[スポンサーリンク]


2023年 4月

  1. 第10回慶應有機化学若手シンポジウム

    3年前は中止、ここ2年はオンライン開催であった慶應有機化学若手シンポジウム。今年はついに対面開催(オンラインとのハイブリッド)とのことで、大変楽しみですね。懇親会をするか否かは5月に新型コロナが5類になるかどうか…

  2. ポンコツ博士の海外奮闘録XVIII ~博士,WBCを観る~

    先月一時帰国していた際に(次回書きます)「いらすとやに怒られろ」や「どこまで続けるの?」「太ったよね…

  3. 人工細胞膜上で機能するDNAナノデバイスの新たな精製方法を確立

    第503回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科で博士の学位を取得され、現在は東京農工…

  4. 化学に関する様々なサブスクリプション

    近年、様々なサブスクリプション(サブスク)のサービスが登場し、高価な物やサービスを購入せずに、一定期…

  5. 銅中心が動く人工非ヘム金属酵素の簡便な構築に成功

    第502回のスポットライトリサーチは、大阪公立大学大学院農学研究科 生命機能化学…

  6. 【書籍】有機反応機構の書き方 第2版

  7. マイクロ波加熱を用いた省エネ・CO2削減精製技術によりベリリウム鉱石の溶解に成功

  8. カチオンキャッピングにより平面π系オリゴマーの電子物性調査を実現!

  9. 化学物質の管理が厳格化! -リスクアセスメント-

  10. 近赤外吸収色素が持つ特殊な電子構造を発見―長波長の近赤外光を吸収可能な色素開発へ―

  11. 産学それぞれの立場におけるマテリアルズ・インフォマティクス技術活用

  12. 有機配位子による[3]カテナンの運動性の多状態制御

  13. 広大すぎる宇宙の謎を解き明かす 14歳からの宇宙物理学

  14. ニルスの不思議な受賞 Nils Gustaf Dalénについて

  15. 宇宙なう:結晶生成サービス「Kirara」を利用してみた

  16. 進化するCAS SciFinderⁿ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 東京大学理学部 化学教室
  2. 公募開始!2020 CAS Future Leaders プログラム(2020年1月26日締切)
  3. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  4. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  5. クリック反応を用いて、機能性分子を持つイナミド類を自在合成!
  6. 湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました
  7. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP