[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

    ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHIRALPAK」の販売は世界でトップシェアを誇っています。有機合成化学の研究室でキラル化合物を選択的に得る、「不斉合成反応開発」を行っていれば…

  2. 「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

    海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

  3. 科博特別展「日本を変えた千の技術博」にいってきました

    上野公園内の日本科学博物館で開催されている「日本を変えた千の技術博」をみてきました。科博の特…

  4. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【基本編】

    化学構造式は、分子の情報を読者(またはコンピュータ)へと誤解無く伝えることが第一義です。とはいえやは…

  5. 今年は国際周期表年!

    皆様あけましておめでとうございます。年が明けると、さあ今年は何のアニバーサリーイヤーかなと気…

  6. 3回の分子内共役付加が導くブラシリカルジンの網羅的全合成

  7. 化学系人材の、より良い将来選択のために

  8. 「神経栄養/保護作用を有するセスキテルペン類の全合成研究」ースクリプス研究所 Ryan Shenvi研より

  9. アニリン版クメン法

  10. これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質

  11. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

  12. 2018年ケムステ人気記事ランキング

  13. 【太陽HD】新卒採用情報(20年卒)

  14. リアルタイムで分子の自己組織化を観察・操作することに成功

  15. 【解ければ化学者】ビタミン C はどれ?

  16. 【イベント】「化学系学生のための企業研究セミナー」「化学系女子学生のためのキャリアセミナー」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 酸で活性化された超原子価ヨウ素
  2. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  3. シランカップリング剤入門【終了】
  4. ポール・モドリッチ Paul L. Modrich
  5. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー
  6. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  7. 理系のための就活ガイド

注目情報

最新記事

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

PAGE TOP