[スポンサーリンク]


フッ素

  1. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱いが成されます。これを医薬構造中に入れこむことで、薬効を調節したり、疎水性を高めたり、代謝安定性を改善したり、動態追跡のPET応用に…

  2. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教に…

  3. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  4. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

    第158回のスポットライトリサーチは、名古屋工業大学工学部・斉藤 拓弥(さいとう たくや)さんにお願…

  5. トーマス・レクタ Thomas Lectka

    トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

  6. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

  7. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  8. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発

  9. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  10. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用

  11. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成

  12. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation

  13. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  14. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  15. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

  16. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  2. 金よりも価値のある化学者の貢献
  3. メールのスマートな送り方
  4. 新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!
  5. 「人工タンパク質ケージを操る」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Hilvert研より
  6. 韮山反射炉
  7. 元素名と中国語

注目情報

最新記事

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

PAGE TOP