[スポンサーリンク]

ケムステニュース

自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

[スポンサーリンク]

(CNN) 自転車を盗もうとする相手に化学物質を浴びせ、吐き気を催させて撃退するという製品を米国の起業家が考案し、一般からの寄付を募るクラウドファンディングを通じて資金集めに乗り出した。この製品「スカンクロック」は一見、世界中で自転車の盗難防止に使われているごく普通のU字ロックに見える。だが秘密兵器の存在を物語るのはスカンクのような白黒のしま模様。盗もうとすると有害な化学物質を噴き出して相手に吐き気を催させ、一時的な視覚障害や呼吸困難を起こさせる。化学物質の噴霧によって周りの人も異常に気付くという(引用:CNN,co.jp 2016年10月24日)。

ありそうでなかった自転車泥棒撃退のためのお話です。日本ではそうそうないかもしれないですが、アメリカでは上記にあるようなU字の錠をつけていても、簡単に切断され自転車を盗まれることは多々あるとのこと。

今回のニュースにある「スカンクロック」の開発者も実際に自転車を盗まれ、どうにかして撃退できないかと考え、開発に至ったそうです。「スカンクロック」は一見して普通のU字型の錠。ただ、スカンクのような白黒の縞模様と「SKUNKLOCK」と記載してあるだけ。通常に使う分にはなにも起こりませんが、それを切断しようとすると、悪臭のある化学物質が飛び出て泥棒撃退、そしてまわりにも”臭い”でお知らせする仕掛け。以下の動画を見てもらった方がわかりやすいと思います。

現場にはいたくない感じですね。。。

ところで、スカンク=とてつもなく臭いなにかを出す、は子供でも知っている有名な話ですが、どれだけ臭くてどんな成分なんでしょう。

スカンクの臭いと成分

臭いに関しては、NAVERまとめ「悶絶必至!スカンクの臭いはどれだけ臭いのか?」によると、

スカンクを轢いた車、轢きたてのスカンクの上を通った車は廃車処分、中古では売れない、と言う話も聞くが。まともにスプレーを浴びた場合、洋服は廃棄処分、まともに浴びてなくとも、臭いは4ヶ月はとれないという話もある。

スカンクが放つ分泌物は高濃度の場合、人命に 関わることもある。一時的な失明や咳、吐き気を引き起こすことから、催涙ガスに例えられることもある。

とある。相当やばそうですね。動画もいくつか有りました。

では成分はなにかというと、ブチルメルカプタン(別名:ブタンチオール、英語名:butyl mercaptan, butanethiol)だそうです。硫黄化合物(チオール類)なんで化学者の方ならばまあ臭そうだなと言うのはわかっていただけると思います。より分子量が小さいものならば臭いですが臭いは残りそうもなく、より大きいものならばほんのり臭いぐらいですが、炭素4つはその両者をうまくとった”ちょうどよい”大きさです。

2016-10-24_20-47-17

ブチルチオールっぽいにおい?

【訂正 2016年10月27日】実際にスカンクの臭気成分をガスクロマトグラフィー質量分析法(GC/MS)で調べた研究者の報告[1]によると、上述したブタンチオールではなく、チオール類ではあるものの、いくつかのチオール類が混じっているとのこと。「ブタンチオールみたいな」においというのが先行して「=ブタンチオールが主成分である」が一般的になったようです。もしくは正確に名前を記していなかったかです。どちらかわかりませんが、実際には、スカンクの種類によって若干成分はことなるようですが、Hooded skunkでは、不飽和体の(E)-2-Butene-1-thiol、枝分わかれした3-Methyl-1-butanethiolや、それらのアセチル化体が主成分であるとされています。以上のように訂正いたします。

2016-10-27_01-05-12

【追記】スカンクの臭いの主成分

 

ちなみに、世界一臭い果物「ドリアン」の主成分は炭素が1つ短い、プロパンチオール(propanethiol)で都市ガスがもうひとつ少ないエタンチオール(ethanethiol)もしくはt-ブチルチオール(t-butylthiol)が超微量含まれています。なんとなくわかったでしょうか。そのチオール濃縮液をかけられたらたしかに悶絶するぐらい臭いですね。

2016-10-24_21-03-39

臭いはどうやってとるかというと、いろいろとネットに書かれていますが、チオールならば、塩にするために重曹(NaHCO3)などのアルカリを使うか、ブリーチ(次亜塩素酸ナトリウムNaOCl)かなにかで酸化するするのが良いと思います。

クラウドファンディングで資金募集中

さて、話を元に戻すと開発者たちはこの「スカンクロック」の販売に向けクラウドファンディングで資金を募っているようです(こちら)。およそ2万ドル(200万円)を募集したようですが、既に目標額には達しているようで、このまま発売されるんですかね。

そして、よく読んでみたら、今回の使っている化学物質は「フォーミュラD1」と命名され、詳細は明かしていないものの、

「傷んだバターやパルメザンチーズなどのありふれた製品に含まれる脂肪酸から生成した」

とあります。となると、「スカンクロック」に使われれているのは上記のようなチオールじゃなくて、おそらく長鎖のカルボン酸(ヘキサン酸あたり)ぽいですね。バターやチーズからはチオールはできないので。チオール類本当に使ってたら日本だったら「ガスの臭いがする!」と大混乱になってしまいます。

ところで無事発売したとして問題は、

泥棒を撃退し無事盗まれなかったときの自転車の匂いはどうやってとるのか?」

というところだと思いますが….「におい消し」も一緒に発売したほうがよいかもしれません(苦笑)。

 

参考文献

  1. Wood, F.W.; Sollers, B. G.; Dragoo, G. A.;  Dragoo, J. J. Chem. Ecol. 2002, 28, 1865. doi:10.1023/A:1020573404341

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. グラクソ、糖尿病治療薬「ロシグリタゾン」が単独療法無効のリスクを…
  2. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  3. 2005年2月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  5. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ
  6. 最新の産学コラボ研究論文
  7. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催
  8. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エストロゲン、閉経を境に正反対の作用
  2. 「社会との関係を見直せ」とはどういうことか
  3. 二酸化セレン Selenium Dioxide
  4. シラフィン silaffin
  5. 秋の褒章2010-化学
  6. Essential Reagents for Organic Synthesis
  7. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発
  8. 有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン
  9. 石油化学プラントの設備内部でドローンを飛行する実証事業を実施
  10. 第468回生存圏シンポジウム「CNFとキチンNF 夢と現実、そしてこれから」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2016年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP