[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

    近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二官能基性イミノホスホラン触媒による、三環式コアのエナンチオ選択的構築が合成の鍵である。植物であるユズリハから得られるユズリハアルカロ…

  2. 光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成

    2017年、カリフォルニア大学アーヴァイン校・Larry E. Overmanらは、可視光レドックス…

  3. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

    富山県立大学の小山靖人らは,Ugi 反応 (多成分反応) を基盤とした重合反応による交互ペプチドの合…

  4. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発

    アマゾン川には電気ウナギと呼ばれる、電気を発する魚が住んでいます。その体から発せられる電気は600 …

  5. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

    光触媒を用いた反応開発で世界をリードしているMacMillan先生が今度はケミカルバイオロジー分野に…

  6. 今年はキログラムに注目だ!

  7. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒

  8. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法

  9. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編

  10. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

  11. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2)

  12. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

  13. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

  14. ビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入

  15. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

  16. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  2. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  3. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  4. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成
  5. ジイミド還元 Diimide Reduction
  6. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  7. 2009年人気記事ランキング

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

PAGE TOP