[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. 今年はキログラムに注目だ!

    遅ればせながら明けましておめでとうございます。本年も面白い化学について少しでもお伝えできればと思いますので、よろしくお願い申し上げます。という訳で、昨年末あたりは2018年が化学に関するなんらかのアニバーサリーイヤーになっていないか…

  2. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒

    水素結合によりアニオンを捕捉することで、対カチオンは活性化され高いルイス酸性をもつ。そのルイス酸によ…

  3. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法

    2016年、江西師範大学のJunfeng Zhaoらは、イナミドを縮合剤として用いることで、一切の添…

  4. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編

    前前回 カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1) 、前回 カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 …

  5. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応

    非天然アミノ酸誘導体により触媒される三分子間での新たなジアステレオ、エナンチオ選択的環化反応が開発さ…

  6. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2)

  7. ケトンを配向基として用いるsp3 C-Hフッ素化反応

  8. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!

  9. ビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入

  10. 可視光照射でトリメチルロックを駆動する

  11. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

  12. ベンゼンの直接アルキル化

  13. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

  14. “かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

  15. イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

  16. 当量と容器サイズでヒドロアミノアルキル化反応を制御する

スポンサー

ピックアップ記事

  1. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  2. アメリカで Ph.D. を取る –奨学金を申請するの巻–
  3. 岸 義人 Yoshito Kishi
  4. 2010年10大化学ニュース
  5. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  6. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  7. クライゼン縮合 Claisen Condensation

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

PAGE TOP