[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド

    2015年、スクリプス研究所・Julius Rebek Jr.らは、水溶性キャビタンド化合物をテンプレートとし、長鎖ω-アミノ酸を水中でマクロラクタム化する方法論を開発した。"A Deep Cavitand Templates Lact…

  2. PdとTiがVECsの反応性をひっくり返す?!

    Pd/Lewis酸協奏触媒を用いた新規スピロ環合成法が開発された。添加するLewis酸を変えることで…

  3. 微生物の電気でリビングラジカル重合

    テキサス大学オースティン校のBenjamin K. Keitz教授らは、電気を発生する微生物によって…

  4. 有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

    化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

  5. 芳香族ボロン酸でCatellani反応

    パラジウム触媒を用いた芳香族ボロン酸を基質とするCatellani反応が報告された。ホスフィン配位子…

  6. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化

  7. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

  8. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

  9. 電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

  10. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

  11. 超強塩基触媒によるスチレンのアルコール付加反応

  12. 死刑囚によるVXガスに関する論文が掲載される

  13. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

  14. 抽出精製型AJIPHASE法の開発

  15. 効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

  16. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

スポンサー

ピックアップ記事

  1. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発
  2. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携
  3. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  4. 2008年ウルフ賞受賞者発表
  5. 野依賞―受賞者一覧
  6. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  7. 有機アジド(1):歴史と基本的な性質

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

PAGE TOP