[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:酒田 陽子 先生

    今回の記事では、第14回 ケムステバーチャルシンポジウム「スーパー超分子ワールド」をより楽しむべく、講師の一人である 酒田 陽子先生について紹介いたします。略歴2005.3 東京大学理学部化学科 卒業…

  2. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:宮島 大吾 先生

    今回の記事では、第14回 ケムステバーチャルシンポジウム「スーパー超分子ワールド」をより楽しむべく、…

  3. 【四国化成工業】新卒採用情報(2022卒)

    ◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

  4. 四国化成の新規複素環化合物群

    四国化成のイミダゾール誘導体四国化成ではこれまでに蓄積した複素環合成技術を活かし、ヘテロ元素を含…

  5. 四国化成工業ってどんな会社?

    私たち四国化成工業株式会社は、、企業理念「独創力」のもと「これまでになかったモノ」を「人とは違うアプ…

  6. 第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

  7. 不斉反応ーChemical Times特集より

  8. 転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

  9. 分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

  10. 非古典的カルボカチオンを手懐ける

  11. CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

  12. カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

  13. Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

  14. 化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

  15. 有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

  16. 第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. alreadyの使い方
  2. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  3. 有機化学1000本ノック【命名法編】【立体化学編】
  4. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent
  5. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功
  6. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  7. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

注目情報

最新記事

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

第142回―「『理想の有機合成』を目指した反応開発と合成研究」山口潤一郎 教授

第142回の化学者インタビューは日本から、皆さんご存じ、山口潤一郎教授の登場です。名古屋大学理学部化…

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

PAGE TOP