[スポンサーリンク]

ケムステニュース

新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見

[スポンサーリンク]

チタン酸ストロンチウム

ダイヤモンドの代用宝石などに使われる透明結晶のチタン酸ストロンチウムにアルゴンのイオンビームを照射すると、照射部分が室温で青色発光するように変化することを、京都大化学研究所の島川祐一教授(無機合成)、大学院生の菅大介さんらの研究チームが発見した。新しいエレクトロニクス材料になると期待される。英科学誌ネイチャー・マテリアルズ電子版で10日発表する(引用:京都新聞)。

 

 チタン酸ストロンチウム(SrTiO3, strontium titanate)に、アルゴンイオンを衝突させると波長430nmの青色光を放つそうです。アルゴンがチタン酸ストロンチウムの酸素を飛ばし、電子を一気に放出することでこのような現象が起こるのでは、と分析しているようです。

 ちなみに、チタン酸ストロンチウムは屈折率が約2.41であり、ダイアモンド(2.417)とほとんど同じです。このため、ダイヤモンドの代用宝石として使われています。また、工業的には主にセラミックコンデンサの材料としても利用されています。

  •  文献
[1] Kan, D. et al. Nature Mater. 2005, 4, 816. doi:10.1038/nmat1498

  • 関連リンク

Strontium titanate – Wikipedia
京大化学研究所 島川研究室

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  2. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  3. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授
  4. iPadで使えるChemDrawが発売開始
  5. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  6. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  7. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に…
  8. エーザイ、抗てんかん剤「イノベロン」、ドイツなどで発売を開始

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バージェス試薬 Burgess Reagent
  2. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)
  3. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  4. 「2010年トップ3を目指す」万有製薬平手社長
  5. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法
  6. 天然物の生合成に関わる様々な酵素
  7. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  8. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン
  9. 酸窒化物合成の最前線:低温合成法の開発
  10. 2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP