[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

    地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の回りのたくさんのものに含まれています。答えは、植物の細胞壁の主成分、セルロースです。セルロースは、下図のようなD-グルコースがたくさ…

  2. リガンドによりCO2を選択的に導入する

    初めまして、この度Chem-stationスタッフとなりました、SQと申します。有機化学や創薬化学を…

  3. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築

    2017年、レーゲンスブルク大学・Burkhard Königらは、光触媒から可視光増感型電子移動機…

  4. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

    2017年、ライス大学・Zachary Ballらは、ロジウム(II)メタロペプチドを触媒として用い…

  5. 新しいエポキシ化試薬、Triazox

    金沢大学の国嶋らが新規エポキシ化剤として2-hydroperoxy-4,6-diphenyl-1,3…

  6. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  7. 揮発した有機化合物はどこへ?

  8. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

  9. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  10. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  11. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

  12. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

  13. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング

  14. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

  15. 磁力で生体触媒反応を制御する

  16. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 富士写、化学材料を事業化
  2. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  3. 有合化若手セミナーに行ってきました
  4. 武田 新規ARB薬「アジルバR錠」発売
  5. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き
  6. ジェームス・ツアー James M. Tour
  7. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド:Carbonyltris(triphenylphosphine)rhodium(I) Hydride

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

PAGE TOP