[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第125回―「非線形光伝播の基礎特性と応用」Kalai Saravanamuttu教授

[スポンサーリンク]

第125回の海外化学者インタビューはKalai Saravanamuttu教授です。マクマスター大学化学科に在籍し、光化学媒体における非線形光伝搬の基礎特性と応用について研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

ポートモレスビーにある高校の先生のおかげで、化学は私にとって大きな魅力となりました。先生方は、物質の性質と変容を支配する分子世界への扉を開いてくれました。化学を仕事にしようと決意したのは、おそらくマギル大学学部生の最終学年の時だったと思います。卒業論文では、光学化学ベンチ、つまり表面増強ラマン分光法に基づいた感度の高いバイオセンサー導波路に取り組んでいました。最初はこのプロジェクトという狭い範囲の中で、その後はより広い文脈の中で、化学を異なる分野をつなぐもの―つまり自然科学の間に位置する解釈法として捉え、研究に対する刺激的かつ創造的なアプローチを切り開いていきました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

子どもたちの権利、医療、教育を積極的に推進する組織で働くでしょう。人権における科学者の役割と責任は、アメリカ科学振興協会と人権プログラムのようなイニシアチブによって実証されています。この分野でフルタイム労働することで、こういった重要な問題に微力ながらも意味のある持続的な貢献をしたいと考えています。また、このような仕事は、豊かな多様性を持つ人々の生活から学ぶ素晴らしい機会を提供してくれると感じています。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

私の研究グループでは、コヒーレント光とインコヒーレント光が光化学反応を受ける媒体を伝搬する際にどのように振る舞うかを研究しています。このようなシステムでは、自己トラップされたビームや光格子、自発的なパターン形成など、様々な非線形な光の伝搬が引き起こされることを発見しています。このような現象は、光信号の伝搬を精密に制御するアクティブフォトニクスデバイスの開発に繋がると期待されています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

チャンドラセカール・ヴェンカタ・ラマン卿と食事をしたいです。繊細でありながら強力なラマン効果を解明した一連の出来事の個人的な説明を聞くことができ、また、実験が行われた20世紀初頭という興味深い時代についての彼の視点を知ることができたら、素晴らしいことだと思います。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

約3週間前、娘が生まれる直前で、すべてが希望に満ち溢れているように見えていた時でした。学部生と一緒に、複数の自己トラップされたレーザービームが重合性ゲルを伝搬する際にどのように振る舞うかを調べました。そこでビームが光重合体を伝搬する際に、ビームが合体したり、周期的に分離したりすることを発見しました。現在、この挙動の根底にあるメカニズムを解明しようとしています。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

すぐさま救出されないと仮定するなら、ニーチェの『道徳の系譜』を選びます。音楽アルバムについては(iPodは禁止されているとして)、ヴェルディのコレクションと、Viswanathan、IlaiyaraajaRahmanといった作曲家たちによる過去60年に渡るタミルポピュラーソングのミックスとで、コイントスをするでしょうか。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

イースト・アングリア大学のDavid L. Andrews教授のを見てみたいです。彼のグループは、量子電気力学に基づいた強力なアプローチを用いて、自分自身と光との分子間相互作用を理解しようとしています。

 

原文:Reactions – Kalai Saravanamuttu

※このインタビューは2009年7月24日に公開されました。

 

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中…
  2. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pic…
  3. 第74回―「生体模倣型化学の追究」Ronald Breslow教…
  4. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授
  5. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教…
  6. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  7. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 …
  8. 第172回―「小分子変換を指向した固体触媒化学およびナノ材料化学…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 量子アルゴリズム国際ハッカソンQPARC Challengeで、で京都大学の学生チームが優勝!!
  2. リチウムにビリリとしびれた芳香環
  3. 野崎 一 Hitoshi Nozaki
  4. フォルハルト・エルドマン環化 Volhard-Erdmann Cyclization
  5. B≡B Triple Bond
  6. 「抗炎症」と「抗酸化」組み合わせ脱毛抑制効果を増強
  7. セイファース・ギルバート アルキン合成 Seyferth-Gilbert Alkyne Synthesis
  8. アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)
  9. 初めてTOEICを受験してみた~学部生の挑戦記録~
  10. 米デュポン、原料高騰で製品値上げ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP