[スポンサーリンク]


スイス

  1. 第114回―「水生システムにおける化学反応と環境化学」Kristopher McNeill教授

    第114回の海外化学者インタビューは、クリストファー・マクネイル教授です。ミネソタ大学化学科に所属し、水生システムの環境化学を研究しています(訳注:現在はスイス連邦工科大学チューリッヒ校に所属)。それではインタビューをどうぞ。 (さ…

  2. ストリゴラクトン類縁体の構造活性相関研究 ―海外企業ポスドク―

    ケムステ海外研究記の第40回目は、先日までSyngenta AG(シンジェンタ)に留学されていた吉村…

  3. 「ヨーロッパで修士号と博士号を取得する」 ―ETH Zürichより―

    第37回目のケムステ海外研究記は2017年に修士の学位をETH Zurichで取得し、現在はPh.D…

  4. トンネル効果が支配する有機化学反応

    ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(…

  5. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Francesco Stellacci教授

    第66回の海外化学者インタビューは、フランセスコ・ステラッチ教授です。マサチューセッツ工科大学(訳注…

  6. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

  7. スイスに留学するならこの奨学金 -Swiss Government Excellence Scholarshipsー

  8. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

  9. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

  10. スイスでポスドクはいかが?

  11. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編

  12. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

  13. 海外のインターンに参加してみよう

  14. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

  15. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

  16. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 軸不斉のRとS
  2. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”
  3. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請
  4. 赤外光で分子の結合を切る!
  5. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法
  6. 北エステル化反応 Kita Esterification
  7. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride

注目情報

最新記事

湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 2

Tshozoです。前回の続き、②リチウムイオン電池についてです。なおこの関連の技術は進化が非常に早く…

PAGE TOP