[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

    2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷移状態を安定化させる生体機構を参考に、ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒を開発した。“Rational Design of an …

  2. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

    畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

  3. スルホンアミドからスルホンアミドを合成する

    スルホンアミドを、温和な条件で塩化スルホニルに変換する手法が開発された。本法は合成終盤で、求核性が低…

  4. (–)-Vinigrol短工程不斉合成

    保護基を用いない(–)-Vinigrolの不斉全合成が達成された。従来法の分子内Diels–Alde…

  5. 大量合成も可能なシビれる1,2-ジアミン合成法

    電気化学とスルファミドを巧みに用いてアルケンをジアミノ化する新規手法が開発された。遷移金属や酸化剤を…

  6. Branch選択的不斉アリル位C(Sp3)–Hアルキル化反応

  7. ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

  8. 光で2-AGの量を制御する

  9. α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

  10. 二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

  11. 光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

  12. 励起状態複合体でキラルシクロプロパンを合成する

  13. House-Meinwald転位で立体を操る

  14. 2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

  15. C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

  16. アンモニアを用いた環境調和型2級アミド合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ディスコデルモライド /Discodermolide
  2. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題
  3. アデノシン /adenosine
  4. 不安定炭化水素化合物[5]ラジアレンの合成と性質
  5. 赤外光で分子の結合を切る!
  6. Actinophyllic Acidの全合成
  7. 化学の力で迷路を解く!

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

PAGE TOP