[スポンサーリンク]


archives

  1. Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

     申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘による研究開発から、データを活用して、より効率的に、また人が発見出来なかった素材を研究開発していくことが目指されています。また、デジタルトランス…

  2. 材料開発の未来とロードマップ -「人の付加価値を高めるインフォマティクスとロボティクス」-

     申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年11月11日に開催された共催セミナーで弊…

  3. マテリアルズ・インフォマティクスにおける高次元ベイズ最適化の活用-パラメーター数が多い条件最適化テーマに対応したmiHub新機能もご紹介-

    開催日:2023/2/1  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受…

  4. 進化する高分子材料 表面・界面制御 Advanced:高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造

    申込みはこちら日程令和5年2月10日(金)、13日(月)1日単位の選択受講も承り…

  5. 研究者xビジネス人材の交流イベント 「BRAVE GATE Meetup」 参加申し込み受付中

    Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

  6. 【協業ご検討中の方向け】マイクロ波化学とのコラボレーションの実際

  7. 【1月開催】第五回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は? -触媒のまとめと他反応への期待-

  8. 2023年から始めるマテリアルズ・インフォマティクスの進め方 〜<期間限定>MIスターティングパッケージ企画もご紹介〜

  9. マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

  10. データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3ステップ

  11. 第5回ICReDD国際シンポジウム開催のお知らせ

  12. 開発者が語る試薬の使い方セミナー 2022 主催:同仁化学研究所

  13. マテリアルズ・インフォマティクスのためのデータサイエンティスト入門

  14. 【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

  15. 最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

  16. 研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎
  2. 理化学機器のリユースマーケット「ZAI」
  3. 住友チタニウム、スポンジチタン生産能力を3割増強
  4. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競うために
  5. 有機合成化学協会誌2020年6月号:Chaxine 類・前周期遷移金属ヒドリドクラスター・フッ化アシル・インドール ─2,3─エポキシド・プロトン応答性触媒・Z 型配位子
  6. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み
  7. キラルな八員環合成におすすめのアイロン

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

PAGE TOP