[スポンサーリンク]

archives

半導体・リチウムイオン電池にも!マイクロ波がもたらすプロセス改善

[スポンサーリンク]

 

<内容>

電子レンジでおなじみの”マイクロ波”は、昨今、プロセスの脱炭素化及び効率化のキーテクノロジーとして注目されています。

当社はお客さまの課題に対して、独自で構築した「マイクロ波技術プラットフォーム」を元に事業化までのトータルソリューションを提供しており、現在、60件ほどのプロジェクトが進んでいます。化学分野だけでなく、電子材料や鉄鋼・非鉄金属なども対象にしている世界でも類を見ない企業です。

今回はマイクロ波の基本的な知識や当社の強みであるマイクロ波をラボレベルから実証機にスケールアップするためのノウハウをご説明し、直近で問い合わせが増えている数百度以上の焼成や乾燥プロセスを中心に事例をもとに、半導体やリチウムイオン電池への応用した際に想定される優位性についてもご紹介します。

■こんな方におすすめ

● 従来にない革新的なプロセスを模索している半導体関連、リチウムイオン電池関連メーカーの方

■講演内容(予定)

● マイクロ波の原理、特長
● 当社の強み〜マイクロ波のスケールアップ〜
● 事例紹介(固体加熱、焼成や乾燥プロセスを中心に半導体やリチウムイオン電池への応用)

■日時・申し込み先

7月17日 (水) 16:00〜17:00
申し込みURL:https://mwcc240717.peatix.com/

■参加費用

無料

■スピーカー

和田 直之 / 研究開発部
パナソニック(株)にてリチウムイオン電池の材料、設計、プロセス開発に従事。2019年にマイクロ波化学(株)に参画。

■主催

マイクロ波化学株式会社

■問い合わせ先

マイクロ波化学株式会社 info@mwcc.jp

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協…
  2. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~
  3. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる
  4. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  5. 有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転…
  6. ケムステのライターになって良かったこと
  7. オルガネラ選択的な薬物送達法:②小胞体・ゴルジ体・エンドソーム・…
  8. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 親子で楽しめる化学映像集 その1
  2. 2021年ノーベル化学賞は「不斉有機触媒の開発」に!
  3. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ
  4. 第26回ケムステVシンポ「創薬モダリティ座談会」を開催します!
  5. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~
  6. 続・日本発化学ジャーナルの行く末は?
  7. ChemDraw の使い方【作図編④: 反応機構 (前編)】
  8. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた
  9. 第二回ケムステVプレミアレクチャー「重水素標識法の進歩と未来」を開催します!
  10. 光薬理学 Photopharmacology

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP