[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

    不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な含ホウ素化合物へ変換する手法として期待される。アルキルボロン酸エステルへの変換方法アルキルボロン酸エステルは多様な官能基への変換が可…

  2. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

    イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

  3. スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

    イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

  4. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

    ピリドキサール生体模倣触媒によるアリールN-ホスフィニルイミン類とグリシン類の不斉マンニッヒ反応が報…

  5. がんをスナイプするフェロセン誘導体

    がん細胞中で活性化されミトコンドリアへ集積するフェロセン誘導体が開発された。がん細胞選択的な医薬品開…

  6. 環状アミンを切ってフッ素をいれる

  7. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

  8. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

  9. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用

  10. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す

  11. 1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応

  12. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成

  13. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド

  14. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!

  15. 微生物の電気でリビングラジカル重合

  16. 有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有用なりん化合物
  2. 電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応
  3. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis
  4. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  5. 翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表
  6. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  7. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーション) – Sankaran Thayumanavan教授

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

PAGE TOP