[スポンサーリンク]


スイス

  1. 第162回―「天然物の合成から作用機序の解明まで」Karl Gademann教授

    第162回の海外化学者インタビューは、カール・ゲイドマン教授です。バーゼル大学の有機化学教授であり(訳注:現在はチューリヒ大学化学科に所属)、天然物の合成と生物学的特性に関する研究を行っています。それではインタビューをどうぞ。 (さ…

  2. 第114回―「水生システムにおける化学反応と環境化学」Kristopher McNeill教授

    第114回の海外化学者インタビューは、クリストファー・マクネイル教授です。ミネソタ大学化学科に所属し…

  3. ストリゴラクトン類縁体の構造活性相関研究 ―海外企業ポスドク―

    ケムステ海外研究記の第40回目は、先日までSyngenta AG(シンジェンタ)に留学されていた吉村…

  4. 「ヨーロッパで修士号と博士号を取得する」 ―ETH Zürichより―

    第37回目のケムステ海外研究記は2017年に修士の学位をETH Zurichで取得し、現在はPh.D…

  5. トンネル効果が支配する有機化学反応

    ケムステ海外研究記の第35回目は、Justus Liebig University Giessen(…

  6. 第66回―「超分子集合体と外界との相互作用を研究する」Francesco Stellacci教授

  7. 「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

  8. スイスに留学するならこの奨学金 -Swiss Government Excellence Scholarshipsー

  9. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

  10. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

  11. スイスでポスドクはいかが?

  12. とある化学者の海外研究生活:スイス留学編

  13. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

  14. 海外のインターンに参加してみよう

  15. ICMSE International Conference on Molecular Systems Engineering

  16. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マッテソン増炭反応 Matteson Homologation
  2. ターボグリニャール試薬
  3. 小スケール反応での注意点 失敗しないための処方箋
  4. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教授
  5. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  6. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  7. 不斉ディールス・アルダー反応 Asymmetric Diels-Alder Reaction

注目情報

最新記事

アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天然でも希少なSP11タンパク質の立体構造予測を踏まえて

第340回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院農学生命科学研究科の森脇 由隆…

オンライン講演会に参加してみた~学部生の挑戦記録~

hodaです。講演会やシンポジウムのオンライン化によって学部生でもいろいろな講演会にボタンひとつで参…

令和3年度に登録された未来技術遺産が発表 ~フィッシャー・トロプシュ法や記憶媒体に関する資料が登録~

国立科学博物館は、平成20年度から重要科学技術史資料(愛称:未来技術遺産)の登録を実施しています。令…

企業研究者のためのMI入門②:Pythonを学ぶ上でのポイントとおすすめの参考書ご紹介

現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)による生産性向上を試みています。特に化学メ…

女子の強い味方、美味しいチョコレート作りを助ける化合物が見出される

チョコレートの製造過程でリン脂質分子を添加するという方法を用いれば、複雑なテンパリング(加熱・せん断…

PAGE TOP