[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

DAICHAN

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

  1. 第34回ケムステVシンポ「日本のクリックケミストリー」を開催します!

    2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス(スクリプス研究所)、モーテン・メルダル(コペンハーゲン大学)、キャロライン・ベルトッツィ(スタンフォード大学)の3名に授与されました。…

  2. 植物毒の現地合成による新規がん治療法の開発

    第 439 回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院創薬科学研究科 天然物…

  3. アセトアミノフェン Acetaminophen

     アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

  4. 電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

    第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

  5. 猛毒キノコ「カエンタケ」が各地で発見。その有毒成分とは?

    猛毒を持つキノコ「カエンタケ」が今夏、小山町や御殿場市など静岡県内で相次いで見つかっ…

  6. 銅触媒による第三級アルキルハロゲン化物の立体特異的アルキニル化反応開発

  7. ウクライナ危機と創薬ビルディングブロック –エナミン社のケースより–

  8. ムレキシド反応 Murexide reaction

  9. MEDCHEM NEWS 31-3号「ケムステ代表寄稿記事」

  10. 生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

  11. 尿酸 Uric Acid 〜痛風リスクと抗酸化作用のジレンマ〜

  12. Biotage Selekt のバリュープライス版 Enkel を試してみた

  13. 簡単に扱えるボロン酸誘導体の開発 ~小さな構造変化が大きな違いを生んだ~

  14. 海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

  15. タンパク質リン酸化による液-液相分離制御のしくみを解明 -細胞内非膜型オルガネラの構築原理の解明へ-

  16. タンパク質の構造ゆらぎに注目することでタンパク質と薬の結合親和性を評価する新手法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リベロマイシンA /Reveromycin A
  2. 科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞
  3. 光で2-AGの量を制御する
  4. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope (AFM)
  5. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【化学者とは?!編】
  6. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  7. 酵母還元 Reduction with Yeast

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP