[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. ホウ素と窒素固定のおはなし

    Tshozoです。これまでと少し毛色の違う窒素固定の論文が発表されたのでご紹介します。"Nitrogen fixation and reduction at boron"Marc-André Légaré, Guillaume …

  2. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1~」

    ケムステでは数多くの全合成の論文について紹介してきました(リンクに関しては多すぎるので割愛致します)…

  3. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒

    2017年、南洋工科大学・金城 玲らは、ジアザジボリニンを触媒前駆体として用いるカルボニル化合物の触…

  4. 鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

    2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

  5. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

    地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

  6. リガンドによりCO2を選択的に導入する

  7. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築

  8. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法

  9. 新しいエポキシ化試薬、Triazox

  10. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」

  11. 揮発した有機化合物はどこへ?

  12. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

  13. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化

  14. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見

  15. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る

  16. 5-ヒドロキシトリプトファン選択的な生体共役反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  2. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに
  3. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド:Bis(tri-o-tolylphosphine)palladium(II) Dichloride
  4. Hazardous Laboratory Chemicals Disposal Guide
  5. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  6. 次なる新興感染症に備える
  7. 新風を巻き起こそう!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞2014

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

PAGE TOP