[スポンサーリンク]


パラジウム

  1. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

    第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神田さんは修士課程から名古屋大学大学院理学研究科・野依特別研究室に所属し、今回紹介するお仕事のキーマンとして活躍されました。すぐさま壊れてしま…

  2. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

  3. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

    2019年新年1回目、トータルで第176回のスポットライトリサーチは、北海道大学工学研究院の伊藤肇研…

  4. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

    ヨウ化アリールの選択的クロスカップリングが報告された。新規カチオン性三核パラジウム触媒を用いることで…

  5. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

    2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

  6. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明

  7. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

  8. パラジウム価格上昇中

  9. ピーナッツ型分子の合成に成功!

  10. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  11. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

  12. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  13. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ

  14. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

  15. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する

  16. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 【速報】2010年ノーベル生理医学賞決定ーケンブリッジ大のエドワード氏
  2. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  3. アッペル反応 Appel Reaction
  4. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjaszewski
  5. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  6. 有機テルル媒介リビングラジカル重合 Organotellurium-mediated Living Radical Polymerization (TERP)
  7. NEC、デスクトップパソコンのデータバックアップが可能な有機ラジカル電池を開発

注目情報

最新記事

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

PAGE TOP