[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. ニッケル触媒でアミド結合を切断する

    2015年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校・Neil Gargらは、ニッケル触媒を用いることで,穏和な条件下でのアミド結合の切断を介するエステルの生成に成功した。“Conversion of amides to esters by t…

  2. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成

    キラルなルイス酸触媒を用いた新規シクロブタノン不斉合成法が開発された。高いジアステレオ/エナンチオ選…

  3. ニンニクの主要成分を人工的につくる

    ニンニクの主要成分であるアホエンの新規全合成が達成された。酸化条件でオレフィンとスルホキシドを一挙に…

  4. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

    アリル位の新しいC–Hカップリングが報告された。Cp*Rh(Ⅲ)錯体を用いた脱水素型クロスカップリン…

  5. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

    不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

  6. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

  7. スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

  8. 不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

  9. がんをスナイプするフェロセン誘導体

  10. 環状アミンを切ってフッ素をいれる

  11. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

  12. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法

  13. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用

  14. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す

  15. 1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応

  16. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  2. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナート : 1-Fluoro-2,4,6-trimethylpyridinium Trifluoromethanesulfonate
  3. NMR化学シフト予測機能も!化学徒の便利モバイルアプリ
  4. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル : 2-(Trimethylsilyl)phenyl Trifluoromethanesulfonate
  5. 実験の再現性でお困りではありませんか?
  6. ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見
  7. ケミストリ・ソングス【Part 2】

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

PAGE TOP