[スポンサーリンク]


フッ素

  1. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

    第239回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・南保 正和 特任講師にお願いしました。フッ素を含む化合物は、分子のサイズを大きく変えることなく、電子特性・物性を大幅に調節できるため、医薬・材料双…

  2. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

    フッ素は全元素中最大の電気陰性度を有するなど、化学的物性値に外れ値を示す事が多く、元素として特殊な扱…

  3. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

    第192回目のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(王子田研究室)・進藤 直哉 助教に…

  4. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

    フッ素は全元素中で最大の電気陰性度(4.0)をもつため、C-F結合は高度に分極しており双極子的な安定…

  5. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

    第158回のスポットライトリサーチは、名古屋工業大学工学部・斉藤 拓弥(さいとう たくや)さんにお願…

  6. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  7. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

  8. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  9. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発

  10. フッ素をホウ素に変換する触媒 :簡便なPETプローブ合成への応用

  11. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用

  12. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成

  13. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation

  14. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

  15. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

  16. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 人工タンパク質ナノブロックにより自己組織化ナノ構造を創る
  2. 二酸化セレン Selenium Dioxide
  3. 日米の研究観/技術観の違い
  4. ハロホルム反応 Haloform Reaction
  5. マックス・プランク Max Planck
  6. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson
  7. アミンの新合成法

注目情報

最新記事

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

PAGE TOP