[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 超塩基に匹敵する強塩基性をもつチタン酸バリウム酸窒化物の合成

    第604回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 元素戦略MDX研究センターの宮﨑 雅義(みやざぎ まさよし)助教にお願いしました。本プレスリリースの研究内容は強塩基性の酸窒化物についてです。炭素―炭素の結合形成やビニル基の転位反…

  2. ガラスのように透明で曲げられるエアロゲル ―高性能透明断熱材として期待―

    第603回のスポットライトリサーチは、ティエムファクトリ株式会社の上岡 良太(うえおか りょうた)さ…

  3. 有機合成化学協会誌2024年3月号:遠隔位電子チューニング・含窒素芳香族化合物・ジベンゾクリセン・ロタキサン・近赤外光材料

    有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年3月号がオンライン公開されています。…

  4. 日本化学会 第104春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part3

    日本化学会年会の付設展示会に出展する企業とのコラボです。第一弾・第二弾につづいて…

  5. 日本化学会 第104春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part2

    前回の第一弾に続いて第二弾。日本化学会年会の付設展示会に出展する企業との…

  6. CIPイノベーション共創プログラム「世界に躍進する創薬・バイオベンチャーの新たな戦略」

  7. 日本化学会 第104春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part1

  8. マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

  9. 分子のねじれの強さを調節して分子運動を制御する

  10. 溶媒の同位体効果 solvent isotope effect

  11. マテリアルズ・インフォマティクスのためのデータサイエンティスト入門

  12. 脱一酸化炭素を伴う分子間ラジカル連結反応とPd(0)触媒による8員環形成反応を鍵としたタキソールの収束的全合成

  13. 再転職の成功へ: 30代女性研究者が転職ミスマッチを克服した秘訣

  14. -ハロゲン化アルキル合成に光あれ-光酸化還元/コバルト協働触媒系によるハロゲン化アルキルの合成法

  15. アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

  16. “見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第136回―「有機化学における反応性中間体の研究」Maitland Jones教授
  2. 光刺激に応答して形状を変化させる高分子の合成
  3. ハロゲン移動させーテル!N-ヘテロアレーンのC–Hエーテル化
  4. ドラッグデザインにおいてのメトキシ基
  5. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  6. 特許の基礎知識(1)そもそも「特許」って何?
  7. IBX酸化 IBX Oxidation

注目情報

最新記事

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

PAGE TOP