[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学

  1. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表

    米国の科学者が普通のアクリル繊維を用いて、海水からウラン含量の高い「イエローケーキ」の抽出に成功した。(引用:ロイター通信8月15日)この技術を開発したのは、アメリカエネルギー省の研究機関であるPacific Northwest Nat…

  2. 2017年10大化学ニュース

    もたもたしていたら2017年も最終日となってしまいました。読者の皆様の2017年はいかがでし…

  3. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題…

  4. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」

    「正当性の無い商品テスト結果」「容認できる範囲を逸脱した暴挙」――。国民生活センターが2016年12…

  5. 2016年化学10大ニュース

    2106年も残りわずか。今年も様々な出来事がありました。4月に起きた熊本地震は今年の最も大き…

  6. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

  7. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

  8. 2012年10大化学ニュース【前編】

  9. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

  10. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る

  11. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益

  12. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に

  13. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く

  14. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

  15. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表

  16. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

スポンサー

ピックアップ記事

  1. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  2. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  3. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  4. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  5. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz Pyridine Synthesis
  6. 防カビ効果、長持ちします 住友化学が新プラスチック
  7. ベーシック反応工学

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP