[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ

[スポンサーリンク]

  ダイセル化学工業は、有機合成カンパニーが扱う全製品について5月1日出荷分から値上げする方針を決めた。酢酸エチル、酢酸ブチルなど溶剤類を含めた有機合成品、また有機機能品のラクトン製品を中心とする過酢酸誘導体全般で、今後、需要家との交渉に入る。国産ナフサ価格が1キロリットル当たり5万6000円以上の水準に達する見込みのほか、ユーティリティコストも高騰していることなどが理由。これまでの取りこぼし分も含めて製品価格に転嫁する(引用:化学工業日報)。

 ナフサの予想価格が50,000円/kLであったのに対して(実際は48,000円/kLであった。)今年の予想は56,000/kLと6,000円も高騰していることが原因です。今後もしばらく石油化学製品価格は上昇していくことでしょう。

関連リンク

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  2. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  3. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反̶…
  4. ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【201…
  5. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  6. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  7. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  8. 住友化学、イスラエルのスタートアップ企業へ出資 ~においセンサー…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新たな環状スズ化合物の合成とダブルカップリングへの応用
  2. スナップ試薬 SnAP Reagent
  3. 虫歯とフッ素のお話② ~歯磨き粉のフッ素~
  4. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Reaction
  5. 学生に化学論文の書き方をどうやって教えるか?
  6. 赤外光で分子の結合を切る!
  7. ケージド化合物 caged compound
  8. Handbook of Reagents for Organic Synthesis: Reagents for Heteroarene Functionalization
  9. 甲種危険物取扱者・合格体験記~Webmaster編
  10. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始

日刊工業新聞社とモノづくり日本会議は、理工系学生(大学生・修士課程の大学院生、工業高等専門学校生)を…

みんなおなじみ DMSO が医薬品として承認!

2021年1月22日、間質性膀胱炎治療薬ジメチルスルホキシド (商品名ジムソ膀胱内注…

中山商事のWebサイトがリニューアル ~キャラクターが光る科学の総合専門商社~

中山商事株式会社のWebサイトがリニューアルされました。新サイトは、オリジナルキャラクタ達がお迎えし…

光触媒水分解材料の水分解反応の活性・不活性点を可視化する新たな分光測定手法を開発

第325回のスポットライトリサーチは、中央大学大学院 応用化学専攻 分光化学システム研究室(片山研究…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

アレーン三兄弟をキラルな軸でつなぐ

パラジウム/キラルノルボルネン触媒によるヨードアレーンとブロモアレーン、およびアリールボラートとのア…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP