[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学

  1. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表

    米国の科学者が普通のアクリル繊維を用いて、海水からウラン含量の高い「イエローケーキ」の抽出に成功した。(引用:ロイター通信8月15日)この技術を開発したのは、アメリカエネルギー省の研究機関であるPacific Northwest Nat…

  2. 2017年10大化学ニュース

    もたもたしていたら2017年も最終日となってしまいました。読者の皆様の2017年はいかがでし…

  3. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題…

  4. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」

    「正当性の無い商品テスト結果」「容認できる範囲を逸脱した暴挙」――。国民生活センターが2016年12…

  5. 2016年化学10大ニュース

    2106年も残りわずか。今年も様々な出来事がありました。4月に起きた熊本地震は今年の最も大き…

  6. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

  7. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

  8. 2012年10大化学ニュース【前編】

  9. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

  10. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る

  11. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益

  12. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に

  13. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く

  14. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

  15. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表

  16. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  2. キース・ファニュー Keith Fagnou
  3. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  4. 世界の中心で成果を叫んだもの
  5. ベンゼンの直接アルキル化
  6. ロジャーアダムス賞・受賞者一覧
  7. 光学迷彩をまとう海洋生物―その仕組みに迫る

注目情報

最新記事

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

PAGE TOP