[スポンサーリンク]


パラジウム

  1. ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

    gem-ジフルオロシクロプロパンを原料としたbranch選択的なモノフルオロアルケン合成法が開発された。嵩高い配位子と求核剤としてヒドラゾンを用いたことが本反応の鍵である。位置選択的なモノフルオロアルケン合成モノフルオロアルケンはア…

  2. ジアルキル基のC–H結合をつないで三員環を作る

    gem-ジアルキル基をもつハロゲン化アリールからのシクロプロパン合成法が開発された。パラジウム触媒、…

  3. アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

    パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

  4. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

  5. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

    第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

  6. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

  7. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

  8. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

  9. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  10. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明

  11. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

  12. パラジウム価格上昇中

  13. ピーナッツ型分子の合成に成功!

  14. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  15. キラルアニオン相間移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

  16. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. インタビューリンクー住化廣瀬社長、旭化成藤原社長
  2. Ph.D. Comics – Piled Higher and Deeper
  3. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  4. 第41回―「クロム錯体のユニークな触媒活性と反応性を解明する」Klaus Theopold教授
  5. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する
  6. 第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授
  7. 有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

PAGE TOP