[スポンサーリンク]


パラジウム

  1. アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

    パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキラル配向基を用いることでエナンチオ選択的に反応が進行する。アルケンのヒドロアリール化反応パラジウム触媒存在下、芳香族ハロゲン化物とア…

  2. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

  3. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

    第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

  4. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

  5. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

    2019年新年1回目、トータルで第176回のスポットライトリサーチは、北海道大学工学研究院の伊藤肇研…

  6. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

  7. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  8. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明

  9. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

  10. パラジウム価格上昇中

  11. ピーナッツ型分子の合成に成功!

  12. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  13. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

  14. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  15. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ

  16. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 理研も一般公開するよ!!
  2. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授
  3. 陶磁器釉の構造入門-ケイ酸、アルカリ金属に注目-
  4. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」
  5. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  6. スローン賞って知っていますか?
  7. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました

注目情報

最新記事

パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

合成装置といえばなにを思い浮かべるでしょうか?いま話題のロボット科学者?それともカップリング…

湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

PAGE TOP