[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

    2019年、イリノイ大学・Scott E. Denmarkらは、原料および触媒構造データを機械学習させ、不斉触媒反応における選択性予測を可能とするワークフローの確立に始めて成功した。また、これを用いて高不斉収率を示す触媒構造を予測することに…

  2. 褐色の要因となる巨大な光合成膜タンパク質複合体の立体構造の解明

    第220回のスポットライトリサーチは、岡山大学 異分野基礎科学研究所の長尾遼(ながお りょう)特任助…

  3. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?

    今年毎年恒例、ノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間 10月9日(水) 18…

  4. ピリジン同士のラジカル-ラジカルカップリング

    電子移動試薬としてB2pin2を用いたピリジルホスホニウム塩とシアノピリジンのクロスカップリング反応…

  5. タイに講演にいってきました

    8月25日〜29日までタイのバンコクに講演のためにいってきました。なぜタ…

  6. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】

  7. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

  8. AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

  9. 特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

  10. ライトケミカル工業2021年採用情報

  11. 中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

  12. ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

  13. 有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン

  14. 塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

  15. アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

  16. 高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大
  2. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyaceticacid
  3. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  4. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合
  5. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  6. イライアス・コーリー E. J. Corey
  7. 研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~

注目情報

最新記事

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

PAGE TOP