[スポンサーリンク]


2023年 12月

  1. ケムステV年末ライブ2023を開催します!

    2023年もあとわずかですね! 今年はほぼコロナ前の雰囲気に戻った一年だったのではないかと思います。ただ、一度オンライン化を経験したことにより随所でオンライン化がいい塩梅に取り入れられた箇所もあったのではないかと思います。というわけ…

  2. リンを光誘起!σ-ホールでクロス求電子剤C–PIIIカップリング反応

    プニクトゲン結合(PnB)を利用するクロロホスフィンと有機ハロゲン化合物のクロス求電子剤C–PIII…

  3. マテリアルズ・インフォマティクス適用のためのテーマ検討の進め方とは?

    開催日:2024/01/10 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

  4. ケムステイブニングミキサー2024に参加しよう!①

    化学の研究者が1年に一度、一斉に集まる日本化学会春季年会。第104回となる今年は、3月18日(月…

  5. 【味の素ファインテクノ】新卒採用情報(2025卒)

    当社は入社時研修を経て、先輩指導のもと、実践(※)の場でご活躍いただきます。「いきなり実践で…

  6. 多環式骨格を華麗に構築!(–)-Zygadenineの不斉全合成

  7. 中国へ行ってきました 西安・上海・北京編③

  8. 高活性、高耐久性を兼ね備えた世界初の固体鉄触媒の開発

  9. マクマリーを超えてゆけ!”カルボニルクロスメタセシス反応”

  10. BulkyなNHCでNovelなButadiyne (BNNB) アナログの反応

  11. 中国へ行ってきました 西安・上海・北京編②

  12. 世界初!ラジカル1,2-リン転位

  13. 子育て中の40代女性が「求人なし」でも、専門性を生かして転職を実現した秘訣とは

  14. 海洋エアロゾル成分の真の光吸収効率の決定

  15. C–C, C–F, C–Nを切ってC–N, C–Fを繋げるβ-フルオロアミン合成

  16. 全フッ素置換シクロプロピル化試薬の開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究者よ景色を描け!
  2. フェノールのC–O結合をぶった切る
  3. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】
  4. 触媒のチカラで不可能を可能に?二連続不斉四級炭素構築法の開発
  5. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. オピオイド受容体、オレキシン受容体を標的とした創薬研究ーChemical Times 特集より
  7. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

注目情報

最新記事

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

PAGE TOP