[スポンサーリンク]


分析化学

  1. タンパク質の定量法―ブラッドフォード法 Protein Quantification – Bradford Protein Assay

    原理ブラッドフォード法(Bradford Protein Assary)は BCA法と並び、もっともよく使われるタンパク質の濃度定量法である。クマシーブリリアントブルー(CBB) G-250という色素がタンパク質の塩基性・芳香族…

  2. タンパク質の定量法―ビシンコニン酸法 Protein Quantification – Bicinconic Acid Assay

    原理ビシンコニン酸(BCA)法(Bicinconic Acid  Assary)はLowry法を…

  3. タンパク質の定量法―ビューレット法 Protein Quantification – Biuret Test

    原理もっとも古典的な比色定量法である。アミノ酸が3つ以上繋がったトリペプチド以上のオリゴ…

  4. 多種多様な酸化リン脂質を網羅的に捉える解析・可視化技術を開発

    第352回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学研究院(山田研究室)・松岡悠太 助教にお願い…

  5. 【書籍】有機スペクトル解析入門

    自然科学系書籍の老舗・裳華房さんより 2021年3月に刊行された「有機スペクトル解析入門」を紹介…

  6. 機能を持たせた紙製チップで化学テロに備える ―簡単な操作でサリンやVXを検知できる紙製デバイスの開発―

  7. 血液検査による新しいがん診断方法の開発!

  8. 光触媒水分解材料の水分解反応の活性・不活性点を可視化する新たな分光測定手法を開発

  9. 第152回―「PETイメージングに活用可能な高速標識法」Philip Miller講師

  10. 第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

  11. カール・フィッシャー滴定~滴定による含水率測定~

  12. 第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

  13. 【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

  14. 機器分析の基礎知識【まとめ】

  15. 第124回―「生物・医療応用を見据えたマイクロ流体システムの開発」Aaron Wheeler教授

  16. 第112回―「生体分子センサー・ドラッグデリバリーシステムの開発」Shana Kelley教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジャクリン・バートン Jacqueline K. Barton
  2. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  3. 誰でも参加OK!計算化学研究を手伝おう!
  4. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術
  5. 合成生物学を疾病治療に応用する
  6. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)
  7. 吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

注目情報

最新記事

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

PAGE TOP