[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

[スポンサーリンク]

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、珍しい有機物(安定なものと短寿命なもの)の合成と化学、および有機反応のメカニズムについて研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

化学物質とその変換に興味を持ったのは、幼い頃、ChemCraftの化学セットで、カラフルな固体や液体が並んでいるのを見たときでした。その後、ニューヨークのEimer & Amendで購入した化学薬品を地下の実験室に貯蔵するようになり、家族の友人から数ポンドの塩素酸カリウムが入った瓶を譲り受けました。こうして、硫黄と木炭があれば、必要なだけ様々な火薬を自作できるようになったのです。

しかし、高校に入ると、私の興味はスポーツと女子に取って代わり、化学の授業も1コマだけだったので、ほとんど影響がありませんでした。生徒も先生も、化学物質に触れることはありませんでした。2つだけ例外があり、授業中におしゃべりしていた生徒には二酸化炭素の消火器を浴びせたり、水酸化アンモニウムをかけたりしていました。しかし、生徒からの質問に化学的な回答を出すこともなかったのです。どんな質問に対しても、「神様の思し召しだ」「大学に行けばわかるよ」と答えていました。

大学に進み、医学部志望だった私は、比較解剖学と有機化学を同時に履修していました。動物を切り刻むのは好きではありませんでしたが、「有機化合物」の研究室ではとても楽しい時間を過ごすことができました。これらの経験は、私が化学の教授になる道を開くきっかけとなりました。当時デュポン社が言っていた「Better things for better living through chemistry」も、私のキャリア選択にさらに影響をあたえました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

科学と技術は、知的景観のうち最も興味を惹かれるものでした。生物学者になれたらいいなと思っていますが、現在では化学をやることと同義ですので、別の選択が必要でしょうね。工学、特に生物医学の分野は魅力的です。顕著な成功例や将来への明るい展望があります。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

有機化学の一分野であるフルオロカーボン化学を中心とした研究を行なっています。ほとんどの有機分子の「皮膚」を形成する水素の代わりに、フッ素が使用されています。フルオロカーボンは、炭化水素系の分子とは性質や化学的挙動が大きく異なるため、人類の文化において多くの代替不可能な用途を見出すことができます。研究の究極目標は、有機分子におけるフッ素置換の効果を理解することにあります。私は共同研究者と共に、フルオロカーボンでも珍しい性質や化学的性質を示すと予想される分子、例えば、高度に歪み、エネルギーに富んだ極めて反応性の高い分子を選びます。そして、その性質や挙動を調べるべく、合成を試みます。

現在は、高度フッ素化ビシクロ[1.1.0]ブタンの合成を試みています。量子力学計算によれば、この化学結合に強いひずみがあること、フッ素置換基の特性ゆえに非常に顕著な反応性が予測されています。これらの予測を検証できることを楽しみにしています。

Q.あなたがもし、歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

マリー・キュリーがいいですね。化学と物理の両分野でノーベル賞を受賞するというのは、誰から見ても驚異的な偉業です。20世紀初頭の女性としても、驚くべき業績です。幼い頃、彼女がラジウムを発見する映画を見たことが、化学を志すきっかけになりました。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

今朝です。標的分子の合成経路における鍵反応がうまくいかず、予想外の生成物ができていました。今日の実験では、生成物を分離・精製し、構造決定をする必要がありました。それが終われば、化学反応がなぜ誤っていたのかを理解できるでしょう。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

それは、島に取り残されているのか、それとも島で贅沢をしているかによるでしょう。前者であれば、ローラ・ヒレンブランドの『Unbroken』(信じられないような困難な状況下での素晴らしいサバイバルストーリー)を持って行くでしょう。後者なら、代わりにクマーの『Quantum』にするでしょう。現実の本質をめぐるアインシュタインとニールス・ボーアの数十年にわたる論争に焦点を当てた、20世紀物理学の魅力的な歴史です。音楽アルバムなら、ブロードウェイ・ミュージカルのヒットセレクションを選ぶでしょう。

Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption (English Edition)

Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption (English Edition)

Hillenbrand, Laura
¥1,527(as of 05/24 00:57)
Release date: 2010/11/16
Amazon product information
Quantum: Einstein, Bohr and the Great Debate About the Nature of Reality (English Edition)

Quantum: Einstein, Bohr and the Great Debate About the Nature of Reality (English Edition)

Kumar, Manjit
¥1,440(as of 05/24 00:57)
Release date: 2008/10/02
Amazon product information

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

アルベルト・エッシェンモーザーです。エッシェンモーザー教授は、ビタミンB12の合成に関する非常に独創的な業績でノーベル賞を受賞し、その他にも有機合成化学や有機反応機構について多大な貢献をしました。業界で、これほど尊敬できる人物は他に居ません。

もしくは、エドワード・C・テイラーにします。現在はプリンストン大学名誉教授(Barton Hepburn Professor)ですが、イーライリリー社と共同でブロックバスター抗がん剤であるアリムタを発見し、非常に生産的かつ優れたキャリアに幕を引きました。88歳の今でも60歳とは思えないほどはつらつとしており、この人が羨ましくて仕方がありません。

 

原文:Reactions – David Lemal

※このインタビューは2011年9月23日に公開されました。

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Gr…
  2. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de…
  3. 第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする…
  4. 第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn…
  5. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hard…
  6. 第127回―「生物学的に取扱困難な金属イオンを研究する」Ann …
  7. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授
  8. 第63回「遊び人は賢者に転職できるのか」― 古川俊輔 助教

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 窒素 Nitrogen -アミノ酸、タンパク質、DNAの主要元素
  2. 個性あふれるTOC大集合!
  3. アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~
  4. 水と塩とリチウム電池 ~リチウムイオン電池のはなし2にかえて~
  5. 実験白衣を10種類試してみた
  6. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)
  7. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  8. 有機合成化学協会誌2022年12月号:有機アジド・sp3変換・ヤヌス型シロキサン・ANT阻害剤・超分子自動機械
  9. 国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ
  10. 眞鍋 史乃 Manabe Shino

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP