[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

    カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシルアミンと縮合後、ルテニウムもしくは鉄触媒によりアミン部位の特異な1,3-移動が進行する。不斉C(sp3)–Hアミノ化α-アミノ酸(非…

  2. 配位子を着せ替え!?クロースカップリング反応

    三級アルキルブロミドと種々のアリール求電子剤とのクロスカップリング反応が開発された。ニッケルの配位子…

  3. ヒドロキシ基をスパッと(S)、カット(C)、して(S)、アルキル化

    α-ヒドロキシカルボン酸誘導体のα位アルキル化反応の開発に成功した。α-ヒドロキシカルボン酸誘導体が…

  4. エーテルがDiels–Alder反応?トリチルカチオンでin situ 酸化DA!

    銅触媒とトリチルカチオンによるエーテルとヘテロジエンとの不斉Diels–Alder反応が開発された。…

  5. 機械学習は、論文の流行をとらえているだけかもしれない:鈴木ー宮浦カップリングでのケーススタディ

    機械学習においては優れたモデルを作り、反応生成物や収率の予測に成功した結果を報告するのが通常ですが、…

  6. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:② 細胞外基質・金属錯体を標的とする戦略

  7. Elsevierのニッチな化学論文誌たち

  8. 電池で空を飛ぶ

  9. 治療応用を目指した生体適合型金属触媒:① 細胞内基質を標的とする戦略

  10. 分子内架橋ポリマーを触媒ナノリアクターへ応用する

  11. 金属-金属結合をもつ二核ランタノイド錯体 -単分子磁石の記録を次々に更新-

  12. 水が決め手!構造が変わる超分子ケージ

  13. オルガネラ選択的な薬物送達法:②小胞体・ゴルジ体・エンドソーム・リソソームへの送達

  14. アルコールのカップリング、NHC塩がアルとおコール

  15. アザヘテロ環をあざとく作ります

  16. オルガネラ選択的な薬物送達法:①細胞膜・核・ミトコンドリアへの送達

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ネイチャー論文で絶対立体配置の”誤審”
  2. ワンチップ顕微鏡AminoMEを買ってみました
  3. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで
  4. 化合物と結合したタンパク質の熱安定性変化をプロテオームワイドに解析
  5. 新アルゴリズムで量子化学的逆合成解析の限界突破!~未知反応をコンピュータで系統探索する新技術~
  6. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ
  7. 大学院講義 有機化学

注目情報

最新記事

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

マテリアルズ・インフォマティクスで用いられる統計[超入門]-研究者が0から始めるデータの見方・考え方-

開催日:2022/07/06 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

PAGE TOP