[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド

    2015年、スクリプス研究所・Julius Rebek Jr.らは、水溶性キャビタンド化合物をテンプレートとし、長鎖ω-アミノ酸を水中でマクロラクタム化する方法論を開発した。"A Deep Cavitand Templates Lact…

  2. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!

    Pd/Lewis酸協奏触媒を用いた新規スピロ環合成法が開発された。添加するLewis酸を変えることで…

  3. 微生物の電気でリビングラジカル重合

    テキサス大学オースティン校のBenjamin K. Keitz教授らは、電気を発生する微生物によって…

  4. 有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

    化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

  5. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

    パラジウム触媒を用いた芳香族ボロン酸を基質とするCatellani反応が報告された。ホスフィン配位子…

  6. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化

  7. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

  8. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

  9. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

  10. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

  11. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応

  12. 死刑囚によるVXガスに関する論文が掲載される

  13. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

  14. 抽出精製型AJIPHASE法の開発

  15. 効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

  16. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst
  2. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  3. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  4. 実験の再現性でお困りではありませんか?
  5. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis
  6. 私がケムステスタッフになったワケ(1)
  7. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

PAGE TOP