[スポンサーリンク]


フッ素

  1. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱いが成されます。これを医薬構造中に入れこむことで、薬効を調節したり、疎水性を高めたり、代謝安定性を改善したり、動態追跡のPET応用に…

  2. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教に…

  3. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  4. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

    第158回のスポットライトリサーチは、名古屋工業大学工学部・斉藤 拓弥(さいとう たくや)さんにお願…

  5. トーマス・レクタ Thomas Lectka

    トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

  6. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

  7. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  8. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発

  9. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  10. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用

  11. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成

  12. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation

  13. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  14. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  15. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

  16. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う
  2. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  3. 液体ガラスのフシギ
  4. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement
  5. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  6. 文化勲章・受章化学者一覧
  7. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

PAGE TOP