[スポンサーリンク]


archives

  1. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価

    お申込み・詳細はこちら日程2019年6月 より 2020年3月 まで全10 回定員15名(少人数制を維持するため、申込多数の場合は2クラスに分けて実施する場合があります。)たとえば、このような方にご受講をおすすめしま…

  2. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

    光反応性ジアジリンアミノ酸は、レセプターであるタンパク質との間で共有結合を形成するという特性があり、…

  3. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造

    お申込み・詳細はこちら日時2019年 5月16日(木)、17日(金)全日程2日間  ※1…

  4. HTTPS化とサーバー移転

    昨日、バックグラウンドで進めていたHTTPS化とサーバー移転を完了させ、本日完全リリースを行いました…

  5. ケムステの記事を導出しています

    いつもケムステをご訪問いただいてありがとうございます。様々な化学の情報を配信している拙ウェブサイトで…

  6. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました

  7. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

  8. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ

  9. スマホページをリニューアルしました

  10. サーバーを移転しました

  11. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加

  12. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」

  13. ケムステの記事が3650記事に到達!

  14. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

  15. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』

  16. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向
  2. センチメートルサイズで均一の有機分子薄膜をつくる!”シンプル イズ ザ ベスト”の極意
  3. 第34回「ポルフィリンに似て非なるものを研究する」忍久保洋 教授
  4. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ
  5. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  6. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  7. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement

注目情報

最新記事

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

PAGE TOP