[スポンサーリンク]


フッ素

  1. 第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

    第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、珍しい有機物(安定なものと短寿命なもの)の合成と化学、および有機反応のメカニズムについて研究しています。それではインタビューをどうぞ。…

  2. 全フッ素化カーボンナノリングの合成

    第401回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科 有機化学研究室(伊丹研究室) 博士…

  3. 芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

    第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

  4. フッ素のチカラで光学分割!?〜配向基はじめました〜

    ジフルオロメチレン基をもつアルコールの触媒的速度論的光学分割法が報告された。ジフルオロメチレン基が配…

  5. 狙いを定めて、炭素-フッ素結合の変換!~光触媒とスズの協働作用~

    第337回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科(安田研究室)・杉原尚季さんにお願いし…

  6. パーフルオロ系界面活性剤のはなし ~規制にかかった懸念物質

  7. ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

  8. 虫歯とフッ素のお話② ~歯磨き粉のフッ素~

  9. 虫歯とフッ素のお話① ~どうして歯磨きにフッ素が使われるの??~

  10. Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

  11. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

  12. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

  13. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

  14. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

  15. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

  16. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?
  2. テトラメチルアンモニウム (tetramethylammonium)
  3. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  4. 海外で開発された強靭なソフトマテリアル
  5. 無保護アミン類の直接的合成
  6. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  7. 深共晶溶媒 Deep Eutectic Solvent

注目情報

最新記事

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

越野 広雪 Hiroyuki Koshino

越野 広雪(こしの ひろゆき)は、NMRやマススペクトルなどのもとにした有機分子の構造解析を専門とす…

PAGE TOP