[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 留学生がおすすめする「大学院生と考える日本のアカデミアの将来2020」

    はじめに最初に軽い自己紹介をしたいと思います。私は日本で学士取得後、直接海外の大学院に留学して博士課程に在籍中です。年中高温多湿の地域で超“air and moisture sensitive”な化合物を扱うというチャレンジングな研究を…

  2. 生体分子機械の集団運動の制御に成功:環境適応能や自己修復機能の発見

    第242回のスポットライトリサーチは、井上 大介 博士にお願いしました。井上さんは博士課程で…

  3. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する

    スルホンアミドを、温和な条件で塩化スルホニルに変換する手法が開発された。本法は合成終盤で、求核性が低…

  4. 【日産化学 21卒】START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

    日本で最も多くの研究職社員から直接話が聞ける、研究好きのためのキャリアイベント今年も、日産化…

  5. 英語で授業/発表するときのいろは【アメリカで Ph.D. をとる: TA 奮闘記 その 1】

    本記事では、UC バークレーの大学院留学生のために開講された英語の授業の様子をお話します。くわえて、…

  6. オートファジーの化学的誘起で有害物質除去を行う新戦略「AUTAC」

  7. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み

  8. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

  9. 反芳香族性を示すπ拡張アザコロネン類の合成に成功

  10. 大量合成も可能なシビれる1,2-ジアミン合成法

  11. 2019年ケムステ人気記事ランキング

  12. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

  13. スペクトルから化合物を検索「KnowItAll」

  14. 科学とは「未知への挑戦」–2019年度ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞

  15. 可視光応答性光触媒を用いる高反応性アルキンの生成

  16. Branch選択的不斉アリル位C(Sp3)–Hアルキル化反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分子素子の働き せっけんで確認
  2. 重水素標識反応 Deuterium Labeling Reaction
  3. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis
  4. エチレンを離して!
  5. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  6. あなたの体の中の”毒ガス”
  7. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

PAGE TOP