[スポンサーリンク]


archives

  1. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

    詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  ※1日単位の選択受講も承ります。定員20名(先着順にて承ります。)受講料全日程一日受講A…

  2. “つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

    お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

  3. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

    お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

  4. セルロースナノファイバーの真価

    お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

  5. 塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

    お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

  6. 分析化学科

  7. リケラボとコラボして特集記事を配信します

  8. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

  9. 創薬・医療分野セミナー受講者募集(Blockbuster TOKYO研修プログラム第2回)

  10. ケムステが文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました

  11. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価

  12. 光反応性ジアジリンアミノ酸:Fmoc-Tdf-OH, H-Tdf-OH, Boc-Tdf-OH

  13. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造

  14. HTTPS化とサーバー移転

  15. ケムステの記事を導出しています

  16. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!
  2. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発
  3. CTCLS、製薬業界向けに医薬品の探索研究に特化した電子実験ノートブックを販売
  4. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye
  5. 学会ムラの真実!?
  6. 株式会社ジーシーってどんな会社?
  7. 対称性に着目したモデルに基づいてナノ物質の周期律を発見

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP