[スポンサーリンク]


化学者のつぶやきディスカッション

  1. 続・日本発化学ジャーナルの行く末は?

    日本の総合化学ジャーナルタイトルの評価をあげるために、日本化学会が行った数々の取り組み。結果はいかに?そして今後我々はどうすればよいのか?現編集長にもインタビューしてみました。丁度3年前緊急の議題として、「日本発の化学ジャーナルの行…

  2. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?

    フッ素樹脂加工のフライパンは、焦げ付きにくく大変便利なフライパンです。しかし、空…

  3. 日本発化学ジャーナルの行く末は?

     日本の総合化学ジャーナルタイトルの行く末は?少しだけ真剣になって考えてみよう…

  4. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)

    前回は、薬が目的細胞周辺に到着し細胞膜を通過し細胞質の世界までの世界を覗いてみました。今回の旅は細胞…

  5. 化学を広く伝えるためにー多分野融合の可能性ー

    みなさんは、化学を専門としない聴衆を前に、化学について語ったことはありますか?筆者はまだ卒論…

  6. 私がケムステスタッフになったワケ(5)

  7. 私がケムステスタッフになったワケ(4)

  8. 私がケムステスタッフになったワケ(3)

  9. 私がケムステスタッフになったワケ(2)

  10. 私がケムステスタッフになったワケ(1)

  11. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  2. 粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発
  3. デービーメダル―受賞者一覧
  4. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction
  5. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(TTX)
  6. 論文引用ランキングから見る、化学界の世界的潮流
  7. 2008年10大化学ニュース

注目情報

最新記事

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

PAGE TOP