[スポンサーリンク]


フッ素

  1. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱いが成されます。これを医薬構造中に入れこむことで、薬効を調節したり、疎水性を高めたり、代謝安定性を改善したり、動態追跡のPET応用に…

  2. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教に…

  3. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  4. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

    第158回のスポットライトリサーチは、名古屋工業大学工学部・斉藤 拓弥(さいとう たくや)さんにお願…

  5. トーマス・レクタ Thomas Lectka

    トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

  6. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

  7. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  8. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発

  9. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  10. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用

  11. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成

  12. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation

  13. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  14. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  15. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

  16. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2019年5月号:特集号 ラジカル種の利用最前線
  2. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  3. デヴィッド・ミルステイン David Milstein
  4. テッベ試薬 Tebbe Reagent
  5. YMC研究奨励金当選者の声
  6. 塩野義製薬/米クレストール訴訟、控訴審でも勝訴
  7. 学部4年間の教育を振り返る

注目情報

最新記事

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー

第212回のスポットライトリサーチは、信州大学線維学部 化学・材料学科 ・風間 茜さん にお願いしま…

熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

Scientists at Rice University in Texas have develo…

PAGE TOP