[スポンサーリンク]


無機化学

  1. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

    第90回の海外化学者インタビューは、ポール・クルーガー教授です。ニュージーランドのカンタベリー大学化学科に在籍し、有機合成・配位化学から材料・構造化学、ホストゲスト・センサー化学にまでおよぶ、超分子化学のあらゆる分野に取り組んでいます。それ…

  2. 第88回―「新規なメソポーラス材料の創製と応用」Dongyuan Zhao教授

    第88回の海外化学者インタビューは、Dongyuan Zhao教授です。復旦大学化学科に在籍し、マイ…

  3. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful Islam教授

    第83回の海外化学者インタビューは、サイフル・イスラム教授です。バ-ス大学化学科に所属し、新しい燃料…

  4. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hardie教授

    第82回の海外化学者インタビューは、マイケル・ハーディー教授です。リーズ大学化学科に所属し、金属超分…

  5. 第77回―「エネルギーと生物学に役立つ無機ナノ材料の創成」Catherine Murphy教授

    第77回の海外化学者インタビューは、キャサリン・マーフィー教授です。サウスカロライナ大学 化学・生化…

  6. 第75回―「分子素子を網状につなげる化学」Omar Yaghi教授

  7. 第67回―「特異な構造・結合を示すランタニド/アクチニド錯体の合成」Polly Arnold教授

  8. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Penny Brothers教授

  9. 産総研 地質標本館

  10. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

  11. 陶磁器釉の構造入門-ケイ酸、アルカリ金属に注目-

  12. 黒板に描くと着色する「魔法の」チョークを自作してみました

  13. トランス効果 Trans Effect

  14. 有機合成から無機固体材料設計・固体物理へ: 分子でないものの分子科学を求めて –ジャン ロッシェ材料研究所より

  15. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  16. マット・ショアーズ Matthew P. Shores

スポンサー

ピックアップ記事

  1. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ
  2. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  3. 電子実験ノートもクラウドの時代? Accelrys Notebook
  4. 三共・第一製薬の完全統合、半年程度前倒しを検討
  5. タキサン類の全合成
  6. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資
  7. 山本明夫 Akio Yamamoto

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

PAGE TOP