[スポンサーリンク]


フッ素

  1. 狙いを定めて、炭素-フッ素結合の変換!~光触媒とスズの協働作用~

    第337回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科(安田研究室)・杉原尚季さんにお願いしました。炭素―フッ素(C-F)結合は化学界ではもっとも強固な化学結合の一つであり、大変安定で切断が難しいものです。過去のスポットライ…

  2. パーフルオロ系界面活性剤のはなし ~規制にかかった懸念物質

    Tshozoです。先日のNHKでのニュースとは無関係に調べていた本件、思うところありオープン…

  3. ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

    gem-ジフルオロシクロプロパンを原料としたbranch選択的なモノフルオロアルケン合成法が開発され…

  4. 虫歯とフッ素のお話② ~歯磨き粉のフッ素~

    以前の記事(虫歯とフッ素のお話①)では、歯磨き粉 (歯磨剤) にフッ化物が用いられるようになった歴史…

  5. 虫歯とフッ素のお話① ~どうして歯磨きにフッ素が使われるの??~

    皆さんが普段使う歯磨き粉 (歯磨剤) の広告において、たびたび”フッ素配合”や“フッ素の力で歯を強く…

  6. Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

  7. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

  8. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~

  9. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」

  10. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン

  11. フッ素のゴーシュ効果 Fluorine gauche Effect

  12. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発

  13. トーマス・レクタ Thomas Lectka

  14. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

  15. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

  16. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞まとめ
  2. C-H結合活性化を経るラクトンの不斉合成
  3. 第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授
  4. 米国版・歯痛の応急薬
  5. ベンゼンの直接アルキル化
  6. 渡邉 峻一郎 Shun Watanabe
  7. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟

注目情報

最新記事

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

PAGE TOP