[スポンサーリンク]

一般的な話題

「Python in Excel」が機能リリースされたときのメリットを解説します

[スポンサーリンク]

先日、米Microsoft社が「Python in Excel」のパブリックプレビューを発表しました。

「Introducing Python in Excel: The Best of Both Worlds for Data Analysis and Visualization」https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-365-blog/introducing-python-in-excel-the-best-of-both-worlds-for-data/ba-p/3905482(参照日:2023年8月24日)

上記プレビュー記事を拝見する限り、パートナー企業さんからも好評を得ています。

この記事では、「Python in Excelに関するパブリックプレビュー」を拝見した際に、「魅力的だと感じた点」や「機能リリース後に、最大限メリットが得られるためにはどうしたら良さそうか」をまとめたものです。

内容は、Pythonやプログラミングに馴染みのない方にも、なるべく分かりやすくを意識しております。

※ なお、Python in Excelで搭載されている機能とその挙動については、筆者が調査した時点(参照: 2023/8/24)での内容に基づくものであり、今後のアップデート次第では内容の解釈が変わる可能性があること、ご承知おきください。

 

どんな機能が魅力的か?

まずは「Python in Excel」のプレビューにあたり、どのような機能が実装予定なのかを抑えておく必要があります。特に大きな魅力を感じた点を、以下2つ挙げました。

1.テーブルデータの選択から、データをインタラクティブに「DataFame」としても扱える
2.選択したセル内で「Pythonの処理コード」を実行できる

1.テーブルデータの選択から、データをインタラクティブに「DataFrame」としても扱える

そもそもとして、どういうことか。
イメージしやすいように、プレビュー記事には「動画が埋め込み」されておりますので、ざっと把握したい方は直接動画をご覧いただければ幸いです。(0:17~0:29あたり)

動画の該当箇所につき、DataFrameとして取り扱うまでの流れを言語化しますと、

1.Excelの関数を呼び出す要領で `=py` とセルに打ち込む
2.テーブルデータを範囲選択する
3.範囲選択されたテーブルデータが、DataFrameとして取り込まれる

上記のフローにて、DataFrameを扱えるようになっています!

DataFrameというのは、今回の説明の範囲内では「Pythonというプログラミング言語でデータ分析をしやすくするための、データのまとまり」くらいに抑えておけば、差し支えないです。

では、なぜDataFrameとして扱えるようになるとメリットがあるのかというと、ずばり「他のライブラリと連携しやすくなり、データの可視化や統計的分析に繋げやすくなる」からです。

こうした機能の追加により、「Excel上に眠っていたデータを、Excel上で操作しているユーザが主体で、データの可視化や統計的分析まで実行しやすくなる場が整備された」と言えるでしょう。

2.選択したセル内で「Pythonの処理コード」を実行できる

実行までの流れは、動画の1:00 ~ 1:10 で紹介されています。

Pythonの処理コード実行までのフローにおいて、他の実行環境(例. ブラウザ、コードエディタ、アプリ)に遷移することなく、Excelシート上で完結しており、かつPythonの処理コードが「明示的に記述」されていることにGoodボタンを押したくなりました!

ユーザがExcelに記録したデータに対し、機能側が割り込みで追加処理を提供し、「データ分析を行う前処理のイメージ」をつかみやすくするメリットが生まれる、といえるでしょう。

画像「Introducing Python in Excel: The Best of Both Worlds for Data Analysis and Visualization」https://techcommunity.microsoft.com/t5/microsoft-365-blog/introducing-python-in-excel-the-best-of-both-worlds-for-data/ba-p/3905482(参照日:2023年8月24日)より引用。(説明のため、一部文字による強調を入れております)

 

機能実装における「裏の狙い」を推察してみる

ソフトウェアやアプリケーションに限る話ではありませんが、何か新しい機能が実装される背景には「既存の機能のみだと技術的に問題がある」ので、「その問題を解決するために新しい機能が実装」されます。

Excelは30年以上もの歴史があるソフトウェアです。今回のような「大規模な機能実装」の背景には、筆者の予想だと「少なくとも4つの理由」があるのではないかと推察します。

1.Excelファイルに保持されたデータを、統計的分析に回すためのイメージが掴めていないユーザは多いのではないか?

2.Excelファイルを外部のプログラム・ライブラリで取り扱おうとしたときの、前提であるプログラム実行環境の構築でつまづくユーザは多いのではないか?

3.クラウド版Excelで保持されたデータの利活用が事例として少ないのではないか?(あるいは、まだまだ事例の浸透が確認できず、クラウド版Excelのメリットが見いだせていないユーザは多いのではないか?)

4.ネームバリューのあるExcelに、「ユーザからは見えない、割り込みの追加処理を機能として付与」したとしても、直接Pythonの処理コードが実行できるようになると幸せになるユーザは多いのではないか?

Python in Excelのような機能の実装は「ロードマップの序盤にすぎない」でしょうし、今後どのように展開していくのかは、大変興味深いです。

 

おわりに

最後に余談ですが、筆者のまわりから次のような質問を伺いまして、その回答を以下に載せておきます。
(類似の質問内容を複数個伺い、需要がありそうと判断したため、こちらに共有した次第です)

Q. Excelマクロ(VBA)とどう違うのか?

A. 少なくともプレビュー記事・動画を拝見した範囲内ではありますが、以下3点の点で「Python in Excelの機能のほうが優位性がある」と推察します。

1.実行に限り、記述言語の知識がほとんどなくても処理がまわる(≒ Pythonの文法の知識がなくても)

2.ユーザが見ているシート上で実行でき、プログラム・コマンド実行の画面(ターミナル、黒い画面)に遷移する必要がない

3.インタラクティブに処理を実行できている(マウス、キーボードで実行可能)

なお、これら優位性の違いは「記述言語の仕様に関わらず抽出されたもの」なので、「VBAとPythonの、どちらが優れているかを指摘していない」ことを、強調しておきます。

Q. Python in Excelの一般リリース後、機能のメリットを最大限に受け取るためにはどうしたらよいか?

A. Excelファイルにて保持されているデータを、「プログラムが処理しやすくなるように整理しておく」に尽きます。Pythonの処理コード実行は「ユーザからは見えない、割り込みの追加処理で行われる」としても、「Pythonの処理コードにデータとして渡す」ことに変わりはないので、処理側でエラーが発生しないように(思っていたのと違う結果にならないように)整理しておくと良さそうです。

たとえば、次の具体的なルールにもとづき「Excelのシート上に記録したデータ」を整理するとよいでしょう。

1.そのデータは、そもそも「データの可視化」「統計的分析」に渡す必要のあるデータか?(機能のお試しを除いて)

2.そのデータを用いて、何をさせたいかが明確か?(例. 経時変化を追跡したデータであり、データを可視化させたい。ある商品の月ごとの売上データであり、機械学習モデルの検証データとして利用したい、など。)

3.上記1.2.のクリアした上で、列指向型のテーブルデータとしての前処理がなされているか?(例. 列方向にまとめた商品価格のデータ(カラム)は、すべて半角であり、すべて数字であり(空白・記号などがひとつも入っていない)、すべて単位が揃っているかどうか、などを精査する。)

 

関連書籍

enifuji

投稿者の記事一覧

「Web/ITまわりのとっかかり」になりそうな情報をお伝えします。

Webエンジニア・データサイエンス | 元ITベンチャー | データサイエンスを絡めたDX推進 | 元化学メーカー | TypeScript | Python

関連記事

  1. アルツハイマー病に対する抗体医薬が米国FDAで承認
  2. アブラナ科植物の自家不和合性をタンパク質複合体の観点から解明:天…
  3. 未来の製薬を支える技術 – Biotage®金属スカベンジャーツ…
  4. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  5. 海洋エアロゾル成分の真の光吸収効率の決定
  6. キラルアニオン相間移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-…
  7. 尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その2
  8. 年に一度の「事故」のおさらい

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水溶性ニッケル塩を利用したグリーンな銅ナノ粒子合成法の開発
  2. 紹介会社を使った就活
  3. スコット・ミラー Scott J. Miller
  4. 【インドCLIP】製薬3社 抗エイズ薬後発品で米から認可
  5. ザック・ボール Zachary T. Ball
  6. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  7. サラシノール salacinol
  8. 第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!
  9. 水中で光を当てると水素が湧き出るフィルム
  10. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも超伝導

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

スポットライトリサーチ まとめ【初回〜第200回まで】

ケムステの人気企画スポットライトリサーチ、2015 年に始まって以来、2024 年現…

【産総研・触媒化学融合研究センター】新卒・既卒採用情報

触媒センターでは、「個の力」でもある触媒化学を基盤としつつも、異分野に積極的に関…

Zachary Hudson教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年3月11日に東京大学本郷キャンパスにて開催されたBritish Co…

ケムステイブニングミキサー 2024 報告

3月18日から21日の日本化学会第104春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!めちゃ…

日本農芸化学会創立100周年記念展に行ってみた

農芸化学という学問分野はご存知でしょうか?農業と化学は分かるけど、芸って何だよって一瞬思いますよ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP