[スポンサーリンク]

ケムステニュース

光触媒による水素生成効率が3%に

[スポンサーリンク]

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と三菱化学などの研究グループは、光触媒を使って水から水素を生成する人工光合成で世界最高水準となる3%の太陽光エネルギー変換効率を達成した。2015年3月に2%へ到達後、光触媒の作り方を改善して1年半で1ポイント向上させ、植物の光合成の10倍に高めた。寿命も延ばし、水素発生を安定化させた。今後は21年度に実用化の水準となる10%を目指す。(引用:ニュースイッチ 2015年10月15日)

今年5月、Nature Materialsに掲載された水分解効率1%の光触媒シートをご紹介(こちら)しましたが、1年も経たないうちに記録更新がなされたようです。しかもその効率はなんと3%!(数年前まで最高効率が0.1%台であったことを考えると驚異的な伸び率!) 記事によればシートの構造と水素発生光触媒が改良されており、触媒の安定性も向上したそうです。

光触媒での水分解は一昔前なら「夢があって良いですね。」と言われていた研究ですが、ここ数年の進歩を見る限り「何年後に実現できますか?」と言われる研究に変わってきているのかもしれません。また実用化が近くなれば酸化チタンの光触媒作用を発見した藤嶋昭先生のノーベル賞受賞の期待がより高まりそうです。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  2. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  3. 化学五輪、「金」の高3連続出場 7月に東京開催
  4. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  5. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉
  6. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  7. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  8. 和光純薬を富士フイルムが買収へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新しい量子化学 電子構造の理論入門
  2. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成
  3. 天然有機化合物のNMRデータベース「CH-NMR-NP」
  4. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen
  5. モリブデン触媒
  6. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功
  7. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  8. なれない人たちの言い訳(?)-研究者版-
  9. バニリン /Vanillin
  10. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP