[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学

  1. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表

    米国の科学者が普通のアクリル繊維を用いて、海水からウラン含量の高い「イエローケーキ」の抽出に成功した。(引用:ロイター通信8月15日)この技術を開発したのは、アメリカエネルギー省の研究機関であるPacific Northwest Nat…

  2. 2017年10大化学ニュース

    もたもたしていたら2017年も最終日となってしまいました。読者の皆様の2017年はいかがでし…

  3. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題…

  4. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」

    「正当性の無い商品テスト結果」「容認できる範囲を逸脱した暴挙」――。国民生活センターが2016年12…

  5. 2016年化学10大ニュース

    2106年も残りわずか。今年も様々な出来事がありました。4月に起きた熊本地震は今年の最も大き…

  6. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

  7. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

  8. 2012年10大化学ニュース【前編】

  9. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

  10. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る

  11. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益

  12. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に

  13. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く

  14. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

  15. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表

  16. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発
  2. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol Reaction
  3. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos
  4. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil
  5. 安積徹 Tohru Azumi
  6. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  7. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その2

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP