[スポンサーリンク]


高分子

  1. 【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

    今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人である大内誠先生について、Maitotoxin(大内研究室出身。現在香港科技大学Ben Zhong Tang研博士課程学生)が僭越ながらも紹介い…

  2. 高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

    第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

  3. ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

    ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、ア…

  4. 有機・無機材料の相転移ダイナミクス:数理から未来のマテリアル開発まで

    第4回ケムステVシンポでもコラボした、CSJカレントレビューシリーズの第35弾です。学会のオ…

  5. フィブロイン Fibroin

    フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

  6. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

  7. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造

  8. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

  9. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

  10. ポケットにいれて持ち運べる高分子型水素キャリアの開発

  11. 前田 浩 Hiroshi Maeda

  12. 有機光触媒を用いたポリマー合成

  13. アルキンから環状ポリマーをつくる

  14. 有機ナノチューブの新規合成法の開発

  15. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

  16. 高分子の合成(上)(下)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  2. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  3. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griffith)Oxidation
  4. 第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」開催報告
  5. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  6. 有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成
  7. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留学後編)

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

PAGE TOP