[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

    第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしました。石川さんの所属する寺田研究室では、寺田-秋山リン酸触媒に代表されるBINOL骨格を用いた有機触媒開発で世界の最先端を走る研究室。…

  2. 天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

    ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

  3. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

    海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

  4. サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

    サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

  5. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

    前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

  6. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

  7. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

  8. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

  9. ケムステのライターになって良かったこと

  10. ワイリーからキャンペーンのご案内 – 化学会・薬学会年会参加予定だったケムステ読者の皆様へ

  11. ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【後編】

  12. ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】

  13. もう別れよう:化合物を分離・精製する|第5回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

  14. コロナウイルスCOVID-19による化学研究への影響を最小限にするために

  15. シュプリンガー・ネイチャーより 化学会・薬学会年会が中止になりガッカリのケムステ読者の皆様へ

  16. アルケンでCatellani反応: 長年解決されなかった副反応を制御した

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学企業のグローバル・トップ50
  2. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  3. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道
  4. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば
  5. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  6. サラシノール salacinol
  7. ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

注目情報

最新記事

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

PAGE TOP