[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

    2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメタルカルベン種を活用し、アリル位・ベンジル位の分子内C-Hアルキル化反応を達成した。“Catalytic C(sp3)-H Alkyla…

  2. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

    「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

  3. 研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

    研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

  4. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

    地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

  5. 有機分子触媒ーChemical Times特集より

    関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

  6. 研究職の転職で求められる「面白い人材」

  7. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

  8. Carl Boschの人生 その3

  9. 「タキソールのTwo phase synthesis」ースクリプス研究所Baran研より

  10. 昇華の反対は?

  11. 原子のシート間にはたらく相互作用の観測に成功

  12. リガンドによりCO2を選択的に導入する

  13. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留学後編)

  14. 有機合成化学協会誌2018年4月号:脱カルボニル型カップリング反応・キレートアミン型イリジウム触媒・キラルリン酸・アリル銅中間体・窒素固定

  15. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム

  16. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  2. 入門 レアアースの化学 
  3. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  4. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  5. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物化学研究へ
  6. ChemDrawの使い方【作図編⑤ : 反応機構 (後編)】
  7. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

PAGE TOP