[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学

  1. 自律的に化学実験するロボット科学者、研究の自動化に成功 8日間で約700回の実験、人間なら数カ月

    英リバプール大学の研究チームが開発した 「A mobile robotic chemist」は、年中無休で化学実験を自律的に行う研究ロボットだ。人間だと数カ月かかるところを8日で完了し、研究の自動化を実証した。  (引用:7月15日 ITm…

  2. 国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

    文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

  3. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表

    米国の科学者が普通のアクリル繊維を用いて、海水からウラン含量の高い「イエローケーキ」の抽出に成功した…

  4. 2017年10大化学ニュース

    もたもたしていたら2017年も最終日となってしまいました。読者の皆様の2017年はいかがでし…

  5. ヘリウム不足再び?

    皆さんも覚えておられるかもしれませんが、2012年末、世界的なヘリウム不足が話題…

  6. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」

  7. 2016年化学10大ニュース

  8. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

  9. 化学系プレプリントサーバ「ChemRxiv」の設立が決定

  10. 2012年10大化学ニュース【前編】

  11. 住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

  12. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る

  13. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益

  14. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に

  15. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く

  16. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. シャンパンの泡、脱気の泡
  2. アメリカで Ph. D. を取る –希望研究室にメールを送るの巻– (実践編)
  3. 台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕
  4. 【書籍】機器分析ハンドブック3 固体・表面分析編
  5. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  6. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会
  7. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

注目情報

最新記事

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

PAGE TOP