[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

DAICHAN

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

  1. うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

    「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪薬などを、本来の治療目的で大会前に摂取してしまい、意図せず規定違反になってしまうことを指します。スポーツにおける禁止物質・禁止方法は世界…

  2. O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

    メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

  3. 芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

    第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

  4. みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

    2021年1月22日、間質性膀胱炎治療薬ジメチルスルホキシド (商品名ジムソ膀胱内注…

  5. 超原子価ヨウ素試薬PIFAで芳香族アミドをヒドロキシ化

    今回紹介する論文は2002年公開とだいぶ昔のものになりますが、筆者が愛用している反応…

  6. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!

  7. ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

  8. NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

  9. アルツハイマー病に対する抗体医薬が米国FDAで承認

  10. オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

  11. 【東日本大震災より10年】有機合成系研究室における地震対策

  12. Nrf2とKeap1 〜健康維持と長寿のカギ?〜

  13. カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

  14. その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

  15. その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ゲルマニウムビニリデン
  2. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  3. ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?
  4. 続セルロースナノファイバーの真価【対面講座】
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑳ドッキングステーションの巻
  6. ハイブリット触媒による不斉C–H官能基化
  7. 第161回―「C-H官能基化と脱芳香族化を鍵反応とする天然物合成」Shu-Li You教授

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP