[スポンサーリンク]

archives

進化する高分子材料 表面・界面制御 Advanced:高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造

[スポンサーリンク]

申込みはこちら

日程

令和5年2月10日(金)、13日(月)

1日単位の選択受講も承ります。

定員

20名(先着順にて承ります)

会場

かながわサイエンスパーク内講義室(川崎市高津区坂戸3-2-1)
Map・アクセス詳細はこちら

  • JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車 シャトルバス 5 分
  • JR 新横浜駅より東急バス(有料)直行「溝の口駅」行き30 分 「高津中学校入口」下車徒歩3分  東急バスのアクセスはこちら

※感染症対策を実施の上で開催いたします。

※状況によりオンライン開催となる場合がございます。

対象

  • 企業、研究機関にご所属で、新しい高分子材料の研究開発に携わる方。
  • 高分子材料を用いて高機能表面の創製を目指す方。
  • 複合加工などにより、高分子材料の新しい産業領域への展開を目指す企業の方。
  • 新素材の開発、設計業務に携わる方。

・・・メーカー・ユーザーいずれの方も承ります

受講料

区 分 全日程(消費税込)
  A 一般 45,000円
  B KISTEC 会員
C 神奈川県内中小企業
36,000円
  D C以外の神奈川県内企業
E 神奈川県内在住の個人の方
40,500円

1日受講 26,000円/日(消費税込)

カリキュラム編成者

九州大学大学院 工学研究院 応用化学部門 主幹教授 田中 敬二

<略歴>

九州大学大学院工学研究科 博士後期課程 応用物質化学専攻 修了後、ウィスコンシン大学マジソン校 化学科 博士研究員、九州大学助手・助教授・准教授などを経て現在に至る。
同大学院統合新領域学府 副学府長、次世代接着技術研究センター センター長などを歴任する一方、JSTプログラムマネージャーとして大型プロジェクトを率いる。
研究テーマは、高分子物性、界面科学。高分子界面におけるナノレベルの構造と物性を物理化学的に解明し、分子設計・合成指針の確立、高機能材料創製や高度集積化デバイス構築へと展開している。

カリキュラム

■基礎編■ 2023年2月10日(金)

9:00~10:00

趣旨・概論

九州⼤学⼤学院 ⼯学研究院 応⽤化学部⾨
主幹教授 ⽥中 敬⼆ 氏

10:10~11:40

高分子合成 ~基礎から精密重合まで

東京⼯業⼤学 物質理⼯学院
教授 ⽯曽根 隆 ⽒

12:30~14:00

高分子固体の表面物性の基礎

九州⼤学 ネガティブエミッションテクノロジー研究センター
特任教授 ⾼原 淳 ⽒

14:10~15:40

表面・界面の実験解析

九州⼤学⼤学院 ⼯学研究院 応⽤化学部⾨
准教授 川⼝ ⼤輔 ⽒

15:50~17:20

表面・界面のシミュレーション

九州⼤学 次世代接着技術研究センター
教授 ⼭本 智 ⽒

■応用編■ 2023年2月13日(月)

9:30~11:00

層状高分子の機能設計

慶應義塾⼤学 理⼯学部応⽤化学科
准教授 緒明 佑哉 氏

11:10~12:40

ナノ空間の高分子科学

東京⼤学⼤学院 ⼯学系研究科 応⽤化学専攻
教授 植村 卓史 氏

13:30~15:00

光駆動による可逆接着剤

国⽴研究開発法⼈産業技術総合研究所 材料・化学領域
研究グループ⻑ 秋⼭ 陽久 氏

15:10~16:40

二次元性を活かした機能設計

東京⼯業⼤学 科学技術創成研究院
教授 福島 孝典 氏

申込要領

重要(必ず以下の内容をご確認の上、下記お申し込みフォームよりお申込みください)

  • 状況によりオンラインもしくは対面とオンラインのハイブリッドに変更する可能性があります。以下の内容ご確認くださいますようお願いいたします。
    • Zoomの推奨環境(ページ下部参照)および「オンライン講座に関する規約」をご確認の上、お申込みください。
    • オンライン参加の場合は、PC( またはスマホ・タブレット)、インターネット通信環境(有線LAN 接続・Wi-Fi 推奨)、機器に接続可能なマイク、カメラ、スピーカーをご用意ください。(機器内蔵の場合は不要)
  • ご受講資格はお申込みをいただいた方(1申込1名)に限ります。受講者を変更される場合はご連絡ください。
  • 申込締切後、受講決定者には受講票・受講料請求書等の必要書類をお送りします。また、オンライン開催の場合は、受講日前日までにテキストおよび接続URLをお送りします。
  • 申込締切後でも、定員に余裕がある場合はお申込みを受付けられる場合がありますのでお問合せください。
  • 講義中、許可なく講義内容の一部、およびすべてを複製、転載または撮影、配布、印刷など、第三者の利用に供することを禁止します。
  • やむを得ない事情により、日程・内容等の変更や中止をする場合があります。

申込みはこちら

主催

(地独)神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)

後援・協賛(一部申請中)

(一社)バイオインダストリー協会、(一社)プラスチック成形加工学会、(一社)化学とマイクロ・ナノシステム学会、(一社)資源・素材学会、(一社)繊維学会、(一社)電気学会、(一社)日本合成樹脂技術協会、(一社)日本接着学会、(一社)日本繊維機械学会、(一社)日本塗料工業会、(一社)表面技術協会、(公社)応用物理学会、(公社)高分子学会、(公社)精密工学会、(公社)電気化学会、(公社)日本化学会、(公社)日本生化学会、(公社)日本表面真空学会、(公社)日本分析化学会、NPO法人機能紙研究会、セルロース学会、日本バイオマテリアル学会、日本電子材料技術協会、川崎商工会議所、株式会社ケイエスピー

お問い合わせ

人材育成部 教育研修課 教育研修グループ
TEL:044-819-2033
以下お問い合わせフォームをご利用の場合は、
「講座・研修に関するお問い合わせ」をお選びください。

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. Carl Boschの人生 その8
  2. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  3. 2011年人気記事ランキング
  4. 不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功!…
  5. YMC研究奨励金当選者の声
  6. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  7. ヘリウムガスのはなし
  8. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  2. 有機合成化学協会誌2023年8月号:フェノール-カルベン不斉配位子・カチオン性ヨウ素反応剤・水・アルコール求核剤・核酸反応場・光応答型不斉触媒
  3. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  4. 有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加
  5. 研究者よ景色を描け!
  6. ポンコツ博士の海外奮闘録⑨ 〜博士,Yosemiteに行く〜
  7. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  8. フロー合成と電解合成の最先端、 そしてデジタル有機合成への展開
  9. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  10. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP