[スポンサーリンク]

archives

Xantphos

Xantphos.gif

【東京化成工業】
Xantphos : 4,5-Bis(diphenylphosphino)-9,9-dimethylxanthene
CAS: 161265-03-8
製品コード: B2709
値段: 1g 8400円 (2008.10.18 現在)
用途:配位子
説明:非常に活性の高いBuchwald-Hartwigクロスカップリングの配位子として用いられています
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  2. トリフルオロメタンスルホン酸トリエチルシリル : Triethy…
  3. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  4. Nsアミン誘導体
  5. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  6. XPhos
  7. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,…
  8. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ダウとデュポンの統合に関する小話
  2. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より
  3. GlycoProfile アジド糖
  4. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  5. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  6. プラスマイナスエーテル!?
  7. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  8. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 
  9. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【終了】
  10. 第7回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP