[スポンサーリンク]


無機化学

  1. ステファン・カスケル Stefan Kaskel

    ステファンKaskelは、(1969年2月24日-, ボン)は、ドイツの化学者。TU Dresden(ドレスデン工科大学)の教授(写真出典:TU Dresden)。経歴1990-1995 エバーハルト・カール大学テュービンゲン 学士…

  2. 第156回―「異種金属―有機構造体の創製」Stéphane Baudron教授

    第156回の海外化学者インタビューは、ステファン・A・ボードロン教授です。フランス・ストラスブール大…

  3. 第154回―「ランタノイド発光化学の生物・材料応用」Jean-Claude Bünzli教授

    第154回の海外化学者インタビューは、ジャン=クロード・ブンズリ名誉教授です。スイス連邦工科大学ロー…

  4. 第153回―「ネットワーク無機材料の結晶学」Micheal O’Keeffe教授

    第153回の海外化学者インタビューは、マイケル・オキーフィ教授です。アリゾナ州立大学化学・生化学科に…

  5. 第149回―「ガスの貯蔵・分離・触媒変換に役立つ金属-有機構造体の開発」Banglin Chen教授

    第149回の海外化学者インタビューは、バングリン・チェン教授です。テキサス大学サンアントニオ校化学科…

  6. 第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

  7. 第145回―「ランタニド・アクチニド化合物の合成と分光学研究」Christopher Cahill教授

  8. 【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編

  9. 4つの異なる配位結合を持つ不斉金属原子でキラル錯体を組み上げる!!

  10. ナタリー カロリーナ ロゼロ ナバロ Nataly Carolina Rosero-Navarro

  11. 第47回「目指すは究極の“物質使い”」前田和彦 准教授

  12. 前田 和彦 Kazuhiko Maeda

  13. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

  14. 世界最高の耐久性を示すプロパン脱水素触媒

  15. 第116回―「新たな分子磁性材料の研究」Eugenio Coronado教授

  16. 第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アブノーマルNHC
  2. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation
  3. パーコウ反応 Perkow Reaction
  4. 柴﨑正勝 Masakatsu Shibasaki
  5. 熱分析 Thermal analysis
  6. 秋の褒章2011-化学
  7. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

PAGE TOP