[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング

    2017年、テキサス大学オースティン校・Micharl J. Krischeらは、Ru(0)触媒によるベンゾブテノンとジオールの水素移動型付加環化反応の開発に成功した。位置・立体選択的に進行する本反応は、type II ポリケタイドの収束的…

  2. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

    嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

  3. 磁力で生体触媒反応を制御する

    今回は、先月創刊されたことで話題のNature Catalysisから論文を紹介します。テーマは、酵…

  4. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

    スタンフォード大学のCarolyn R. Bertozzi教授らは、抗体を高感度で検出する手法(Ag…

  5. 環サイズを選択できるジアミノ化

    Ir触媒による、二級アミンを用いたアルケニルアミドの分子間/分子内ジアミノ化が報告された。添加剤と溶…

  6. リチウムイオンに係る消火剤電解液のはなし

  7. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用

  8. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:高分子を活物質に使う

  9. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」

  10. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応

  11. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

  12. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

  13. 光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成

  14. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成

  15. 電気ウナギに学ぶ:柔らかい電池の開発

  16. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ミッドランド還元 Midland Reduction
  2. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成
  3. 日本酸素記念館
  4. 最長のヘリセンをつくった
  5. 軸不斉のRとS
  6. C-H酸化反応の開発
  7. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

PAGE TOP