[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. rhodomolleins XX と XXIIの全合成

    Tiを用いた還元的エポキシ開環/Beckwith-Dowd転位を鍵反応としてgraynane骨格を効率的に構築し、複雑ジテルペノイドであるrhodomolleins XX とXXIIの初の全合成に成功した。Graynaneジテルペノイド…

  2. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱…

  3. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発

    動物に対しても有効なジカウイルスプロテアーゼ阻害剤が新たに開発された。またX線結晶構造解析によりその…

  4. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法

    MHATを用いた四級炭素構築法が開発された。Mn/Ni協働触媒により、広範なヨウ化アルキルがアルキル…

  5. Arborisidineの初の全合成

    インドレニンアルカロイドである(+)-arborisidineの初の全合成が達成された。二つの不斉四…

  6. 可視光光触媒でツルツルのベンゼン環をアミノ化する

  7. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析

  8. (−)-Salinosporamide Aの全合成

  9. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

  10. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

  11. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

  12. 速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について

  13. 単純なアリルアミンから複雑なアリルアミンをつくる

  14. 嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

  15. モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

  16. 少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  2. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化
  3. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!
  4. ロルフ・ヒュスゲン Rolf Huisgen
  5. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発
  6. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart
  7. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

注目情報

最新記事

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

PAGE TOP