[スポンサーリンク]

ケムステニュース

住友化学が通期予想据え置き、カギ握る情報電子化学の回復

[スポンサーリンク]

住友化学<4005.T>は31日、2008年3月通期の連結営業利益見通しについて、前年比6.9%減の1300億円とする従来予想を据え置いた。ロイターエスティメーツによる主要アナリスト14人の予測平均値1330億円とほぼ同水準だった。
第1四半期(4─6月)に、部門別営業利益で赤字になった情報電子化学の回復が目標値達成のカギを握っている。

第1四半期の連結営業利益は全体で256億3400万円(前年同期比24.6%減)と減益ながら、中間期の予想である470億円に対する進ちょく率は55%と順調に推移した。ただ、部門別では情報電子化学部門が41億円の営業損失(前年同期実績は37億円の黒字)と唯一の赤字となっている。同部門は、年間予想で160億円の黒字を想定しており、この回復が全体の数値にも影響を及ぼす(引用:世界日報)。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨ら…
  2. 「マイクロリアクター」装置化に成功
  3. 第38回有機金属若手の会
  4. 製薬各社 2010年度決算
  5. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に
  6. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  7. 株式会社ユーグレナ マザーズに上場
  8. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応
  2. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  3. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始
  4. 金大発『新薬』世界デビュー
  5. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene Reaction (Prins Reaction)
  6. 立体選択的な(+)-Microcladallene Bの全合成
  7. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  8. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  9. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より
  10. 合成化学の”バイブル”を手に入れよう

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに&hellip;)…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP