[スポンサーリンク]

ケムステニュース

住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

住友化学<4005.T>は31日、2008年3月通期の連結営業利益見通しについて、前年比6.9%減の1300億円とする従来予想を据え置いた。ロイターエスティメーツによる主要アナリスト14人の予測平均値1330億円とほぼ同水準だった。
第1四半期(4─6月)に、部門別営業利益で赤字になった情報電子化学の回復が目標値達成のカギを握っている。

第1四半期の連結営業利益は全体で256億3400万円(前年同期比24.6%減)と減益ながら、中間期の予想である470億円に対する進ちょく率は55%と順調に推移した。ただ、部門別では情報電子化学部門が41億円の営業損失(前年同期実績は37億円の黒字)と唯一の赤字となっている。同部門は、年間予想で160億円の黒字を想定しており、この回復が全体の数値にも影響を及ぼす(引用:世界日報)。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  2. 粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発
  3. 潤滑剤なしで抜群の滑りを実現する「自己潤滑性XXドーム」が開発さ…
  4. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  5. “クモの糸”が「ザ・ノース・フェイス」の…
  6. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  7. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベ…
  8. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Essential Reagents for Organic Synthesis
  2. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  3. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?
  4. 夢の筒状分子 カーボンナノチューブ
  5. Lead Optimization for Medicinal Chemists
  6. 生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発
  7. ヘリウム不足いつまで続く?
  8. The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, And Biologicals
  9. 就職か進学かの分かれ道
  10. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Dihydroxylation (SharplessAD)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!

第170回目のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院理工学研究科・古川 俊輔 助教にお願いしました…

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

PAGE TOP