[スポンサーリンク]


無機化学

  1. 黒板に描くと着色する「魔法の」チョークを自作してみました

    昔ながらの授業・講義といえばチョークと黒板を使ったもの。ホワイトボードや電子黒板の普及により需要が減っていると言われますが、まだまだ現役です。チョークの主原料は炭酸カルシウムや石膏。貝殻や卵殻のリサイクル品も流通していますが、いずれにしろチ…

  2. トランス効果 Trans Effect

    平面四角形錯体の配位子置換反応において、脱離基 X のトランス位に存在する配位子 Ltrans が …

  3. 有機合成から無機固体材料設計・固体物理へ: 分子でないものの分子科学を求めて –ジャン ロッシェ材料研究所より

    今回の「ケムステ海外留学記」は、ジャン ロッシェ材料研究所 博士研究員の佐々木俊輔さんにお願いしまし…

  4. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

    小坂田耕太郎(おさかだ こうたろう、OSAKADA Kohtaro、1955年2月18日-)は、日本…

  5. マット・ショアーズ Matthew P. Shores

    マシュー・P・ショアーズ(Matthew P. Shores、19xx年x月x日-)は、アメリカの無…

  6. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

  7. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版

  8. アルミニウムで水素分子を活性化する

  9. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用

  10. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良

  11. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇

  12. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明

  13. 細孔内単分子ポリシラン鎖の特性解明

  14. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発

  15. 水島 公一 Koichi Mizushima

  16. 西林 仁昭 Yoshiaki Nishibayashi

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute
  2. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  3. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton
  4. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold
  5. ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera
  6. エステルをアルデヒドに変換する新手法
  7. アスタキサンチン (astaxanthin)

注目情報

最新記事

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記

ケムステをいつもご覧になっている方であれば、もうお馴染みのSciFinder F…

特許の基礎知識(2)「発明」って何?

特許法では、「発明」に対して特許権が与えられ、特定の人(個人や企業)がその発明を独占的に使えるように…

Arborisidineの初の全合成

インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

PAGE TOP