[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

    2017年、ライス大学・Zachary Ballらは、ロジウム(II)メタロペプチドを触媒として用い、IgG抗体のFc領域選択的な化学選択的修飾法の開発に成功した。本法はFab領域を修飾しないため、抗体の抗原認識能に影響を与えることがなく、…

  2. 新しいエポキシ化試薬、Triazox

    金沢大学の国嶋らが新規エポキシ化剤として2-hydroperoxy-4,6-diphenyl-1,3…

  3. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

    京都大学・浜地格らは、有機触媒としてピリジニウムオキシム(PyOx)を用い、N-アシル-N-アルキル…

  4. 揮発した有機化合物はどこへ?

    有機化合物の中には、蒸発しやすいもの(揮発性の物質)がたくさんあります。研究室でおなじみのアセトンや…

  5. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

    ジゲルミンを触媒前駆体とするアリールアルキンの環化三量化反応が報告された。位置選択的に反応が進行し1…

  6. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  7. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  8. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

  9. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

  10. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング

  11. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

  12. 磁力で生体触媒反応を制御する

  13. 唾液でHIV検査が可能に!? 1 attoモル以下の超高感度抗体検出法

  14. 環サイズを選択できるジアミノ化

  15. リチウムイオンに係る消火剤電解液のはなし

  16. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent
  2. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~
  3. スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル
  4. プラスチックを簡単に分解する方法の開発
  5. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  6. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  7. インドの化学ってどうよ

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

PAGE TOP