[スポンサーリンク]


高分子

  1. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

    詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  ※1日単位の選択受講も承ります。定員20名(先着順にて承ります。)受講料全日程一日受講A…

  2. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造

    お申込み・詳細はこちら日時2019年 5月16日(木)、17日(金)全日程2日間  ※1…

  3. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

    高分子活物質を用いた有機レドックスフロー電池についての最近の動向について,2014-2016年の代表…

  4. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

    Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

  5. ポケットにいれて持ち運べる高分子型水素キャリアの開発

    第71回目となるスポットライトリサーチは早稲田大学理工学術院先進理工学専攻高分子研究室(西出・小柳津…

  6. 前田 浩 Hiroshi Maeda

  7. 有機光触媒を用いたポリマー合成

  8. アルキンから環状ポリマーをつくる

  9. 有機ナノチューブの新規合成法の開発

  10. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate

  11. 高分子の合成(上)(下)

  12. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】

  13. 高分子と低分子の間にある壁 1:分子量分布

  14. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】

  15. 鉄鋼のように強いポリプロピレン

  16. 95%以上が水の素材:アクアマテリアル

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  2. リサイクルが容易な新しいプラスチックを研究者が開発
  3. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシップ
  4. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム
  5. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016
  6. 1と2の中間のハナシ
  7. 2007年文化勲章・文化功労者決定

注目情報

最新記事

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

PAGE TOP