[スポンサーリンク]

B

ビンゲル反応 Bingel Reaction

 

概要

α-ブロモマロン酸エステルを用いるフラーレンの修飾反応。ヨウ素や四臭化炭素などを共存させることで、ハロゲン化されてないマロン酸エステルも反応させることが可能。

基本文献

 

反応機構

Bingel_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …
  2. バルツ・シーマン反応 Balz-Schiemann Reacti…
  3. モヴァッサージ脱酸素化 Movassaghi Deoxigena…
  4. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photored…
  5. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  6. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebesk…
  7. IBX酸化 IBX Oxidation
  8. アニオン重合 Anionic Polymerization

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  2. グロブ開裂 Grob Fragmentation
  3. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  4. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activation
  5. デルフチバクチン (delftibactin)
  6. メタンハイドレート めたんはいどれーと methane hydrate
  7. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  8. セブンシスターズについて① ~世を統べる資源会社~
  9. 透明なカニ・透明な紙:バイオナノファイバーの世界
  10. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

銀カルベノイドの金属特性を活用したフェノール類の不斉脱芳香族化反応

第120回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院医学薬学府 薬化学研究室(根本哲宏教授) 博士後…

宮坂 力 Tsutomu Miyasaka

宮坂 力 (みやさか つとむ、1954年-)は、日本のエネルギー化学・物理化学者である。国際的な通称…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

9月20日に、クラリベイト・アナリティクス社から2017年の引用栄誉賞が発表されました。昨年までのト…

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP