[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学

  1. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表

    米国の科学者が普通のアクリル繊維を用いて、海水からウラン含量の高い「イエローケーキ」の抽出に成功した。(引用:ロイター通信8月15日)この技術を開発したのは、アメリカエネルギー省の研究機関であるPacific Northwest Nat…

  2. 2017年10大化学ニュース

    もたもたしていたら2017年も最終日となってしまいました。読者の皆様の2017年はいかがでし…

  3. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題…

  4. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」

    「正当性の無い商品テスト結果」「容認できる範囲を逸脱した暴挙」――。国民生活センターが2016年12…

  5. 2016年化学10大ニュース

    2106年も残りわずか。今年も様々な出来事がありました。4月に起きた熊本地震は今年の最も大き…

  6. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

  7. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

  8. 2012年10大化学ニュース【前編】

  9. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

  10. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る

  11. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益

  12. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に

  13. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く

  14. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

  15. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表

  16. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 4つの性がある小鳥と超遺伝子
  2. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある
  3. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  4. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  5. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功
  6. 二酸化セレン Selenium Dioxide
  7. 理系の海外大学院・研究留学記

注目情報

最新記事

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

PAGE TOP