[スポンサーリンク]


スイス

  1. 第176回―「物質表面における有機金属化学」Christophe Copéret教授

    第176回の海外化学者インタビューは、クリストフ・コペレ教授です。スイス連邦工科大学チューリヒ校化学科に所属し、触媒作用、分子認識、イメージング、マイクロエレクトロニクスに応用可能な機能性材料の研究を行っています。それではインタビューをどう…

  2. 第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

    第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

  3. 第162回―「天然物の合成から作用機序の解明まで」Karl Gademann教授

    第162回の海外化学者インタビューは、カール・ゲイドマン教授です。バーゼル大学の有機化学教授であり(…

  4. 第114回―「水生システムにおける化学反応と環境化学」Kristopher McNeill教授

    第114回の海外化学者インタビューは、クリストファー・マクネイル教授です。ミネソタ大学化学科に所属し…

  5. ストリゴラクトン類縁体の構造活性相関研究 ―海外企業ポスドク―

    ケムステ海外研究記の第40回目は、先日までSyngenta AG(シンジェンタ)に留学されていた吉村…

  6. 「ヨーロッパで修士号と博士号を取得する」 ―ETH Zürichより―

  7. トンネル効果が支配する有機化学反応

  8. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Francesco Stellacci教授

  9. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

  10. スイスに留学するならこの奨学金 -Swiss Government Excellence Scholarshipsー

  11. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

  12. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

  13. スイスでポスドクはいかが?

  14. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編

  15. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

  16. 海外のインターンに参加してみよう

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 相田 卓三 Takuzo Aida
  2. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  3. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  4. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry
  5. CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形
  6. 配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン
  7. 結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?

注目情報

最新記事

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

PAGE TOP