[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. 可視光光触媒でツルツルのベンゼン環をアミノ化する

    単純なアルキルアミンが利用できる芳香族C–Hアミノ化反応が開発された。基質適用範囲が広く天然物などの多官能性分子にも適用できる。分子間芳香族C–Hアミノ化反応医薬品、農薬などに頻出する含窒素芳香族化合物の合成において、事前の官能基化…

  2. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析

    低分子化合物の構造決定法において、最も強力な方法といえば、単結晶X線構造解析(SCD)です。質の良い…

  3. (−)-Salinosporamide Aの全合成

    (−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

  4. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

    キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

  5. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

    Harvard大学のLiau教授らは、ゲノム編集技術CRISPRを利用して、骨髄性白血病に関わるタン…

  6. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

  7. 速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について

  8. 単純なアリルアミンから複雑なアリルアミンをつくる

  9. 嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

  10. モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

  11. 少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

  12. チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

  13. 求電子剤側で不斉を制御したアミノメチル化反応

  14. 立体特異的アジリジン化:人名反応エポキシ化の窒素バージョン

  15. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

  16. 生合成を模倣しない(–)-jorunnamycin A, (–)-jorumycinの全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 齊藤 尚平 Shohei Saito
  2. ランタノイド Lanthanoid
  3. プロペランの真ん中
  4. 安積徹 Tohru Azumi
  5. ケムステ主催バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」を開催します!
  6. 第46回藤原賞、岡本佳男氏と大隅良典氏に
  7. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

PAGE TOP