[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学

  1. 2017年10大化学ニュース

    もたもたしていたら2017年も最終日となってしまいました。読者の皆様の2017年はいかがでしたでしょうか。2017年も様々な出来事がありました。2017年を振り返る2016年に劇的勝利をあげ、2017年1月より第45代米大統…

  2. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題…

  3. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」

    「正当性の無い商品テスト結果」「容認できる範囲を逸脱した暴挙」――。国民生活センターが2016年12…

  4. 2016年化学10大ニュース

    2106年も残りわずか。今年も様々な出来事がありました。4月に起きた熊本地震は今年の最も大き…

  5. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

    (CNN) 自転車を盗もうとする相手に化学物質を浴びせ、吐き気を催させて撃退するという製品を米国の起…

  6. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

  7. 2012年10大化学ニュース【前編】

  8. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

  9. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る

  10. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益

  11. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に

  12. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く

  13. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

  14. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表

  15. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

  16. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (実践編)
  2. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系アルカロイドの網羅的全合成
  3. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg
  4. 論文の自己剽窃は推奨されるべき?
  5. 進撃のタイプウェル
  6. (+)-フロンドシンBの超短工程合成
  7. 堀場雅夫 Masao Horiba  

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

PAGE TOP