[スポンサーリンク]


フッ素

  1. Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

    第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士にお願いしました。含フッ素化合物は医農薬・材料分野で高い需要があるため、効率的な合成法が求められています。特にgem-ジフルオロアル…

  2. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

    第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

  3. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

    第239回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・南保 正和 特…

  4. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱…

  5. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教に…

  6. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

  7. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

  8. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  9. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

  10. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  11. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発

  12. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  13. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用

  14. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成

  15. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation

  16. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 大量合成も可能なシビれる1,2-ジアミン合成法
  2. 【速報】Mac OS X Lionにアップグレードしてみた
  3. 化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編
  4. 有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド
  5. 新奇蛍光分子トリアザペンタレンの極小蛍光標識基への展開
  6. ステープルペプチド Stapled Peptide
  7. ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

PAGE TOP