[スポンサーリンク]


無機化学

  1. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

    水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素錯体は金属からの逆供与が適度に存在し、酸化的付加が寸止めされた錯体として興味深い。くわえて、水素分子は化石燃料に替わるクリーンな燃料になりえ…

  2. 陶磁器釉の構造入門-ケイ酸、アルカリ金属に注目-

    世の中に存在するほとんどの陶磁器の釉薬の組成はケイ酸が大部分を占めており、このケ…

  3. 黒板に描くと着色する「魔法の」チョークを自作してみました

    昔ながらの授業・講義といえばチョークと黒板を使ったもの。ホワイトボードや電子黒板の普及により需要が減…

  4. トランス効果 Trans Effect

    平面四角形錯体の配位子置換反応において、脱離基 X のトランス位に存在する配位子 Ltrans が …

  5. 有機合成から無機固体材料設計・固体物理へ: 分子でないものの分子科学を求めて –ジャン ロッシェ材料研究所より

    今回の「ケムステ海外留学記」は、ジャン ロッシェ材料研究所 博士研究員の佐々木俊輔さんにお願いしまし…

  6. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada

  7. マット・ショアーズ Matthew P. Shores

  8. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters

  9. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版

  10. アルミニウムで水素分子を活性化する

  11. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用

  12. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良

  13. 鉄系超伝導体の臨界温度が4倍に上昇

  14. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明

  15. 細孔内単分子ポリシラン鎖の特性解明

  16. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate
  2. スピノシン spinosyn
  3. オーラノフィン (auranofin)
  4. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  5. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  6. アミドをエステルに変化させる触媒
  7. 大学院講義 有機化学

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP