[スポンサーリンク]

ケムステニュース

光触媒による水素生成効率が3%に

[スポンサーリンク]

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と三菱化学などの研究グループは、光触媒を使って水から水素を生成する人工光合成で世界最高水準となる3%の太陽光エネルギー変換効率を達成した。2015年3月に2%へ到達後、光触媒の作り方を改善して1年半で1ポイント向上させ、植物の光合成の10倍に高めた。寿命も延ばし、水素発生を安定化させた。今後は21年度に実用化の水準となる10%を目指す。(引用:ニュースイッチ 2015年10月15日)

今年5月、Nature Materialsに掲載された水分解効率1%の光触媒シートをご紹介(こちら)しましたが、1年も経たないうちに記録更新がなされたようです。しかもその効率はなんと3%!(数年前まで最高効率が0.1%台であったことを考えると驚異的な伸び率!) 記事によればシートの構造と水素発生光触媒が改良されており、触媒の安定性も向上したそうです。

光触媒での水分解は一昔前なら「夢があって良いですね。」と言われていた研究ですが、ここ数年の進歩を見る限り「何年後に実現できますか?」と言われる研究に変わってきているのかもしれません。また実用化が近くなれば酸化チタンの光触媒作用を発見した藤嶋昭先生のノーベル賞受賞の期待がより高まりそうです。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  2. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能に…
  3. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  4. 三菱化学グループも石化製品を値上げ、原油高で価格転嫁
  5. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定
  6. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  7. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  8. オカモトが過去最高益を記録

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)
  2. ペンタレネン Pentalenene
  3. 虫歯退治に3種の抗菌薬
  4. 小松紘一 Koichi Komatsu
  5. 視覚を制御する物質からヒントを得た異性化反応
  6. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!
  7. ペリプラノン
  8. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)
  9. トロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetric Allylic Alkylation
  10. ロビンソン・ガブリエルオキサゾール合成 Robinson-Gabriel Oxazole Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

窒素を挿入してペリレンビスイミドを曲げる〜曲面π共役分子の新設計指針の確立を目指して〜

第251回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科・福井識人 助教にお願いしました。…

新型コロナウイルスの化学への影響

中国で症例が確認され、爆発的に患者が増えているコロナウイルスですが、いろいろな影響が世界中で出ていま…

青色LED励起を用いた赤色強発光体の開発 ~ナノカーボンの活用~

第250回のスポットライトリサーチは、北海道大学 長谷川研究室 特任講師の北川裕一(きたがわ ゆうい…

第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授

第61回の海外化学者インタビューは、ドナルド・A・トマリア教授です。国立デンドリマー・ナノテクノロジ…

お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP