[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学

  1. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題となりました。(過去記事: ヘリウム不足いつまで続く?) 今回も中東の不安定な政情から、またそんなことが起こりそうな匂いがしてきました。。。…

  2. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」

    「正当性の無い商品テスト結果」「容認できる範囲を逸脱した暴挙」――。国民生活センターが2016年12…

  3. 2016年化学10大ニュース

    2106年も残りわずか。今年も様々な出来事がありました。4月に起きた熊本地震は今年の最も大き…

  4. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

    (CNN) 自転車を盗もうとする相手に化学物質を浴びせ、吐き気を催させて撃退するという製品を米国の起…

  5. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

    2016年8月10日、米国化学会(ACS)は、プレプリントサーバー“ChemRxiv”を構築する意向…

  6. 2012年10大化学ニュース【前編】

  7. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

  8. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る

  9. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益

  10. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に

  11. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く

  12. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

  13. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表

  14. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

  15. 旭化成 繊維事業がようやく底入れ

  16. 米デュポン株、来年急上昇する可能性

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II) Acetate Dimer
  2. 「有機合成と生化学を組み合わせた統合的研究」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Bode研より
  3. 小松紘一 Koichi Komatsu
  4. 水素結合の発見者は誰?
  5. 重いキノン
  6. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  7. 次なる新興感染症に備える

注目情報

最新記事

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

PAGE TOP