[スポンサーリンク]


フッ素

  1. 光触媒の力で多置換トリフルオロメチルアルケンを合成

    第8回目となるスポットライトリサーチは、東京工業大学総合理工学研究科 資源化学研究所 (穐田・吉沢研究室)、博士課程3年の富田廉さんにお願いしました。富田さんの研究テーマは、医農薬品や機能性材料の性能をアップさせうるトリフルオロメチ…

  2. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation

    概要単離保存可能なフッ化糖をグリコシルドナーとしてグリコシル化を行う手法。向山らによって開発され…

  3. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt

    有機トリフルオロボレート塩(R-BF3-)は、熱・空気・湿気に安定で扱いやすい結晶性ホウ素化合物であ…

  4. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride Exchange (SuFEx)

    概要硫黄(VI)フッ化物(R-SO2-F or SO2F2)は酸化・還元・加水分…

  5. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)

    ペルフルオロデカリンは、かつて代替血液に使われていた物質。炭素10原子とフッ素18原子からなります。

  6. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation

  7. 小さなフッ素をどうつまむのか

  8. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法

  9. TFEDMA

  10. DAST類縁体

  11. Accufluor(NFPI-OTf)

  12. プロペランの真ん中

  13. 脱酸素的フッ素化 Deoxofluorination

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 支局長からの手紙:科学と感受性 /京都
  2. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止
  3. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ①
  4. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  5. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院
  6. 第145回―「ランタニド・アクチニド化合物の合成と分光学研究」Christopher Cahill教授
  7. ベシャンプ還元 Bechamp Reduction

注目情報

最新記事

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

PAGE TOP