[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

リンを光誘起!σ-ホールでクロス求電子剤C–PIIIカップリング反応

[スポンサーリンク]

プニクトゲン結合(PnB)を利用するクロロホスフィンと有機ハロゲン化合物のクロス求電子剤C–PIIIカップリング反応が開発された。クロロホスフィン上のσホールとアルキルアミンの相互作用により形成される電荷移動錯体が光励起され反応が進行する。

クロロホスフィンと有機ハロゲン化合物のクロス求電子剤C–PIIIカップリング反応

三価のリン化合物は、配位子や有機触媒、農薬、材料などの分野で広く利用されることから、効率的な合成法の開発が化学者の関心を集める[1]。近年、二級ホスフィンや金属リン化合物に代わり、比較的安定なクロロホスフィンを出発物質とする合成法が次々に報告された(図1A)[2]。現在までに、ニッケル/亜鉛を用いた触媒反応が主に研究されてきたほか、シランを用いたラジカル反応なども報告されている。

リンを含む15族元素(プニクトゲン; Pn)の特徴として、原子上の電荷分布の偏りによって生じた正電荷領域(σ-ホール)が、電子供与性分子と非共有結合性相互作用を示すことが知られている(プニクトゲン結合; PnB)[3]。PnBを触媒に応用した初の例として、2018年にMatileらは、三価のアンチモン化合物上のσ-ホールとクロロ基のPnBによって、クロロ基の脱離反応を促進させた(図1B)[4]。また、本論文著者であるChenらは以前、ホスホニウム塩とルイス塩基のPnBを利用し、光誘起電子移動/ラジカル付加を経由した2-インドリノンの合成を報告した(図1C)[5]

今回Chenらは、クロロホスフィンとルイス塩基による電荷移動錯体の形成と光照射によりホスフィニルラジカルを生成し、SET/ハロゲン原子移動(XAT)をともなうクロス求電子剤C–PIIIカップリング反応に着手した(図1D)。ニッケル触媒やシランを用いる先述の合成法と比較して、使用する試薬がクロロホスフィンとルイス塩基のみであるという利便性が特徴である。

図1. (A) 現在のクロス求電子剤C–PIIIカップリング反応 (B) 脱離反応へのPnBの利用 (C) PnBを利用したラジカル反応(D) 本研究

 

“Cross-Electrophile C–PIII Coupling of Chlorophosphines with Organic Halides: Photoinduced PIII and Aminoalkyl Radical Generation Enabled by Pnictogen Bonding”

Tu, Y.-L.; Zhang, B.-B.; Qiu, B.-S.; Wang, Z.-X.; Chen, X.-Y. Angew. Chem., Int. Ed. 2023, 62, e202310764

DOI: 10.1002/anie.202310764

 

論文著者の紹介

研究者: Xiang-Yu Chen (陈祥雨)

研究者の経歴:
2005–2009               B.S., Xiangtan University, China
2009–2014               Ph.D., Institute of Chemistry, Chinese Academy of Sciences, China (Prof. Song Ye)
2014–2016               Postdoc, Institute of Chemistry, Chinese Academy of Sciences, China(Prof. Song Ye)
Postdoc, University of Vienna, Austria (Prof. Nuno Maulide)
2016–2020               Postdoc, RWTH Aachen University, Germany
(Prof. Dieter Enders, Prof. Franziska Schoenebeck, and Prof. Magnus Rueping)
2020–                    Associate Professor, University of Chinese Academy of Sciences, China
研究内容: 不斉触媒および有機金属触媒の開発、フリーラジカル化学

論文の概要

Chenらはまず、クロロジフェニルホスフィンの静電ポテンシャル(ESP)を算出し、P上にσ-ホールが存在することを確認した(図2A左)。続いて、クロロジフェニルホスフィンとN,N,N′,N′′,N′′-ペンタメチルジエチレントリアミン(PMDTA)が形成する錯体の構造最適化では、P–N間の距離がファンデルワールス半径より短く、P上のσ-ホールとNの非共有電子対の間でPnB形成が見られた(図2A右)。そのほか、NCI(non-covalent interaction) plotとQTAIM(the quantum theory of atoms in molecules)による計算結果からも、PnB形成が支持された。

本反応では、アセトニトリル中、PMDTA存在下、クロロホスフィン1と有機ハロゲン化合物2に対して青色光を照射すると、クロスカップリング体3(or 3′)が得られた(図2B)。本反応は、アルキル基、アリール基、ピリジル基などを有する2に適用でき、対応する三価のリン化合物3a, 3b, 3′c, 3′dを与えた。また、天然物であるコレステロールから誘導されたアルキルクロリド2eでも反応が進行してリン化合物3eを得た。

機構解明実験に基づき、次の推定反応機構が提唱された(図2C)。まず、PnBによって形成するクロロホスフィン1とPMDTA (4)の電荷移動錯体(CTC)の光誘起電子移動により、ホスフィニルラジカル5とアミノアルキルラジカルカチオン7が生じる。生成した5は二量化してジホスフィン6を与える。一方で、7の脱プロトン化により生じたα-アミノアルキルラジカル8と、有機ハロゲン化合物2のXATにより炭素ラジカル10が生成する。最後に、10とジホスフィン6のSH2反応を経てクロスカップリング体3′を与える。

図2. (A) σ-ホールおよびPnBの計算結果 (B) 基質適用範囲 (C) 推定反応機構

 

 以上、P上のσ-ホールとアルキルアミンのPnBを利用したクロス求電子剤C–PIIIカップリング反応が開発された。σ-ホールの利用が、今後の反応開発における新たな切り口となることが期待される。

参考文献

  1. (a) Guo, H.; Fan, Y. C.; Sun, Z.; Wu, Y.; Kwon, O. Phosphine Organocatalysis. Chem. Rev. 2018, 118, 10049–10293. DOI: 10.1021/acs.chemrev.8b00081(b) Ni, H.; Chan, W.-L.; Lu, Y. Phosphine-Catalyzed Asymmetric Organic Reactions. Chem. Rev. 2018, 118, 9344–9411. DOI: 10.1021/acs.chemrev.8b00261(c) Rojo, P.; Riera, A.; Verdaguer, X. Bulky P-Stereogenic Ligands. A Success Story in Asymmetric Catalysis. Coord. Chem. Rev. 2023, 489, 215192. DOI: 10.1016/j.ccr.2023.215192
  2. (a) Ager, D. J.; East, M. B.; Eisenstadt, A.; Laneman, S. A.Convenient and Direct Preparation of Tertiary Phosphines via Nickel-Catalysed Cross-Coupling Chem. Commun. 1997, 24, 2359–2360. DOI: 10.1039/a705106i (b) Budnikova, Y.; Kargin, Y.; Nédélec, J.-Y.; Périchon, J. Nickel-Catalysed Electrochemical Coupling Between Mono- or Di-chlorophenylphosphines and Aryl or Heteroaryl Halides. J. Organomet. Chem. 1999, 575, 63–66. DOI: 10.1016/S0022-328X(98)00963-2 (c) Le Gall, E.; Troupel, M.; Nédélec, J.-Y. Nickel-Catalyzed Reductive Coupling of Chlorodiphenylphosphine with Aryl Bromides into Functionalized Triarylphosphines. Tetrahedron 2003, 59, 7497–7500. DOI: 10.1016/S0040-4020(03)01180-3 (d) Sato, A.; Yorimitsu, H.; Oshima, K. Radical Phosphination of Organic Halides and Alkyl Imidazole-1-carbothioates. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 4240–4241. DOI: 10.1021/ja058783h (e) Nowrouzi, N.; Keshtgar, S.; Jahromi, E. B. Ligand-free Palladium Catalyzed Phosphorylation of Aryl Iodides. Tetrahedron Lett. 2016, 57, 348–350. DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.12.018 (f) Jin, S.; Haug, G. C.; Nguyen, V. T.; Flores-Hansen, C.; Arman, H. D.; Larionov, O. V. Decarboxylative Phosphine Synthesis: Insights into the Catalytic, Autocatalytic, and Inhibitory Roles of Additives and Intermediates. ACS Catal. 2019, 9, 9764–9774. DOI: 10.1021/acscatal.9b03366 (g) Cheng, R.; Li, C.-J. Csp3–PIII Bond Formation via Cross-Coupling of Umpolung Carbonyls with Phosphine Halides Catalyzed by Nickel. Angew. Chem., Int. Ed. 2023, 62, e202301730. DOI: 10.1002/anie.202301730
  3. (a) Scheiner, S. The Pnicogen Bond: Its Relation to Hydrogen, Halogen, and Other Noncovalent Bonds. Acc. Chem. Res. 2013, 46, 280–288. DOI:10.1021/ar3001316 (b) Breugst, M.; Koenig, J. J. σ-Hole Interactions in Catalysis. Eur. J. Org. Chem. 2020, 34, 5473–5487. DOI: 10.1002/ejoc.202000660(c) Mahmudov, K. T.; Gurbanov, A. V.; Aliyeva, V. A.; Resnati, G.; Pombeiro, A. J. Pnictogen Bonding in Coordination Chemistry. Coord. Chem. Rev. 2020,418, 213381. DOI: 10.1016/j.ccr.2020.213381
  4. Benz, S.; Poblador-Bahamonde, A. I.; Low-Ders, N.; Matile, S. Catalysis with Pnictogen, Chalcogen, and Halogen Bonds. Angew. Chem., Int. Ed. 2018, 57, 5408–5412. DOI: 10.1002/anie.201801452
  5. Liu, Q.; Lu, Y.; Sheng, H.; Zhang, C.-S.; Su, X.-D.; Wang, Z.-X.; Chen, X.-Y.Visible-Light-Induced Selective Photolysis of Phosphonium Iodide Salts for Monofluoromethylations. Angew. Chem., Int. Ed. 2021, 60, 25477–25484. DOI: 10.1002/anie.202111006

山口 研究室

投稿者の記事一覧

早稲田大学山口研究室の抄録会からピックアップした研究紹介記事。

関連記事

  1. 有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭…
  2. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー2
  3. 原子量に捧げる詩
  4. マテリアルズ・インフォマティクスの手法:条件最適化に用いられるベ…
  5. ホウ素-ジカルボニル錯体
  6. データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3…
  7. 高選択的な不斉触媒系を機械学習と「投票」で予測する
  8. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その2

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヤモリの足のはなし ~吸盤ではない~
  2. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました② 化学(科学)編
  3. クマリンを用いたプロペラ状π共役系発光色素の開発
  4. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒
  5. 快適な研究環境を!実験イス試してみた
  6. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Reaction
  7. 力学的エネルギーで”逆”クリック!
  8. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  9. ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」
  10. 水素社会~アンモニアボラン~

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP