[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. 光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

    2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下にC(sp3)-Hザンチル化(ジチオカーボネート基導入)を行える試薬を開発した。高レベルの位置選択性および官能基受容性を示し、複雑化合物のL…

  2. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす

    2016年、ニューヨーク州立大学バッファロー校のQing Linらは、ファージ支援型反応性調査法(P…

  3. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製

    2014年、東京大学の藤田誠・澤田智久らは、短鎖ペプチドをリンカーとする配位高分子錯体を合成し、その…

  4. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成

    植物アルカロイドポリピロロインドリン類の合成が達成された。合成の鍵は銅触媒によるトリプタミドのヨード…

  5. メソリティック開裂を経由するカルボカチオンの触媒的生成法

    2016年、プリンストン大学・Robert R. Knowlesらは、可視光レドックス触媒による1電…

  6. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応

  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答編)

  8. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

  9. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸

  10. クロロラジカルHAT協働型C-Hクロスカップリングの開発

  11. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨

  12. アルデヒドを分液操作で取り除く!

  13. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発

  14. 変異体鏡像Rasタンパクの化学全合成

  15. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法

  16. 連鎖と逐次重合が同時に起こる?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー
  2. 脱離反応 Elimination Reaction
  3. 原子量に捧げる詩
  4. アジズ・サンジャル Aziz Sancar
  5. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  6. J-STAGE新デザイン評価版公開 ― フィードバックを送ろう
  7. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

PAGE TOP