[スポンサーリンク]

化学一般

化学物質はなぜ嫌われるのか

[スポンサーリンク]

内容

テレビ、新聞、雑誌など、メディアの中で「化学物質」の話題がとりあげられるとき、多くの場合、それは悪いニュースです。私たちの生活に深く関わり、私たちの体を支えてもいる「化学物質」の中でも、これまでニュースとして取り上げられたことがあるものについて、化学を勉強したことが無い人にとってもわかりやすく解説しています。

具体的には環境問題、食品添加物による食品不安や医薬品による健康被害等を題材として取り上げ、それらに関連する「化学物質」のリスク評価や、最近ブームになっている健康食品の効能の検証など、身近にある化合物や歴史的問題に発展した化合物にスポットを当てています。

対象

化学に興味があるすべての人。

 

評価・解説

著者である佐藤健太郎氏は、HP 『有機化学美術館』及び、ブログ版『有機化学美術館・分館』の運営、さらに今年度からは『東京大学GCOE 理工連携による化学イノベーション』というプロジェクトの広報も担当され、各方面で活躍中の新進気鋭のサイエンスライターです。ちなみに作家としてのデビュー作である「有機化学美術館へようこそ」でも化学が秘める芸術的な造形美を世に知らしめました。

佐藤氏の第二作目である本書も前作と同様、分野外の方や「有機化学はちょっと苦手」という方にとっても読みやすい内容になっています。また特長としては「化学式がほとんど記述されていない」ことが挙げられます。全ての化学物質は分子模型のような絵で表現されており、「専門家以外の人のための本」であることが伝わってきます。悲しいことに専門外の人たちにとっては、難しそうな化学式が出てくるだけで本を閉じたくなる、という経験はよくあるようですから。

大学・大学院に進学してまで化学を勉強する気合い(?)がある人、というのはそこまで多くありません。しかしながら、医薬品・食料品・材料など、この世にあふれるあらゆる「モノ」には少なからず化学が関与しています。それらのリスクが問題となった時、真っ先に矢面に立たされるのは「化学物質」です。

市民理解と専門知識のあいだには大きなギャップが存在するため、

「なんだかわからないけど化学って恐い」

という声が多く聞かれてしまうことになります。中身がわからないのに危険性ばかりが大々的に報道される昨今では、そんなイメージが根付くのも無理はありません。

しかしながら化学の恩恵によって豊かな生活が送れるようになったことも事実であり、実に「化学物質」と全く縁を切った生活を送るのは現代では不可能といえます。

それでは、このジレンマの間でどのような生活を送るのが better なのでしょうか?明確な答えはありませんが、「化学について知ること」は誰にでもできる対処法ではないでしょうか。これに関連して物理学者であり随筆家、さらにはX線結晶構造解析の第一人者でもある寺田寅彦の有名な言葉が有るので紹介します。

「ものを怖がらな過ぎたり、怖がり過ぎたりするのはやさしいが、正当に怖がることはなかなか難しい」
寺田寅彦随筆集第六巻「雑想集」から「小爆発二件」より引用

 

ただし、現代ではインターネットをはじめ大量の情報が溢れており、便利になった反面、それらの中には有害なもの・正しくないものも多く存在しています。

佐藤氏も寺田寅彦も、人間が生きていく上で『適当なリスク』を正確に認識することが要であると主張しています。これは化学に限らず、現代社会を生きていく上で最も重要な術を示唆してるのだと思います。少々大袈裟ではありますが、本著はそのような心構えをもつためのきっかけになるのではないでしょうか。

関連書籍

トリプチセン

投稿者の記事一覧

博士見習い。専門は14族を中心とした有機典型元素化学。 ・既存の有機化学に新しい風を! ・サイエンスコミュニケーションの普及と科学リテラシーの構築! これらの大きな目標のため

関連記事

  1. 【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編
  2. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  3. すごい分子 世界は六角形でできている
  4. 2016年4月の注目化学書籍
  5. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  6. 元素のふるさと図鑑
  7. 化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門
  8. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 公募開始!2020 CAS Future Leaders プログラム(2020年1月26日締切)
  2. Branch選択的不斉アリル位C(Sp3)–Hアルキル化反応
  3. 女性化学賞と私の歩み【世界化学年 女性化学賞受賞 特別イベント】
  4. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  5. 第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授
  6. 有機合成化学協会誌2017年6月号 :創薬・糖鎖合成・有機触媒・オルガノゲル・スマネン
  7. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  8. ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物
  9. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック
  10. 有合化若手セミナーに行ってきました

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

量子アルゴリズム国際ハッカソンQPARC Challengeで、で京都大学の学生チームが優勝!!

そこかしこで「量子コンピュータ」という言葉を聞くようになった昨今ですが、実際に何がどこまでできるのか…

Nature主催の動画コンペ「Science in Shorts」に応募してみました

以前のケムステ記事で、Springer Nature社が独・メルク社と共同で、動画コンペ「Scien…

クオラムセンシング阻害活性を有する新規アゾキシアルケン化合物の発見―薬剤耐性菌の出現を抑える感染症治療薬への応用に期待―

第405回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院統合生命科学研究科 生物工学プログラム 細胞機能…

【著者インタビュー動画あり!】有機化学1000本ノック スペクトル解析編

今年4月に発売された書籍で、発売記念著者インタビュー動画も発売前に撮影したのですが、書籍の到…

Dihydropyridazinone環構造を有する初の天然物 Actinopyridazinoneを発見 ~微生物の持つヒドラジン生合成経路の多様性を解明~

第404回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院 天然物化学研究室の有馬 陸(あり…

化学企業のグローバル・トップ50が発表【2022年版】

The world’s chemical industry didn’t just gr…

常温常圧アンモニア合成~20年かけて性能が約10000倍に!!!

Tshozoです。先日ChemRxivに、東京大学西林研究室による最新の触媒成果が発表されました…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP