[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

メバスタチン /Mevastatin

compactin.gif 

メバスタチン(mevastatin)は、スタチン系薬物のプロトタイプであり、HMG-CoA還元酵素阻害作用を示す。別名コンパクチン(compactin)

  • 用途・歴史

スタチン系薬物は、高脂血症の特効薬として処方され、HMG-CoA還元酵素を阻害する事で薬理作用を示します。世界中で処方されている薬の一つであり、ペニシリン以来の夢の薬と言われています。

旧・三共株式会社の遠藤章らは、スタチン系最初の薬物であるメバスタチンを発見し、後に大きな市場となるスタチン系薬物の研究フィールドを切りひらきました。

メバスタチン自体は毒性発現などの理由により製品化には至りませんでしたが、類似構造をもつシンバスタチン・プラバスタチン(メバロチン)などの医薬品は、いずれも数十億ドル規模の売り上げを誇るブロックバスター薬となっています。

  •  合成法

 

  • 関連リンク

遠藤章 – Wikipedia

Akira Endo – Wikipedia

endoakira.com

Mevastatin – Wikipedia

スタチン – Wikipedia
 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. トラネキサム酸 / tranexamic acid
  2. カプロラクタム (caprolactam)
  3. メントール /menthol
  4. ヘロナミドA Heronamide A
  5. フェノールフタレイン ふぇのーるふたれいん phenolphth…
  6. テトラメチルアンモニウム (tetramethylammoniu…
  7. フタロシアニン phthalocyanine
  8. アクリルアミド /acrylamide

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 還元された酸化グラフェン(その1)
  2. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  3. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  4. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  5. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功
  6. ハプロフィチンの全合成
  7. ケミカルジェネティクス chemical genetics
  8. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!
  9. マット・フランシス Matthew B. Francis
  10. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP