[スポンサーリンク]

B

ビンゲル反応 Bingel Reaction

 

概要

α-ブロモマロン酸エステルを用いるフラーレンの修飾反応。ヨウ素や四臭化炭素などを共存させることで、ハロゲン化されてないマロン酸エステルも反応させることが可能。

基本文献

 

反応機構

Bingel_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  2. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…
  3. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  4. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quin…
  5. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxind…
  6. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cr…
  7. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyau…
  8. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazol…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  2. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に
  3. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  4. ギンコライド ginkgolide
  5. 求核剤担持型脱離基 Nucleophile-Assisting Leaving Groups (NALGs)
  6. セブンシスターズについて① ~世を統べる資源会社~
  7. IBX酸化 IBX Oxidation
  8. フラクタルな物質、見つかる
  9. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?
  10. 化学系学生のための就活2019

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

PAGE TOP