[スポンサーリンク]


フッ素

  1. C–C, C–F, C–Nを切ってC–N, C–Fを繋げるβ-フルオロアミン合成

    パラジウム触媒を用いた、アジリジンの二官能基化によってβ-フルオロアミンが合成された。β-フッ素脱離およびフッ素の配位子移動によるアジリジンの開環が鍵である。アジリジンの二官能基化によるβ-フルオロアミンの合成β-フルオロアミンは、…

  2. 全フッ素置換シクロプロピル化試薬の開発

    ペンタフルオロシクロプロピル(PFCP)基をもつ新たなスルホニウム塩が開発された。本試薬を用いた可視…

  3. 第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

    第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

  4. 全フッ素化カーボンナノリングの合成

    第401回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科 有機化学研究室(伊丹研究室) 博士…

  5. 芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

    第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

  6. フッ素のチカラで光学分割!?〜配向基はじめました〜

  7. 狙いを定めて、炭素-フッ素結合の変換!~光触媒とスズの協働作用~

  8. パーフルオロ系界面活性剤のはなし ~規制にかかった懸念物質

  9. ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

  10. 虫歯とフッ素のお話② ~歯磨き粉のフッ素~

  11. 虫歯とフッ素のお話① ~どうして歯磨きにフッ素が使われるの??~

  12. Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

  13. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

  14. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

  15. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

  16. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. マイクロ波による事業創出やケミカルリサイクルについて/マイクロ波化学(株)9月度ウェビナー
  2. プロセス化学ー合成化学の限界に挑戦するー
  3. 典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化
  4. ホウ素と窒素で何を運ぶ?
  5. 無金属、温和な条件下で多置換ピリジンを構築する
  6. ヒト胚研究、ついに未知領域へ
  7. 化学探偵Mr.キュリー8

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP