[スポンサーリンク]


分析化学

  1. 第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

    第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で生理学と神経科学を専攻しています。研究分野は分析神経化学であり、学習、行動、ニューロンネットワーク形成に関連した新たな神経化学を研…

  2. 【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

    2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

  3. 機器分析の基礎知識【まとめ】

    機器分析は研究に不可欠なツールです。座学として化学を勉強しているだけでは、分析化学のありがたみをあま…

  4. 第124回―「生物・医療応用を見据えたマイクロ流体システムの開発」Aaron Wheeler教授

    第124回の海外化学者インタビューはアーロン・ウィーラー教授です。トロント大学化学科に所属し、化学、…

  5. 第112回―「生体分子センサー・ドラッグデリバリーシステムの開発」Shana Kelley教授

    第112回の海外化学者インタビューは、シャナ・ケリー教授です。トロント大学生化学科に所属し、ナノマテ…

  6. 第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

  7. 第97回―「イメージング・センシングに応用可能な炭素材料の開発」Julie MacPherson教授

  8. X線分析の基礎知識【X線の性質編】

  9. 第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

  10. 第78回―「膜タンパク質の分光学的測定」Judy Kim教授

  11. 第56回―「メタボロミクスを志向した質量分析技術の開発」Gary Siuzdak教授

  12. 分析化学科

  13. アダム・コーエン Adam E. Cohen

  14. オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器

  15. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー

  16. 基礎から学ぶ機器分析化学

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 米ファイザー、今期業績予想を上方修正・1株利益1.68ドルに
  2. マタタビの有効成分のはなし
  3. アカデミックから民間企業への転職について考えてみる 第2回
  4. 大量合成も可能なシビれる1,2-ジアミン合成法
  5. 可視光によるC–Sクロスカップリング
  6. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  7. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

注目情報

最新記事

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン R2

詳細・お申込みはこちら日時令和3年 2月18日、25日(木) 基礎編        …

PAGE TOP