[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

    2017年、ボストンカレッジのAbhishek Chatterjeeらは、5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)と芳香族ジアゾニウムとの高い反応性を、化学選択的なタンパク質修飾法に応用した。形成されるアゾ(N=N)結合は、亜ジチアン酸塩…

  2. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜

    第140回目のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系 大宮研究室の安田茂雄助教にお願…

  3. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング

    2017年、テキサス大学オースティン校・Micharl J. Krischeらは、Ru(0)触媒によ…

  4. ケムステイブニングミキサー2018へ参加しよう!

    化学の研究者が一年に一度、一斉に集まる日本化学会春季年会。第98回となる今年は、3月20日(火)…

  5. シグマアルドリッチ器具・消耗品大特価キャンペーン【2018年3月30日まで】

    2015年に独メルクに買収されたシグマアルドリッチですが、いまだに「アルドリッチおじさん」は"解雇"…

  6. 2018年 (第34回)日本国際賞 受賞記念講演会のお知らせ

  7. START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会2018

  8. Carl Boschの人生 その2

  9. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

  10. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

  11. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

  12. 化学探偵Mr.キュリー7

  13. き裂を高速で修復する自己治癒材料

  14. 脱水素型クロスカップリング重合法の開発

  15. 有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!

  16. スイスでポスドクはいかが?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「2010年トップ3を目指す」万有製薬平手社長
  2. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham
  3. SciFinder Future Leaders in Chemistry 2015に参加しよう!
  4. 思わぬ伏兵・豚インフルエンザ
  5. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  6. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  7. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

PAGE TOP