[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. ホウ酸団子のはなし

    Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下記のような書き込みを見つけました。該当ツイートのリンクはこちら重曹=炭酸水素ナトリウムがGの腹を膨らまして死なす毒餌(ベイト;b…

  2. 創薬におけるPAINSとしての三環性テトラヒドロキノリン類

    Pan-Assay INterference CompoundS (PAINS) は…

  3. ヒドラジン合成のはなし ~最新の研究動向~

    Tshozoです。今回はアンモニアと関係の深いヒドラジンの話をします。アンモニア合成の進化を話し…

  4. 高選択的な不斉触媒系を機械学習と「投票」で予測する

    2019年にこちらの記事でイリノイ大学・Scott E. Denmark教授らの三次元分子構造を用い…

  5. 合成ルートはどれだけ”良く”できるのか?分子構造からプロセス質量強度を予測する SMART-PMI

    概要医薬品をはじめとする有機分子の工業生産では、単に経済的につくるだけでなく、環境への影響に配慮…

  6. 三つの環を一挙に構築! caulamidine 類の不斉全合成

  7. Chemの論文紹介はじめました

  8. 目指せPlanar!反芳香族性NIR色素の開発

  9. リンを光誘起!σ-ホールでクロス求電子剤C–PIIIカップリング反応

  10. 多環式骨格を華麗に構築!(–)-Zygadenineの不斉全合成

  11. マクマリーを超えてゆけ!”カルボニルクロスメタセシス反応”

  12. BulkyなNHCでNovelなButadiyne (BNNB) アナログの反応

  13. 世界初!ラジカル1,2-リン転位

  14. C–C, C–F, C–Nを切ってC–N, C–Fを繋げるβ-フルオロアミン合成

  15. 全フッ素置換シクロプロピル化試薬の開発

  16. カルボン酸β位のC–Hをベターに臭素化できる配位子さん!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephens Coupling
  2. 日本化学会 第103春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part1
  3. チャップマン転位 Chapman Rearrangement
  4. BASFとはどんな会社?-2
  5. Molecules That Changed the World
  6. Tattooと化学物質のはなし
  7. 君はPHOZONを知っているか?

注目情報

最新記事

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

PAGE TOP