[スポンサーリンク]

ケムステニュース

自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案

[スポンサーリンク]

(CNN) 自転車を盗もうとする相手に化学物質を浴びせ、吐き気を催させて撃退するという製品を米国の起業家が考案し、一般からの寄付を募るクラウドファンディングを通じて資金集めに乗り出した。この製品「スカンクロック」は一見、世界中で自転車の盗難防止に使われているごく普通のU字ロックに見える。だが秘密兵器の存在を物語るのはスカンクのような白黒のしま模様。盗もうとすると有害な化学物質を噴き出して相手に吐き気を催させ、一時的な視覚障害や呼吸困難を起こさせる。化学物質の噴霧によって周りの人も異常に気付くという(引用:CNN,co.jp 2016年10月24日)。

ありそうでなかった自転車泥棒撃退のためのお話です。日本ではそうそうないかもしれないですが、アメリカでは上記にあるようなU字の錠をつけていても、簡単に切断され自転車を盗まれることは多々あるとのこと。

今回のニュースにある「スカンクロック」の開発者も実際に自転車を盗まれ、どうにかして撃退できないかと考え、開発に至ったそうです。「スカンクロック」は一見して普通のU字型の錠。ただ、スカンクのような白黒の縞模様と「SKUNKLOCK」と記載してあるだけ。通常に使う分にはなにも起こりませんが、それを切断しようとすると、悪臭のある化学物質が飛び出て泥棒撃退、そしてまわりにも”臭い”でお知らせする仕掛け。以下の動画を見てもらった方がわかりやすいと思います。

現場にはいたくない感じですね。。。

ところで、スカンク=とてつもなく臭いなにかを出す、は子供でも知っている有名な話ですが、どれだけ臭くてどんな成分なんでしょう。

スカンクの臭いと成分

臭いに関しては、NAVERまとめ「悶絶必至!スカンクの臭いはどれだけ臭いのか?」によると、

スカンクを轢いた車、轢きたてのスカンクの上を通った車は廃車処分、中古では売れない、と言う話も聞くが。まともにスプレーを浴びた場合、洋服は廃棄処分、まともに浴びてなくとも、臭いは4ヶ月はとれないという話もある。

スカンクが放つ分泌物は高濃度の場合、人命に 関わることもある。一時的な失明や咳、吐き気を引き起こすことから、催涙ガスに例えられることもある。

とある。相当やばそうですね。動画もいくつか有りました。

では成分はなにかというと、ブチルメルカプタン(別名:ブタンチオール、英語名:butyl mercaptan, butanethiol)だそうです。硫黄化合物(チオール類)なんで化学者の方ならばまあ臭そうだなと言うのはわかっていただけると思います。より分子量が小さいものならば臭いですが臭いは残りそうもなく、より大きいものならばほんのり臭いぐらいですが、炭素4つはその両者をうまくとった”ちょうどよい”大きさです。

2016-10-24_20-47-17

ブチルチオールっぽいにおい?

【訂正 2016年10月27日】実際にスカンクの臭気成分をガスクロマトグラフィー質量分析法(GC/MS)で調べた研究者の報告[1]によると、上述したブタンチオールではなく、チオール類ではあるものの、いくつかのチオール類が混じっているとのこと。「ブタンチオールみたいな」においというのが先行して「=ブタンチオールが主成分である」が一般的になったようです。もしくは正確に名前を記していなかったかです。どちらかわかりませんが、実際には、スカンクの種類によって若干成分はことなるようですが、Hooded skunkでは、不飽和体の(E)-2-Butene-1-thiol、枝分わかれした3-Methyl-1-butanethiolや、それらのアセチル化体が主成分であるとされています。以上のように訂正いたします。

2016-10-27_01-05-12

【追記】スカンクの臭いの主成分

 

ちなみに、世界一臭い果物「ドリアン」の主成分は炭素が1つ短い、プロパンチオール(propanethiol)で都市ガスがもうひとつ少ないエタンチオール(ethanethiol)もしくはt-ブチルチオール(t-butylthiol)が超微量含まれています。なんとなくわかったでしょうか。そのチオール濃縮液をかけられたらたしかに悶絶するぐらい臭いですね。

2016-10-24_21-03-39

臭いはどうやってとるかというと、いろいろとネットに書かれていますが、チオールならば、塩にするために重曹(NaHCO3)などのアルカリを使うか、ブリーチ(次亜塩素酸ナトリウムNaOCl)かなにかで酸化するするのが良いと思います。

クラウドファンディングで資金募集中

さて、話を元に戻すと開発者たちはこの「スカンクロック」の販売に向けクラウドファンディングで資金を募っているようです(こちら)。およそ2万ドル(200万円)を募集したようですが、既に目標額には達しているようで、このまま発売されるんですかね。

そして、よく読んでみたら、今回の使っている化学物質は「フォーミュラD1」と命名され、詳細は明かしていないものの、

「傷んだバターやパルメザンチーズなどのありふれた製品に含まれる脂肪酸から生成した」

とあります。となると、「スカンクロック」に使われれているのは上記のようなチオールじゃなくて、おそらく長鎖のカルボン酸(ヘキサン酸あたり)ぽいですね。バターやチーズからはチオールはできないので。チオール類本当に使ってたら日本だったら「ガスの臭いがする!」と大混乱になってしまいます。

ところで無事発売したとして問題は、

泥棒を撃退し無事盗まれなかったときの自転車の匂いはどうやってとるのか?」

というところだと思いますが….「におい消し」も一緒に発売したほうがよいかもしれません(苦笑)。

 

参考文献

  1. Wood, F.W.; Sollers, B. G.; Dragoo, G. A.;  Dragoo, J. J. Chem. Ecol. 2002, 28, 1865. doi:10.1023/A:1020573404341
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  2. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  3. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始
  4. ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見
  5. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  6. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  7. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  8. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タミフルをどう作る?~インフルエンザ治療薬の合成~
  2. 世界の中心で成果を叫んだもの
  3. 元素名と中国語
  4. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック
  5. DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離
  6. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  7. みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!
  8. 第116回―「新たな分子磁性材料の研究」Eugenio Coronado教授
  9. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  10. チアミン (thiamin)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発

名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻の 野呂 篤史講師らの研究グループは、日本ゼオンと共同…

反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP