rearrangement
  2. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification
  3. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  4. 有機分子触媒ーChemical Times特集より
  5. 軸不斉のRとS
  6. 書物から学ぶ有機化学4
  7. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)オキシ]-2-プロパノール : 1,3-Bis[(2,2-dimethyl-1,3-dioxan-5-yl)oxy]-2-propanol

注目情報

最新記事

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

PAGE TOP