[スポンサーリンク]

一般的な話題

Swiss Government Excellence Scholarships for Foreign Scholars

皆様、海外学振の結果はいかがだったでしょうか?受かりましたか?おめでとうございます。その優れた研究計画の邁進のためこれからも頑張ってください。現在の研究をまとめるためにお忙しくされていると思われるので、この記事を読む必要はありません。次回の記事を楽しみにしていてください。

残念なお知らせを受け取った方、ぜひこの記事を読んでください。もしかしたら役に立つかもしれません。私も出し損じたので現在別の奨学金の申請書を書いていますが、お互い頑張りましょう。

概要

スイス政府は学術の振興のため、1961年より博士課程の学生または博士を取得後、博士研究員として研究に従事する優秀な外国人を招聘し、研究の発展につなげられるように奨学金制度Swiss Government Excellence Scholarships for Foreign Scholars and Artistsを設計、運営してきました。本年度も11月半ばを締切日とした来年度の招聘制度の概要が発表されました。(この奨学金、他の奨学金に比べてかなり締め切りが遅いです。)

本奨学金制度は12か月(研究生及び博士研究員 (PD)、博士学生 (PhD)は36か月)ですのでほとんどの場合、まともな研究をするには時間不足となると思われます。ですが、実際のところ、一年間である程度の成績が得られれば、研究室の資金にて雇用される場合がほとんどかと 思いますのでそれほど心配せず、応募してみるのをお勧めします。

給与とその他サポート

肝心の給与ですが、月々3500フラン(PDの場合、研究生とPhDの場合は1920フラン)なので、まとまった額の支給があるHFSPやMarie Currie(締め切りは2018年9月14日です)、ETH fellowship、海外学振、などに比べると見劣りするのは確かですが、十分に暮らしていけるだけの給与かと思います。また奨学金の特典として、額や保険の契約条件についての詳細は分かりませんが、スイスでは高額な基本的な健康保険のフルサポートが受けられます。また、スイスの公共交通機関が半額になるカード一年分(PD, PhD, 研究生対象で年間約200フラン)、母国とスイスとの往復の航空券の支給などが受けられるほか、年に数回のソーシャルイベント(ハイキング、クリスマスディナー、湖のクルージングなど)などがありますが、学会費用や扶養手当などのサポートはありません。PhDやPDの場合、給与の額がほかの学生に比べて2000フランほど安いので、おそらく教授とのネゴシエーション次第では給与の上乗せをお願いすることができるかと思いますが、その可能性に関しては奨学金団体と受け入れ研究者に直接問い合わせるようにしてください。(注)

応募の条件として、グラントの開始は来年度2019年9月からですので2019年の8月までにPhDの学位を取得している必要があります。それ以外の概要に関してはほかのグラントと同様です。日本人は例年かなり応募者が少ないと思われますので、(ここで宣伝しちゃった結果みんなが応募したらどうなるか分かりませんが)見込みはあるのではないでしょうか?

 

2019-2020の応募書類のダウンロードはこちらのリンクもしくは奨学金のwebpageの国別要綱よりどうぞ。応募受付開始は2018年8月27日、締切日は2018年11月16日です。

参考までに

以下に候補となりそうな大学を貼っておきます。ご参考ください。また、スイスの大学に関しては海外留学研究記でも数多く取り上げられていますのでそちらもご参照ください。研究室の応募の際は過去のケムステ記事等をご参考ください。

実際のところ、スイスは研究施設の面では金が有り余ってるので全く不自由することが無いことがほとんどだと思いますが、研究室によって予算状況は異なります。普通は少しでもお金を持ってきてくれる場合、ラボのPIは給与も補填してくれるのですが、究極的には彼ら次第なので気を付けてください。もし心配な場合で、追加の給与が可能か聞きたい場合は、例えばAccording to the website of ETH (salary ETH PhD でけ検索してください) about the salary in Swiss university, chemistry students are paid roughly 4000 CHF per month. However, this scholarship only offers 1920CHF per month and I would like to ask you whether this amount is enough for (1) living in Switzerland as a PhD student and (2) the acquisition of the working permit. といった感じで話を聞けば大丈夫でしょう。受け入れが決まったのちにボスに直接聞いてみるのが最善かと思います。正直1920 CHFで暮らすのは結構カツカツかと思いますのでその点は普通の感覚をもつボスなら理解してくれるかと思います。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.

Gakushi

スイスでPh.Dの学生をしています。ハンドルネームはGakushiですが、修士号を持っています。博士号をとって、Hakaseになる予定です(なりたいです)。

関連記事

  1. 第3のエネルギー伝達手段(MTT)により化学プラントのデザインを…
  2. 鉄錯体による触媒的窒素固定のおはなし-2
  3. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎…
  4. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: …
  5. 【速報】2017年のノーベル生理学・医学賞は「概日リズムを制御す…
  6. エチレンを離して!
  7. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  8. 窒素固定をめぐって-1

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  2. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に
  3. PdCl2(dppf)
  4. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より
  5. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  6. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013
  7. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-
  8. 高圧ガス甲種化学 受験体験記① ~概要・申し込み~
  9. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Synthesis
  10. 抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺伝子発見

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

PAGE TOP