[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースB

  1. tert-ブトキシカルボニル保護基 Boc Protecting Group

    概要tert-ブトキシカルボニル(tert-butoxycarbonyl, Boc)基は、カルバメート形成によってアミンの保護目的に多用される。特にアミンの保護基としては第一選択として用いられる。場合によってはアルコールやフェノールの保…

  2. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz Pyridine Synthesis

    概要エナミンとエチニルケトンを縮合させることでできるアミノジエン中間体から環化を起こすことでピリ…

  3. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis

    概要エポキシドをアジドで開環後、トリフェニルホスフィンを作用させ立体特異的にアジリジンを得る…

  4. バートン脱アミノ化 Barton Deamination

    概要アミンをイソニトリルに変換後、ラジカル還元条件で脱アミノ化を行う手法。…

  5. 生体共役反応 Bioconjugation

    概要生体共役反応(Bioconjugation)とは、2つの生体関連分子を共有結…

  6. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis

  7. バートン・ケロッグ反応 Barton-Kellogg Reaction

  8. ビンゲル反応 Bingel Reaction

  9. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent

  10. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement

  11. ベンザイン Benzyne

  12. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction

  13. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule

  14. ベティ反応 Betti Reaction

  15. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction

  16. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement

スポンサー

ピックアップ記事

  1. クラウド版オフィススイートを使ってみよう
  2. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  3. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  4. 2014年ケムステ記事ランキング
  5. 試薬会社にみるノーベル化学賞2010
  6. 酵素による光学分割 Enzymatic Optical Resolution
  7. Side Reactions in Organic Synthesis II

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

PAGE TOP