[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースB

  1. ベックマン開裂 Beckmann Fragmentation

    概要ケトキシムのN-O開裂を駆動力としてカチオン性転位を進行させる反応(ベックマン転位)において、オキシムα位置換基がカルボカチオンを安定化させる場合、ニトリルとカルボカチオンを与える開裂反応が競合する。これをベックマン開裂(Beckm…

  2. ブンテ塩~無臭の含硫黄ビルディングブロック~

    ブンテ塩はR-S2O3-の構造を持つ有機硫黄化合物(塩)の総称で、カテネーションを起こしたS-S結合…

  3. tert-ブトキシカルボニル保護基 Boc Protecting Group

    概要tert-ブトキシカルボニル(tert-butoxycarbonyl, Boc)基は、カルバ…

  4. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz Pyridine Synthesis

    概要エナミンとエチニルケトンを縮合させることでできるアミノジエン中間体から環化を起こすことでピリ…

  5. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis

    概要エポキシドをアジドで開環後、トリフェニルホスフィンを作用させ立体特異的にアジリジンを得る…

  6. バートン脱アミノ化 Barton Deamination

  7. 生体共役反応 Bioconjugation

  8. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis

  9. バートン・ケロッグ反応 Barton-Kellogg Reaction

  10. ビンゲル反応 Bingel Reaction

  11. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent

  12. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement

  13. ベンザイン Benzyne

  14. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction

  15. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule

  16. ベティ反応 Betti Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法
  2. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  3. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発
  4. Merck 新しい不眠症治療薬承認申請へ
  5. 添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化
  6. 第27回 国際複素環化学会議 (27th ISHC)
  7. 第96回―「発光機能を示す超分子・ナノマテリアル」Luisa De Cola教授

注目情報

最新記事

工業生産モデルとなるフロー光オン・デマンド合成システムの開発に成功!:クロロホルムを”C1原料”として化学品を連続合成

第450回のスポットライトリサーチは、神戸大学大学院理学研究科化学専攻 津田研究室の岡田 稜海 (お…

【太陽ホールディングス】新卒採用情報(2024卒)

私たちは「楽しい社会を実現する」という経営理念をもとに事業分野を広げ、世界をリードする総合化学企業と…

進む分析機器の開発

がん研究会がんプレシジョン医療研究センターの芳賀淑美主任研究員、植田幸嗣プロジェクトリーダーらの研究…

無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功

第449回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(椴山グループ)5年…

熱化学電池の蘊奥を開く-熱を電気に変える電解液の予測設計に道-

第448回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 工学院 機械系 機械コース 村上陽一研究室の長 …

PAGE TOP