[スポンサーリンク]


触媒

  1. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法

    皆さんご存じのとおり、二酸化炭素(CO2)は地球温暖化問題とも関連の深い分子です。生活が便利になった反面、車や発電所、化学工場から毎日大量に排出されてしまっています。ゆえにどちらかというと「悪者イメージ」の強い分子でしょうか。ほとん…

  2. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ

    著者の川上量生氏は、ニコニコ動画創設者であり、ドワンゴ社(現KADOKA…

  3. 遷移金属を用いない脂肪族C-H結合のホウ素化

    N-Directed Aliphatic C–H Borylat…

  4. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Salt

    鉄触媒を用いた直接アリール化反応Charetteらは,鉄触媒を用いた不活性アレーンとヨードアリー…

  5. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

    前回までに【速報】【お祭り編】【開拓者編】として、2010年のノーベル化学賞を解…

  6. サレン-Mn錯体

  7. モリブデン触媒

  8. PdCl2(dppf)

  9. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体

  10. Grubbs第二世代触媒

  11. Grubbs第一世代触媒

  12. 触媒的芳香族求核置換反応

  13. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒

  14. クロスカップリング反応 cross coupling reaction

  15. 有機合成のための触媒反応103

  16. 炭素ー炭素結合を切る触媒

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化
  2. 水素 Hydrogen -最も基本的な元素で、燃料電池の原料
  3. ChemDrawの使い方【作図編①:反応スキーム】
  4. 奇跡の素材「グラフェン」を使った世界初のシューズが発売
  5. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発
  6. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  7. 顕微鏡で化学反応を見る!?

注目情報

最新記事

第100回―「超分子包摂による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

PAGE TOP