[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. ホウ素と窒素固定のおはなし

    Tshozoです。これまでと少し毛色の違う窒素固定の論文が発表されたのでご紹介します。"Nitrogen fixation and reduction at boron"Marc-André Légaré, Guillaume …

  2. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」

    ケムステでは数多くの全合成の論文について紹介してきました(リンクに関しては多すぎるので割愛致します)…

  3. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

    2017年、南洋工科大学・金城 玲らは、ジアザジボリニンを触媒前駆体として用いるカルボニル化合物の触…

  4. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

    2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

  5. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

    地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

  6. リガンドによりCO2を選択的に導入する

  7. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築

  8. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

  9. 新しいエポキシ化試薬、Triazox

  10. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  11. 揮発した有機化合物はどこへ?

  12. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

  13. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  14. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  15. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

  16. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadsworth-Emmons (HWE) Reaction
  2. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  3. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素
  4. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  5. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)(CO)3 Complex
  6. Newton別冊「注目のスーパーマテリアル」が熱い!
  7. 砂糖水からモルヒネ?

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

PAGE TOP