[スポンサーリンク]

B

ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz Pyridine Synthesis

概要

エナミンとエチニルケトンを縮合させることでできるアミノジエン中間体から環化を起こすことでピリジン環が合成できる。

基本文献

<review>

反応機構

Bohlman_Rahtz_2

反応例

Promothiocin Aの全合成[1]

Bohlman_Rahtz_3

 

参考文献

  1. Bagley, M. C.; Bashford, K. E.; Hesketh, C. L.; Moody, C. J. J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 3301. DOI: 10.1021/ja994247b

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 超音波有機合成 Sonication in Organic Sy…
  2. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupli…
  3. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demer…
  4. カチオン重合 Cationic Polymerization
  5. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrro…
  6. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  7. トロスト酸化 Trost Oxidation
  8. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 学会風景2001
  2. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  3. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】
  4. 「社会との関係を見直せ」とはどういうことか
  5. クロスカップリング反応関連書籍
  6. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty
  7. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③
  8. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド:Carbonyltris(triphenylphosphine)rhodium(I) Hydride
  9. BTQBT : BTQBT
  10. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に期待

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

PAGE TOP