[スポンサーリンク]


スイス

  1. 第114回―「水生システムにおける化学反応と環境化学」Kristopher McNeill教授

    第114回の海外化学者インタビューは、クリストファー・マクネイル教授です。ミネソタ大学化学科に所属し、水生システムの環境化学を研究しています(訳注:現在はスイス連邦工科大学チューリッヒ校に所属)。それではインタビューをどうぞ。 (さ…

  2. ストリゴラクトン類縁体の構造活性相関研究 ―海外企業ポスドク―

    ケムステ海外研究記の第40回目は、先日までSyngenta AG(シンジェンタ)に留学されていた吉村…

  3. 「ヨーロッパで修士号と博士号を取得する」 ―ETH Zürichより―

    第37回目のケムステ海外研究記は2017年に修士の学位をETH Zurichで取得し、現在はPh.D…

  4. トンネル効果が支配する有機化学反応

    ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(…

  5. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Francesco Stellacci教授

    第66回の海外化学者インタビューは、フランセスコ・ステラッチ教授です。マサチューセッツ工科大学(訳注…

  6. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

  7. スイスに留学するならこの奨学金 -Swiss Government Excellence Scholarshipsー

  8. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

  9. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

  10. スイスでポスドクはいかが?

  11. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編

  12. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

  13. 海外のインターンに参加してみよう

  14. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

  15. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

  16. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 05年:石油化学は好調、化工全体では利益縮小
  2. 岸義人先生来学
  3. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む
  4. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  5. 有機アジド(3):アジド導入反応剤
  6. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  7. 電子雲三次元ガラス彫刻NEBULAが凄い!

注目情報

最新記事

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

PAGE TOP