[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. がんをスナイプするフェロセン誘導体

    がん細胞中で活性化されミトコンドリアへ集積するフェロセン誘導体が開発された。がん細胞選択的な医薬品開発やイメージングへ応用可能である。がん細胞選択的に作用する抗がん剤がんの治療技術はここ10年間で急速に進歩しているものの、化学療法に…

  2. 環状アミンを切ってフッ素をいれる

    環状アミンの開裂をともなうフッ素化が報告された。医農薬分子に頻出であるフッ素原子を導入するための新た…

  3. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

    2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

  4. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

    2017年、スクリプス研究所フロリダのWilliam R. RoushおよびCristoph Rad…

  5. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用

    2017年、ケンブリッジ大学・Steven V. Leyらは、ルイス塩基触媒と可視光レドックス触媒の…

  6. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す

  7. 1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応

  8. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成

  9. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド

  10. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!

  11. 微生物の電気でリビングラジカル重合

  12. 有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

  13. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

  14. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化

  15. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

  16. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 遠藤守信 Morinobu Endo
  2. 水素化ホウ素ナトリウムを使う超小型燃料電池を開発
  3. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement
  4. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  5. 化学と株価
  6. 2017年10大化学ニュース
  7. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生

注目情報

最新記事

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

PAGE TOP