[スポンサーリンク]


フッ素

  1. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation

    概要カルボニル基への求核付加形式でパールフルオロアルキル基を導入するには、有機金属試薬にする必要がある。しかし多くは試薬の安定性に難があるため、実用性の高い条件はごく限られている。このため、現在でも研究開発余地の多い反応…

  2. 小さなフッ素をどうつまむのか

    フッ素をどう認識するのか、自然の仕組みと、人工の仕組みについて、それぞれ比較し、最近のユニークな発想を紹介します。

  3. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法

    先日、Tobias Ritter助教授の講演を聴いてきました。彼は2006年にハーバード大学でP…

  4. TFEDMA

    (さらに…)…

  5. DAST類縁体

    (さらに…)…

  6. Accufluor(NFPI-OTf)

  7. プロペランの真ん中

  8. 脱酸素的フッ素化 Deoxofluorination

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  2. 172番元素までの周期表が提案される
  3. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-Buttenberg-Wiechell Rearrangement
  4. パクリタキセル(タキソール) paclitaxel(TAXOL)
  5. JCRファーマとはどんな会社?
  6. ヘリウム不足再び?
  7. サリチル酸 (salicylic acid)

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

PAGE TOP