[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. Carl Boschの人生 その2

    Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存して公開されている唯一のBoschの動画(Nobelprize.orgのこのページより引用)BASFのUnternehmensarc…

  2. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

    嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

  3. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

    2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

  4. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

    1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

  5. 化学探偵Mr.キュリー7

    昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

  6. き裂を高速で修復する自己治癒材料

  7. 脱水素型クロスカップリング重合法の開発

  8. 有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!

  9. スイスでポスドクはいかが?

  10. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: ヒノキの精油で和歌山みかんを活性化–

  11. 磁力で生体触媒反応を制御する

  12. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・ペルフルオロアルキル化・ビアリール型人工アミノ酸・キラルグアニジン触媒・[1,2]-ホスファ-ブルック転位

  13. ビジネスが科学を待っている ー「バイオ」と「脱炭素」ー

  14. 第16回次世代を担う有機化学シンポジウム

  15. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング

  16. 電気刺激により電子伝導性と白色発光を発現するヨウ素内包カーボンナノリング

スポンサー

ピックアップ記事

  1. バートン・マクコンビー脱酸素化 Barton-McCombie Deoxygenation
  2. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  3. 多摩霊園
  4. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-Zelinsky Reaction
  5. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  6. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  7. 日本科学未来館

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

PAGE TOP