[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. 2つ輪っかで何作ろう?

    1枚のベンゼン環を共有する2つのはキラルな光学特性を示すだけでなく、凝集度に依存する発光色の変化も示した。シクロパラフェニレン(CPP)の繋げ方シクロパラフェニレン(CPP)は、カーボンナノチューブ(CNT)の最短部分構造であるリン…

  2. ダニエル レオノリ Daniele Leonori

    ダニエル レオノリ (Daniele Leonori、1982年XX月X日 (イタリア生)–)はドイ…

  3. 環拡大で八員環をバッチリ攻略! pleuromutilinの全合成

    グラム陽性菌の抗生物質であるpleuromutilinの全合成が報告された。環拡大反応を駆使し複雑な…

  4. ウクライナ危機と創薬ビルディングブロック –エナミン社のケースより–

    2022 年 2 月に始まったロシアのウクライナ侵攻は世界経済に大きな影を落とし、本…

  5. 高い分離能のCOF膜が作製可能な二段階構築法の開発

    極めて高い水透過性を有する共有結合性有機構造体(COF)膜を作製できる二段階構築法が開発された。これ…

  6. クロう(苦労)の産物!Clionastatinsの合成

  7. トリテルペノイドの「トリ」!?octanorcucurbitacin Bの全合成

  8. 二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

  9. 常温常圧アンモニア合成~20年かけて性能が約10000倍に!!!

  10. キノリンをLED光でホップさせてインドールに

  11. アルキンメタセシスで誕生!HPB to γ-グラフィン!

  12. スチレンにCoのHATをかぶせれば、インドールを不斉アルキル化

  13. 金属アルコキシドに新たなファミリー!Naでも切れない絆

  14. カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

  15. 配位子を着せ替え!?クロースカップリング反応

  16. ヒドロキシ基をスパッと(S)、カット(C)、して(S)、アルキル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 谷池俊明 Toshiaki Taniike
  2. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に
  3. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  4. 水をヒドリド源としたカルボニル還元
  5. 年に一度の「事故」のおさらい
  6. natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催
  7. 電池で空を飛ぶ

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP