化学者のつぶやき

  1. AI解析プラットフォーム Multi-Sigmaとは?

    Multi-Sigmaは少ないデータからAIによる予測、要因分析、最適化まで解析可能なプラットフォームとなっております。株式会社エイゾスは2021年にリリースしたこのAI解析プラットフォームMulti-Sigmaおよび関連サービスを多くの皆…

  2. 有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

    (出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

  3. 光触媒でエステルを多電子還元する

    第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

  4. 人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

    開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

  5. 酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

    酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

  6. 二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

  7. 高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

  8. そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

  9. カルベンがアシストする芳香環の開環反応

  10. 有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

  11. 分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

  12. 光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

  13. ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

  14. 鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

  15. Sim2Realマテリアルズインフォマティクス:データの乏しさを分子シミュレーションにより克服する

  16. ある動脈硬化の現象とマイクロ・ナノプラスチックのはなし

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱
  2. ガン細胞を掴んで離さない分子の開発
  3. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募
  4. マイクロ波を用いた革新的製造プロセスと電材領域への事業展開 (ナノ粒子合成、フィルム表面処理/乾燥/接着/剥離、ポリマー乾燥/焼成など)
  5. 3Mとはどんな会社?
  6. 第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授
  7. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎

注目情報

最新記事

AI解析プラットフォーム Multi-Sigmaとは?

Multi-Sigmaは少ないデータからAIによる予測、要因分析、最適化まで解析可能なプラットフォー…

【11/20~22】第41回メディシナルケミストリーシンポジウム@京都

概要メディシナルケミストリーシンポジウムは、日本の創薬力の向上或いは関連研究分野…

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

PAGE TOP