[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

[スポンサーリンク]

ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、アメリカの化学者・コンピュータ科学者である.IBM Research シニアマネージャー.

経歴

2006 シアトル大学 BS
2012 ボストンカレッジ PhD (Amir H. Hoveyda教授)
2012 IBM Research 博士研究員 (Dr. Jim Hedrick)
2013 IMB Research Staff
2017 IBM Research COO
2018 IBM Research マネージャー

受賞歴

2015 MIT Tech Review’s 35 Innovators Under 35
2016 Foreign Policy’s Top 100 Global Thinkers.
2017 ACS POLY Division Young Industrial Polymer Chemist Award

研究業績

再生可能資源を利用した新しい高分子材料の開発と応用[1]

パラホルムアルデヒドと4,4-オキシジアニリンとのワンポット低温重縮合反応によって新規かつ強力な熱硬化性ポリマーの合成法を開発した.合成した高分子は非常に高いヤング率,優れた耐溶剤性,環境応力割れへの耐性を示した.これだけの強さを兼ね備えたポリマーだが酸処理をすることでビスアニリンモノマーを回収できる.化学リサイクルできる強靭な含窒素ポリマーとしては稀な例で注目を集めた.

 

名言集

 

コメント&その他

2020年現在は量子コンピューターの開発と応用に取り組む.

 

関連動画

関連文献

[1] García, J. M; Jones, G. O.; Virwani, K.; McCloskey, B.D.; Boday, D.J.; ter Huurne, G. M.; Horn, H. W.; Coady, D. J.; Bintaleb, A. M.; Alabdulrahman, A. M. S.; Alsewailem, F.; Almegren, H. A. A.; Hedrick, J. L. Science 2014344, 6185. DOI:10.1126/science.1251484

 

関連書籍

関連リンク

Naka Research Group

Naka Research Group

投稿者の記事一覧

名古屋大学大学院理学研究科 野依研究室 中研究グループで話題となった内容を紹介します.

関連記事

  1. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  2. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake
  3. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  4. 遠藤守信 Morinobu Endo
  5. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta
  6. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham…
  7. 安藤弘宗 Hiromune Ando
  8. 山本明夫 Akio Yamamoto

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機機能材料 基礎から応用まで
  2. 台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕
  3. 究極のエネルギーキャリアきたる?!
  4. 伊丹健一郎 Kenichiro Itami
  5. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  6. ReadCubeを使い倒す(3)~SmartCiteでラクラク引用~
  7. 2009年人気記事ランキング
  8. バリー・トロスト Barry M. Trost
  9. アッペル反応 Appel Reaction
  10. Nature Reviews Chemistry創刊!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP