[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第145回―「ランタニド・アクチニド化合物の合成と分光学研究」Christopher Cahill教授

[スポンサーリンク]

第145回の化学者インタビューは、クリストファー・L・ケーヒル教授です。ワシントンDCにあるジョージ・ワシントン大学化学科に所属し、ウラン含有物質の研究を行っています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

これは残念な答えかもしれませんが、自分は化学者になりたいと思ったことはありません。むしろ、化学者の道に落ちこぼれたのです。音楽を専攻するべく大学に進学してすぐさま、高校レベルのバンドでの有能さは、真に才能があるということを意味しないことを理解しました。最初のアドバイスセッションのとき、あてがわれたアドバイザーがたまたま化学の教授でした。私の音楽が完全に駄目になってしまったときに科学のキャリアに乗れるよう、彼は一般化学の科目を取ることを勧めてくれました。 非常に鋭いですね!私は地理学の学位を取得し、自然界のシステム、特に鉱物に夢中になりました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

これは難しいですね。ファンタジーな回答は、ロックバンドのドラマーです。もっともらしい回答は、経済学者です。世界規模の「原因と結果」のシナリオに興味があり、異国の地を旅するのが好きです。一方、もし自分に注意力と忍耐力(そして別の収入源)があるなら、実家のリンゴ園に戻りたいですね。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

ウラン含有物質の合成・反応性・分光学に取り組んでいます。核燃料サイクルの環境影響に非常に興味を持っています。私たちは原子力発電のルネッサンスに向かっており、廃棄物の管理、原子炉設計、兵器可能な物質の不拡散など、いくつかの困難な問題に対処する必要があります。実験科学を超えて政策関係者と科学者を結びつけるために、私と何人かの同僚は、GWにてカリキュラム開発に力を注いでいます。私たちは、非科学者人材向けの実験コースと、科学者向けの政策コースを開発しています。原発問題に関するほとんどの意思決定の中心は、政策(多くの場合、科学ではない)です。私たちには、両陣営の準備が必要です。このような努力によって、教育された労働力と確固たる知識の蓄積がもたらされ、あらゆるレベルで偏りのない事実に基づく意思決定ができるようになることを願っています。

Q.あなたがもし 歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

トーマス・ジェファーソンです。いつもこの人には魅了されてきました。

真に博学な人で、一緒に飲むワインが美味しくなるでしょう。国家の誕生と彼の農業への関心、アメリカでのブドウ畑の始まりについて、もっと知りたく思います。知的普及性における彼の目線は、時代を超越しています。しかし、ジェンダー/人種間不平等に関する彼の見解については、ダメ出しをしたいと思います(もちろん、食後にです)。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

今週のことです。四塩化ウラン化合物の単結晶構造決定です。最近の実験は、ほとんどが結晶学的なものです。久しぶりにビーカーを汚してしまいました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

音楽アルバムに対する回答は、文句なしで、ザ・バンドの 『The Last Waltz』です。ステイプルズ・シンガーズをフィーチャーした『The Weight』バージョンは、これまでに演奏されたロック音楽の中で最も奥深い作品です。このDVDについては、実は、研究グループでのホームパーティーで必見のDVDとして使っています。

本に関しては難しいですね。フォードーの『Desert Islands on $50 a Day』がだめならば、ジョン・アーヴィングの『Prayer for Owen Meany』を持っていきます。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

不可能な回答は大丈夫でしょうか?それなら、ジョゼフ・プリーストリーです!様々なテーマで専門家として精通しており、信仰と科学を和解させるために働いた(闘った?)人です。この答えは、トーマス・ジェファーソンと食事をしたいという個人的願望と無意識のうちに関連しているかもしれません。特に、なぜそんなに長くフロギストン説に固執していたのか、ユニテリアン主義を創設したことをどう感じているのか、フランス革命に関して評判がよくないことは本意だったのか、を知りたいと思います。

 

原文:Reactions – Christopher Cahill

※このインタビューは2010年8月27日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 …
  2. 第77回―「エネルギーと生物学に役立つ無機ナノ材料の創成」Cat…
  3. 第112回―「生体分子センサー・ドラッグデリバリーシステムの開発…
  4. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 …
  5. 第136回―「有機化学における反応性中間体の研究」Maitlan…
  6. 第18回 出版業務が天職 – Catherine G…
  7. 第141回―「天然と人工の高分子を融合させる」Sébastien…
  8. 第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 砂糖水からモルヒネ?
  2. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Amination
  3. 位置多様性・脱水素型クロスカップリング
  4. 第35回「金属錯体の分子間相互作用で切り拓く新しい光化学」長谷川美貴 教授
  5. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  6. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキソール : 1-Trifluoromethyl-3,3-dimethyl-1,2-benziodoxole
  7. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
  8. 宮浦憲夫 Norio Miyaura
  9. スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します
  10. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

ガラス工房にお邪魔してみたー匠の技から試験管制作体験までー

実験器具を試して見たシリーズ第10弾! ついにシリーズ10回目を迎えました。今回は特別編です…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP