[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

    Purdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開発することに成功しました。“Semiconducting polymer blends that exhibit stable char…

  2. アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

    ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

  3. 3回の分子内共役付加が導くブラシリカルジンの網羅的全合成

    ユニークな縮環構造をもつブラシリカルジンA-Dの網羅的全合成が達成された。三回の分子内共役付加により…

  4. アニリン版クメン法

    アルキルアレーンまたはベンジルアルコールからC–C結合切断を経てアニリンを合成する手法が開発された。…

  5. Mgが実現する:芳香族アミンを使った鈴木―宮浦カップリング

    ニッケル触媒による芳香族アミンとボロン酸エステルとの鈴木―宮浦型カップリングが開発された。2価のニッ…

  6. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

  7. 酵母菌に小さなソーラーパネル

  8. 架橋シラ-N-ヘテロ環合成の新手法

  9. [5+1]環化戦略による触媒的置換シクロヘキサン合成

  10. プロペンを用いたpiericidin Aの収束的短工程合成

  11. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

  12. 一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

  13. ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

  14. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  15. ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

  16. 3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応
  2. 分子標的薬、手探り続く
  3. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士
  4. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  5. 本多 健一 Kenichi Honda
  6. 知られざる有機合成のレアテク集
  7. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

PAGE TOP