[スポンサーリンク]


無機化学

  1. 第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

    第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所属し、材料科学、触媒、合成方法論の問題に有機金属化学を応用する研究を行っています。それではインタビューをどうぞ。 (さらに&hell…

  2. 世界最高の耐久性を示すプロパン脱水素触媒

    第273回のスポットライトリサーチは、北海道大学触媒科学研究所・中谷勇希さんにお願いしました。…

  3. 第116回―「新たな分子磁性材料の研究」Eugenio Coronado教授

    第116回の海外化学者インタビューは、エウジェニオ・コロナド教授です。バレンシア大学の分子科学研究所…

  4. 第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

    第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

  5. 第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授

    第99回の海外化学者インタビューは、ポール・プリーガー教授です。マッセイ大学基礎科学研究所に所属し、…

  6. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

  7. 第88回―「新規なメソポーラス材料の創製と応用」Dongyuan Zhao教授

  8. 第83回―「新たな電池材料のモデリングと固体化学」Saiful Islam教授

  9. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hardie教授

  10. 第77回―「エネルギーと生物学に役立つ無機ナノ材料の創成」Catherine Murphy教授

  11. 第75回―「分子素子を網状につなげる化学」Omar Yaghi教授

  12. 第67回―「特異な構造・結合を示すランタニド/アクチニド錯体の合成」Polly Arnold教授

  13. 第64回―「ホウ素を含むポルフィリン・コロール錯体の研究」Penny Brothers教授

  14. 産総研 地質標本館

  15. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes

  16. 陶磁器釉の構造入門-ケイ酸、アルカリ金属に注目-

スポンサー

ピックアップ記事

  1. デスソース
  2. ステッター反応 Stetter reaction
  3. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素
  4. インフルエンザ対策最前線
  5. 高専の化学科ってどんなところ? -その 2-
  6. 「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功
  7. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

PAGE TOP