[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベースB

  1. tert-ブトキシカルボニル保護基 Boc Protecting Group

    概要tert-ブトキシカルボニル(tert-butoxycarbonyl, Boc)基は、カルバメート形成によってアミンの保護目的に多用される。特にアミンの保護基としては第一選択として用いられる。場合によってはアルコールやフェノールの保…

  2. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz Pyridine Synthesis

    概要エナミンとエチニルケトンを縮合させることでできるアミノジエン中間体から環化を起こすことでピリ…

  3. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis

    概要エポキシドをアジドで開環後、トリフェニルホスフィンを作用させ立体特異的にアジリジンを得る…

  4. バートン脱アミノ化 Barton Deamination

    概要アミンをイソニトリルに変換後、ラジカル還元条件で脱アミノ化を行う手法。…

  5. 生体共役反応 Bioconjugation

    概要生体共役反応(Bioconjugation)とは、2つの生体関連分子を共有結…

  6. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis

  7. バートン・ケロッグ反応 Barton-Kellogg Reaction

  8. ビンゲル反応 Bingel Reaction

  9. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent

  10. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement

  11. ベンザイン Benzyne

  12. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction

  13. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule

  14. ベティ反応 Betti Reaction

  15. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction

  16. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アルゴン (argon; Ar)
  2. MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察
  3. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander
  4. 二酸化塩素と光でプラスチック表面を機能化
  5. チャンパック・チャッタージー Champak Chatterjee
  6. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授
  7. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足

注目情報

最新記事

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

PAGE TOP