[スポンサーリンク]


パラジウム

  1. シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

    第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神田さんは修士課程から名古屋大学大学院理学研究科・野依特別研究室に所属し、今回紹介するお仕事のキーマンとして活躍されました。すぐさま壊れてしま…

  2. アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

  3. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応

    2019年新年1回目、トータルで第176回のスポットライトリサーチは、北海道大学工学研究院の伊藤肇研…

  4. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする

    ヨウ化アリールの選択的クロスカップリングが報告された。新規カチオン性三核パラジウム触媒を用いることで…

  5. パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

    2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

  6. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明

  7. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

  8. パラジウム価格上昇中

  9. ピーナッツ型分子の合成に成功!

  10. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

  11. キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

  12. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  13. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ

  14. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

  15. パラジウム触媒の力で二酸化炭素を固定する

  16. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法
  2. ククルビットウリル Cucurbituril
  3. IBM,high-k絶縁膜用ハフニウムの特性解析にスパコン「Blue Gene」を活用
  4. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe
  5. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  6. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  7. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(2年目)

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

PAGE TOP