[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

[スポンサーリンク]

ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、アメリカの化学者・コンピュータ科学者である.IBM Research シニアマネージャー.

経歴

2006 シアトル大学 BS
2012 ボストンカレッジ PhD (Amir H. Hoveyda教授)
2012 IBM Research 博士研究員 (Dr. Jim Hedrick)
2013 IMB Research Staff
2017 IBM Research COO
2018 IBM Research マネージャー

受賞歴

2015 MIT Tech Review’s 35 Innovators Under 35
2016 Foreign Policy’s Top 100 Global Thinkers.
2017 ACS POLY Division Young Industrial Polymer Chemist Award

研究業績

再生可能資源を利用した新しい高分子材料の開発と応用[1]

パラホルムアルデヒドと4,4-オキシジアニリンとのワンポット低温重縮合反応によって新規かつ強力な熱硬化性ポリマーの合成法を開発した.合成した高分子は非常に高いヤング率,優れた耐溶剤性,環境応力割れへの耐性を示した.これだけの強さを兼ね備えたポリマーだが酸処理をすることでビスアニリンモノマーを回収できる.化学リサイクルできる強靭な含窒素ポリマーとしては稀な例で注目を集めた.

 

名言集

 

コメント&その他

2020年現在は量子コンピューターの開発と応用に取り組む.

 

関連動画

関連文献

[1] García, J. M; Jones, G. O.; Virwani, K.; McCloskey, B.D.; Boday, D.J.; ter Huurne, G. M.; Horn, H. W.; Coady, D. J.; Bintaleb, A. M.; Alabdulrahman, A. M. S.; Alsewailem, F.; Almegren, H. A. A.; Hedrick, J. L. Science 2014344, 6185. DOI:10.1126/science.1251484

 

関連書籍

関連リンク

Naka Research Group

Naka Research Group

投稿者の記事一覧

名古屋大学大学院理学研究科 野依研究室 中研究グループで話題となった内容を紹介します.

関連記事

  1. アーサー・L・ホーウィッチ Arthur L. Horwich
  2. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  3. サラ・E・リースマン Sarah E. Reisman
  4. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  5. スチュアート・ライス Stuart A. Rice
  6. トーマス・トーレス Tomas Torres
  7. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  8. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米陸軍に化学薬品検出スプレーを納入へ
  2. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  3. 特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較
  4. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement
  5. 創薬化学―有機合成からのアプローチ
  6. 第10回次世代を担う有機化学シンポジウムに参加してきました
  7. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  8. 第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel O’Leary教授
  9. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授
  10. 化学に魅せられて

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP