[スポンサーリンク]


元素の基本と仕組み元素

  1. 元素のふるさと図鑑

    2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になりそうですか。ところで、2022年は何の年かご存知でしょうか。そう、2022年は五黄の寅であり、国際ガラス年でもあり、そして世界鉱物年…

  2. カリウム Potassium 細胞内に多量に含まれる元素

    カリウムは、ナトリウムと並んでミネラルの代表格です。様々な化合物と塩を作ります。なかには青酸カリなど…

  3. アルゴン Argon 空気中の体積1%を占め、医療用レーザーにも使われる

    アルゴンは、何ものとも反応しない不活性ガスの代表的な元素です。ほかの不活性ガスに比べて多く(空気中に…

  4. 塩素 Chlorine 漂白・殺菌剤や塩ビの成分

     水道水の消毒に欠かせない塩素。一部の貴ガス、炭素、酸素以外の元素と直接化合して塩化物を作ります。漂…

  5. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで

    ニンニク、タマネギといった食べ物の刺激が強いのは、硫黄化合物が含まれているからです。日本人が好きな温…

  6. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される

  7. ケイ素 Silicon 電子機器発達の立役者。半導体や光ファイバーに利用

  8. アルミニウム Aluminium 最も多い金属元素であり、一円玉やアルミホイルの原料

  9. マグネシウム Magnesium-にがりの成分から軽量化合物材料まで

  10. ナトリウム Sodium -食塩やベーキングパウダーに使用

  11. ネオン Neon -街を彩るネオンサイン

  12. フッ素 Fluorine -水をはじく?歯磨き粉や樹脂への応用

  13. 酸素 Oxygen -空気や水を構成する身近な元素

  14. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素

  15. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体

  16. ホウ素 Boron -ホウ酸だんごから耐火ガラスまで

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  2. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  3. エノキサシン:Enoxacin
  4. 【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–
  5. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  6. 分子研 大学院説明会・体験入学説明会 参加登録受付中!
  7. 化学コミュニケーション賞2023、候補者募集中!

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP