[スポンサーリンク]

archives

Xantphos

[スポンサーリンク]

Xantphos.gif

【東京化成工業】
Xantphos : 4,5-Bis(diphenylphosphino)-9,9-dimethylxanthene
CAS: 161265-03-8
製品コード: B2709
値段: 1g 8400円 (2008.10.18 現在)
用途:配位子
説明:非常に活性の高いBuchwald-Hartwigクロスカップリングの配位子として用いられています
 

関連記事

  1. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  2. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…
  3. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5…
  4. 有機合成化学協会誌2020年12月号:2H-アジリン・配糖体天然…
  5. インドール一覧
  6. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  7. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  8. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第32回生体分子科学討論会 
  2. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より
  3. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  4. スピノシン Spinosyn
  5. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  6. 「日本研究留学記: オレフィンの内部選択的ヒドロホルミル化触媒」ー東京大学, 野崎研より
  7. 第107回―「ソフトマター表面の物理化学」Jacob Klein教授
  8. 有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル
  9. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  10. イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

ギ酸ナトリウムでconPETを進化!

塩化アリールのラジカルカップリング反応が開発された。芳香環の電子状態にかかわらず種々の塩化アリールに…

料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える

(さらに…)…

シビれる(T T)アジリジン合成

電気化学的に不活性アルケンと一級アミンをカップリングさせることで、N-アルキルアジリジンが合成された…

mi3 企業研究者のためのMI入門③:避けて通れぬ大学数学!MIの道具として数学を使いこなすための参考書をご紹介

最近よく耳にするデジタル・トランスフォーメーション(DX)やマテリアルズ・インフォマティクス(MI)…

産総研より刺激に応じて自在に剥がせるプライマーが開発される

産業技術総合研究所機能化学研究部門スマート材料グループ 相沢 美帆 研究員は、刺激を加える前には接着…

マイクロ波の技術メリット・事業メリットをお伝えします!/マイクロ波化学(株)10月度ウェビナー

10月は当社(マイクロ波化学)の技術あるいは当社の事業に興味がある方、それぞれをテーマにしたウェビナ…

宮田完ニ郎 Miyata Kanjiro

宮田 完ニ郎 (みやた かんじろう) は、日本の有機化学者である。東京大学大学院工学系研究科マテリア…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP