[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. π-アリルイリジウムに新たな光を

    可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな遷移金属触媒を光励起させるキラルな遷移金属触媒を光励起させる手法は、不斉反応の新展開として近年注目を集める。本手法は極性反応では実現困難…

  2. 過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

    光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

  3. アレーン三兄弟をキラルな軸でつなぐ

    パラジウム/キラルノルボルネン触媒によるヨードアレーンとブロモアレーン、およびアリールボラートとのア…

  4. お望みの立体構造のジアミン、作ります。

    ヨウ素(I2)を触媒とする、アルケンの立体特異的ジアミノ化法が開発された。本手法は異なる立体化学のジ…

  5. 超原子価ヨウ素試薬PIFAで芳香族アミドをヒドロキシ化

    今回紹介する論文は2002年公開とだいぶ昔のものになりますが、筆者が愛用している反応…

  6. 二量化の壁を超えろ!β-アミノアルコール合成

  7. 分子の磁石 “化学コンパス” ~渡り鳥の磁場観測メカニズム解明にむけて~

  8. ACSの隠れた名論文誌たち

  9. NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

  10. ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

  11. 技あり!マイルドにエーテルを切ってホウ素で結ぶ

  12. 窒素を直接 “消去” する分子骨格変換

  13. 重水は甘い!?

  14. 銀ジャケを狂わせた材料 ~タイヤからの意外な犯人~

  15. カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

  16. キラルな八員環合成におすすめのアイロン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Whitesides’ Group: Writing a paper
  2. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准教授
  3. 虫歯とフッ素のお話① ~どうして歯磨きにフッ素が使われるの??~
  4. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  5. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応
  6. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  7. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

PAGE TOP