[スポンサーリンク]


フッ素

  1. C–C, C–F, C–Nを切ってC–N, C–Fを繋げるβ-フルオロアミン合成

    パラジウム触媒を用いた、アジリジンの二官能基化によってβ-フルオロアミンが合成された。β-フッ素脱離およびフッ素の配位子移動によるアジリジンの開環が鍵である。アジリジンの二官能基化によるβ-フルオロアミンの合成β-フルオロアミンは、…

  2. 全フッ素置換シクロプロピル化試薬の開発

    ペンタフルオロシクロプロピル(PFCP)基をもつ新たなスルホニウム塩が開発された。本試薬を用いた可視…

  3. 第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

    第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

  4. 全フッ素化カーボンナノリングの合成

    第401回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科 有機化学研究室(伊丹研究室) 博士…

  5. 芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

    第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

  6. フッ素のチカラで光学分割!?〜配向基はじめました〜

  7. 狙いを定めて、炭素-フッ素結合の変換!~光触媒とスズの協働作用~

  8. パーフルオロ系界面活性剤のはなし ~規制にかかった懸念物質

  9. ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

  10. 虫歯とフッ素のお話② ~歯磨き粉のフッ素~

  11. 虫歯とフッ素のお話① ~どうして歯磨きにフッ素が使われるの??~

  12. Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

  13. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

  14. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

  15. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

  16. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation
  2. サントリー白州蒸溜所
  3. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  4. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解
  5. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  6. ティム・スワガー Timothy M. Swager
  7. 分子間相互作用によりお椀反転の遷移状態を安定化する

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

PAGE TOP