[スポンサーリンク]

ケムステニュース

光触媒による水素生成効率が3%に

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と三菱化学などの研究グループは、光触媒を使って水から水素を生成する人工光合成で世界最高水準となる3%の太陽光エネルギー変換効率を達成した。2015年3月に2%へ到達後、光触媒の作り方を改善して1年半で1ポイント向上させ、植物の光合成の10倍に高めた。寿命も延ばし、水素発生を安定化させた。今後は21年度に実用化の水準となる10%を目指す。(引用:ニュースイッチ 2015年10月15日)

今年5月、Nature Materialsに掲載された水分解効率1%の光触媒シートをご紹介(こちら)しましたが、1年も経たないうちに記録更新がなされたようです。しかもその効率はなんと3%!(数年前まで最高効率が0.1%台であったことを考えると驚異的な伸び率!) 記事によればシートの構造と水素発生光触媒が改良されており、触媒の安定性も向上したそうです。

光触媒での水分解は一昔前なら「夢があって良いですね。」と言われていた研究ですが、ここ数年の進歩を見る限り「何年後に実現できますか?」と言われる研究に変わってきているのかもしれません。また実用化が近くなれば酸化チタンの光触媒作用を発見した藤嶋昭先生のノーベル賞受賞の期待がより高まりそうです。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.

SHO

博士(工学)。無機ナノ粒子全般に関心があります。

関連記事

  1. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  2. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化
  3. ダイエット食から未承認薬
  4. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  5. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  6. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  7. 米デュポン株、来年急上昇する可能性
  8. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬産業の最前線バイオベンチャーを訪ねてみよう! ?シリコンバレーバイオ合宿?
  2. 2009年10大化学ニュース【Part2】
  3. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム
  4. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthesis
  5. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃
  6. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  7. 2つのアシロイン縮合
  8. 合成化学の”バイブル”を手に入れよう
  9. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–
  10. (+)-MTPA-Cl

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP