[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

[スポンサーリンク]

  ダイセル化学工業は、有機合成カンパニーが扱う全製品について5月1日出荷分から値上げする方針を決めた。酢酸エチル、酢酸ブチルなど溶剤類を含めた有機合成品、また有機機能品のラクトン製品を中心とする過酢酸誘導体全般で、今後、需要家との交渉に入る。国産ナフサ価格が1キロリットル当たり5万6000円以上の水準に達する見込みのほか、ユーティリティコストも高騰していることなどが理由。これまでの取りこぼし分も含めて製品価格に転嫁する(引用:化学工業日報)。

 ナフサの予想価格が50,000円/kLであったのに対して(実際は48,000円/kLであった。)今年の予想は56,000/kLと6,000円も高騰していることが原因です。今後もしばらく石油化学製品価格は上昇していくことでしょう。

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学遺産スロイス『舎密学』とグリフィス『化学筆記』が展示へ
  2. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料
  3. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  4. 富山化学とエーザイ 抗リウマチ薬(DMARD)T-614を国内申…
  5. オカモトが過去最高益を記録
  6. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ
  7. 白い粉の正体は…入れ歯洗浄剤
  8. 地位確認求め労働審判

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 肥満防止の「ワクチン」を開発 米研究チーム
  2. ヘロナミドA Heronamide A
  3. 日米の研究観/技術観の違い
  4. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  5. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  6. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1,2-/1,3-diol
  7. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  8. アメリカの大学院で学ぶ「提案力」
  9. Gabriel試薬類縁体
  10. シェリル・サイ Shiou-Chuan (Sheryl) Tsai

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

金属イオン認識と配位子交換の順序を切替えるホスト分子

第243回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系(秋根研究室)・酒田陽子 准教授…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP