[スポンサーリンク]


パラジウム

  1. ジアルキル基のC–H結合をつないで三員環を作る

    gem-ジアルキル基をもつハロゲン化アリールからのシクロプロパン合成法が開発された。パラジウム触媒、塩基としてピバル酸カリウムを作用させるだけで、二つの分子内C–H結合活性化が進行する。C–H活性化によるシクロプロパン合成シクロプロ…

  2. アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

    パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

  3. ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

    ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

  4. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

    第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

  5. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

  6. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

  7. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

  8. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

  9. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明

  10. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

  11. パラジウム価格上昇中

  12. ピーナッツ型分子の合成に成功!

  13. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  14. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

  15. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  16. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. “匂いのゴジラ”の無効化
  2. 塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”
  3. ヴァリンダー・アガーウォール Varinder K. Aggarwal
  4. トム・マイモニ Thomas J. Maimone
  5. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性
  6. ケムステスタッフ Zoom 懇親会を開催しました【前編】
  7. ファン・ロイゼン試薬 van Leusen Reagent (TosMIC)

注目情報

最新記事

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

PAGE TOP