[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

    C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存在する窒素原子および酸素原子を利用する本手法は、C–C結合形成の新たな戦略として期待される。求電子剤から直接C–C結合を形成するクロスカ…

  2. セルロースナノファイバーの真価

    お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

  3. 「日産化学」ってどんな会社?

    ―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

  4. 有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

    有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

  5. 有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

    以前お知らせしたとおり理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションして、特集記事を…

  6. 2019年ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池」に!

  7. マテリアルズインフォマティクスでリチウムイオン電池の有機電極材料を探索する

  8. 超多剤耐性結核の新しい治療法が 米国政府の承認を取得

  9. アンモニアを用いた環境調和型2級アミド合成

  10. C–S結合を切って芳香族を非芳香族へ

  11. 新形式の芳香族化合物を目指して~反芳香族シクロファンにおける三次元芳香族性の発現~

  12. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成

  13. 三次元アクアナノシートの創製! 〜ジャイロイド構造が生み出す高速プロトン輸送〜

  14. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

  15. 褐色の要因となる巨大な光合成膜タンパク質複合体の立体構造の解明

  16. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  2. その実験結果信用できますか?
  3. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  4. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  5. 歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン
  6. マイケル付加 Michael Addition
  7. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?

注目情報

最新記事

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

セルロースナノファイバーの真価

お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。…

PAGE TOP