[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. エキノコックスにかかわる化学物質について

    Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこういう話が載っていました。豪州のある家族から治療を懇願する手紙を受け取ったブラック・ジャックこと間黒男はその田舎町に向かうのですが、彼が当地に…

  2. ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

    塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

  3. シビれる(T T)アジリジン合成

    電気化学的に不活性アルケンと一級アミンをカップリングさせることで、N-アルキルアジリジンが合成された…

  4. mi3

    企業研究者のためのMI入門③:避けて通れぬ大学数学!MIの道具として数学を使いこなすための参考書をご紹介

    最近よく耳にするデジタル・トランスフォーメーション(DX)やマテリアルズ・インフォマティクス(MI)…

  5. マイクロ波の技術メリット・事業メリットをお伝えします!/マイクロ波化学(株)10月度ウェビナー

    10月は当社(マイクロ波化学)の技術あるいは当社の事業に興味がある方、それぞれをテーマにしたウェビナ…

  6. 機能を持たせた紙製チップで化学テロに備える ―簡単な操作でサリンやVXを検知できる紙製デバイスの開発―

  7. その置換基、パラジウムと交換しませんか?

  8. 有機合成化学協会誌2021年10月号:フッ素化反応2010-2020

  9. 第22回ケムステVシンポ「次世代DDSナノキャリア」を開催します!

  10. ERATO 野崎 樹脂分解触媒:特任研究員募集のお知らせ

  11. 2021年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!

  12. 2021年ノーベル化学賞は「不斉有機触媒の開発」に!

  13. 映画007シリーズで登場する毒たち

  14. 映画「分子の音色」A scientist and a musician

  15. 電池材料粒子内部の高精細な可視化に成功~測定とデータ科学の連携~

  16. 忍者はお茶から毒をつくったのか

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 池田 菊苗 Kikunae Ikeda
  2. 共役はなぜ起こる?
  3. ヒドラジン
  4. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  5. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製
  6. 進化する電子顕微鏡(TEM)
  7. Nanomaterials: An Introduction to Synthesis, Properties and Applications, 2nd Edition

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

PAGE TOP