[スポンサーリンク]


化学者のつぶやきディスカッション

  1. 続・日本発化学ジャーナルの行く末は?

    日本の総合化学ジャーナルタイトルの評価をあげるために、日本化学会が行った数々の取り組み。結果はいかに?そして今後我々はどうすればよいのか?現編集長にもインタビューしてみました。丁度3年前緊急の議題として、「日本発の化学ジャーナルの行…

  2. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?

    フッ素樹脂加工のフライパンは、焦げ付きにくく大変便利なフライパンです。しかし、空…

  3. 日本発化学ジャーナルの行く末は?

     日本の総合化学ジャーナルタイトルの行く末は?少しだけ真剣になって考えてみよう…

  4. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)

    前回は、薬が目的細胞周辺に到着し細胞膜を通過し細胞質の世界までの世界を覗いてみました。今回の旅は細胞…

  5. 化学を広く伝えるためにー多分野融合の可能性ー

    みなさんは、化学を専門としない聴衆を前に、化学について語ったことはありますか?筆者はまだ卒論…

  6. 私がケムステスタッフになったワケ(5)

  7. 私がケムステスタッフになったワケ(4)

  8. 私がケムステスタッフになったワケ(3)

  9. 私がケムステスタッフになったワケ(2)

  10. 私がケムステスタッフになったワケ(1)

  11. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  2. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表
  3. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  4. 2009年イグノーベル賞決定!
  5. ノーベル街道起点
  6. iPhone/iPodTouchで使える化学アプリケーション 【Part 2】
  7. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP