[スポンサーリンク]


化学者のつぶやきディスカッション

  1. 続・日本発化学ジャーナルの行く末は?

    日本の総合化学ジャーナルタイトルの評価をあげるために、日本化学会が行った数々の取り組み。結果はいかに?そして今後我々はどうすればよいのか?現編集長にもインタビューしてみました。丁度3年前緊急の議題として、「日本発の化学ジャーナルの行…

  2. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?

    フッ素樹脂加工のフライパンは、焦げ付きにくく大変便利なフライパンです。しかし、空…

  3. 日本発化学ジャーナルの行く末は?

     日本の総合化学ジャーナルタイトルの行く末は?少しだけ真剣になって考えてみよう…

  4. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)

    前回は、薬が目的細胞周辺に到着し細胞膜を通過し細胞質の世界までの世界を覗いてみました。今回の旅は細胞…

  5. 化学を広く伝えるためにー多分野融合の可能性ー

    みなさんは、化学を専門としない聴衆を前に、化学について語ったことはありますか?筆者はまだ卒論…

  6. 私がケムステスタッフになったワケ(5)

  7. 私がケムステスタッフになったワケ(4)

  8. 私がケムステスタッフになったワケ(3)

  9. 私がケムステスタッフになったワケ(2)

  10. 私がケムステスタッフになったワケ(1)

  11. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 製薬各社 2010年度 第1四半期決算を発表
  2. 金属原子のみでできたサンドイッチ
  3. ノーベル化学賞2011候補者一覧まとめ
  4. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  5. アニオン重合 Anionic Polymerization
  6. 2009アジアサイエンスキャンプ・参加者募集中!
  7. サイエンスアゴラ2015総括

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

PAGE TOP