[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

[スポンサーリンク]

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、珍しい有機物(安定なものと短寿命なもの)の合成と化学、および有機反応のメカニズムについて研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

化学物質とその変換に興味を持ったのは、幼い頃、ChemCraftの化学セットで、カラフルな固体や液体が並んでいるのを見たときでした。その後、ニューヨークのEimer & Amendで購入した化学薬品を地下の実験室に貯蔵するようになり、家族の友人から数ポンドの塩素酸カリウムが入った瓶を譲り受けました。こうして、硫黄と木炭があれば、必要なだけ様々な火薬を自作できるようになったのです。

しかし、高校に入ると、私の興味はスポーツと女子に取って代わり、化学の授業も1コマだけだったので、ほとんど影響がありませんでした。生徒も先生も、化学物質に触れることはありませんでした。2つだけ例外があり、授業中におしゃべりしていた生徒には二酸化炭素の消火器を浴びせたり、水酸化アンモニウムをかけたりしていました。しかし、生徒からの質問に化学的な回答を出すこともなかったのです。どんな質問に対しても、「神様の思し召しだ」「大学に行けばわかるよ」と答えていました。

大学に進み、医学部志望だった私は、比較解剖学と有機化学を同時に履修していました。動物を切り刻むのは好きではありませんでしたが、「有機化合物」の研究室ではとても楽しい時間を過ごすことができました。これらの経験は、私が化学の教授になる道を開くきっかけとなりました。当時デュポン社が言っていた「Better things for better living through chemistry」も、私のキャリア選択にさらに影響をあたえました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

科学と技術は、知的景観のうち最も興味を惹かれるものでした。生物学者になれたらいいなと思っていますが、現在では化学をやることと同義ですので、別の選択が必要でしょうね。工学、特に生物医学の分野は魅力的です。顕著な成功例や将来への明るい展望があります。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

有機化学の一分野であるフルオロカーボン化学を中心とした研究を行なっています。ほとんどの有機分子の「皮膚」を形成する水素の代わりに、フッ素が使用されています。フルオロカーボンは、炭化水素系の分子とは性質や化学的挙動が大きく異なるため、人類の文化において多くの代替不可能な用途を見出すことができます。研究の究極目標は、有機分子におけるフッ素置換の効果を理解することにあります。私は共同研究者と共に、フルオロカーボンでも珍しい性質や化学的性質を示すと予想される分子、例えば、高度に歪み、エネルギーに富んだ極めて反応性の高い分子を選びます。そして、その性質や挙動を調べるべく、合成を試みます。

現在は、高度フッ素化ビシクロ[1.1.0]ブタンの合成を試みています。量子力学計算によれば、この化学結合に強いひずみがあること、フッ素置換基の特性ゆえに非常に顕著な反応性が予測されています。これらの予測を検証できることを楽しみにしています。

Q.あなたがもし、歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

マリー・キュリーがいいですね。化学と物理の両分野でノーベル賞を受賞するというのは、誰から見ても驚異的な偉業です。20世紀初頭の女性としても、驚くべき業績です。幼い頃、彼女がラジウムを発見する映画を見たことが、化学を志すきっかけになりました。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

今朝です。標的分子の合成経路における鍵反応がうまくいかず、予想外の生成物ができていました。今日の実験では、生成物を分離・精製し、構造決定をする必要がありました。それが終われば、化学反応がなぜ誤っていたのかを理解できるでしょう。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

それは、島に取り残されているのか、それとも島で贅沢をしているかによるでしょう。前者であれば、ローラ・ヒレンブランドの『Unbroken』(信じられないような困難な状況下での素晴らしいサバイバルストーリー)を持って行くでしょう。後者なら、代わりにクマーの『Quantum』にするでしょう。現実の本質をめぐるアインシュタインとニールス・ボーアの数十年にわたる論争に焦点を当てた、20世紀物理学の魅力的な歴史です。音楽アルバムなら、ブロードウェイ・ミュージカルのヒットセレクションを選ぶでしょう。

Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption (English Edition)

Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption (English Edition)

Hillenbrand, Laura
¥1,058(as of 10/05 17:21)
Release date: 2010/11/16
Amazon product information
Quantum: Einstein, Bohr and the Great Debate About the Nature of Reality (English Edition)

Quantum: Einstein, Bohr and the Great Debate About the Nature of Reality (English Edition)

Kumar, Manjit
¥1,122(as of 10/05 09:20)
Release date: 2008/10/02
Amazon product information

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

アルベルト・エッシェンモーザーです。エッシェンモーザー教授は、ビタミンB12の合成に関する非常に独創的な業績でノーベル賞を受賞し、その他にも有機合成化学や有機反応機構について多大な貢献をしました。業界で、これほど尊敬できる人物は他に居ません。

もしくは、エドワード・C・テイラーにします。現在はプリンストン大学名誉教授(Barton Hepburn Professor)ですが、イーライリリー社と共同でブロックバスター抗がん剤であるアリムタを発見し、非常に生産的かつ優れたキャリアに幕を引きました。88歳の今でも60歳とは思えないほどはつらつとしており、この人が羨ましくて仕方がありません。

 

原文:Reactions – David Lemal

※このインタビューは2011年9月23日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Pl…
  2. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教…
  3. 第171回―「超分子・機能性ナノ粒子で実現するセラノスティクス」…
  4. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de…
  5. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Rei…
  6. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授…
  7. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – G…
  8. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 続・企業の研究を通して感じたこと
  2. 安全性・耐久性・高活性を兼ね備えた次世代型スマート触媒の開発
  3. 環状ビナフチルオリゴマーの大きさが円偏光の向きを変える
  4. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より
  5. ノーベル化学賞を受けた企業人たち
  6. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  7. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene Reaction (Prins Reaction)
  8. 有機機能性色素におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  9. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  10. SelectfluorR

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

注目情報

最新記事

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

アセトアミノフェン Acetaminophen

 アセトアミノフェン (acetaminophen) は、有機化合物の一つ。海外ではパラセタ…

不安定な高分子原料を従来に比べて 50 倍安定化することに成功! ~水中での化学反応・材料合成に利用可能、有機溶媒の大幅削減による脱炭素に貢献~

第424回のスポットライトリサーチは、京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科 バイオベースマテリアル学…

【10月開催】マイクロ波化学ウェブセミナー

<内容>今月もテーマを分けて2回開催いたします。第一…

越野 広雪 Hiroyuki Koshino

越野 広雪(こしの ひろゆき)は、NMRやマススペクトルなどのもとにした有機分子の構造解析を専門とす…

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

第422回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院工学研究科 鳥本研究室の秋吉 一孝 (あきよ…

マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

開催日:2022/10/04 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP