[スポンサーリンク]

archives

Xantphos

Xantphos.gif

【東京化成工業】
Xantphos : 4,5-Bis(diphenylphosphino)-9,9-dimethylxanthene
CAS: 161265-03-8
製品コード: B2709
値段: 1g 8400円 (2008.10.18 現在)
用途:配位子
説明:非常に活性の高いBuchwald-Hartwigクロスカップリングの配位子として用いられています
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  2. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  3. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chlorid…
  4. ヘテロカンシラノール
  5. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】
  6. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  7. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  8. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 脱水素型クロスカップリング重合法の開発
  2. π-アリルパラジウム錯体
  3. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–
  4. 含ケイ素四員環-その2-
  5. 今年は共有結合100周年ールイスの構造式の物語
  6. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  7. アズレンの蒼い旅路
  8. バリー・トロスト Barry M. Trost
  9. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov Reaction
  10. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP