[スポンサーリンク]


分析化学

  1. 第78回―「膜タンパク質の分光学的測定」Judy Kim教授

    第78回の海外化学者インタビューは、ジュディ・キム教授です。カリフォルニア大学サンディエゴ校 化学・生化学科に所属し、生体系の分光学的研究に取り組んでいます。膜タンパク質のフォールディング、ペプチド-膜相互作用、電子伝達反応に関与する生物学…

  2. 第56回―「メタボロミクスを志向した質量分析技術の開発」Gary Siuzdak教授

    第56回の海外化学者インタビューは、ゲイリー・シツダック教授です。カリフォルニアにあるスクリプス質量…

  3. 分析化学科

    お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

  4. アダム・コーエン Adam E. Cohen

    アダム・エズラ・コーエン (Adam Ezra Cohen、1979年5月30日(ニューヨーク市生)…

  5. オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器

    シドニー国際空港では税関職員が一人の怪しい男に目を付けた。(中略)彼の持ち物の付着物からなんとコカイ…

  6. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー

  7. 基礎から学ぶ機器分析化学

  8. 浦野 泰照 Yasuteru Urano

  9. ダン・シングルトン Daniel Singleton

  10. エチレンをつかまえて

  11. YADOKARI-XG 2009

  12. サリンを検出可能な有機化合物

  13. 振動円二色性スペクトル Vibrational Circular Dichroism (VCD) Spectrum

  14. これならわかる マススペクトロメトリー

  15. 生涯最高の失敗

  16. コールドスプレーイオン化質量分析法 Cold Spray Ionization Mass Spectrometry (CSI-MS)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発
  2. ユニークな名前を持つ配位子
  3. リチウムにビリリとしびれた芳香環
  4. メンデレーエフスカヤ駅
  5. イヴァン・フック Ivan Huc
  6. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  7. ミヤコシンA (miyakosyne A)

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP