[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第125回―「非線形光伝播の基礎特性と応用」Kalai Saravanamuttu教授

[スポンサーリンク]

第125回の海外化学者インタビューはKalai Saravanamuttu教授です。マクマスター大学化学科に在籍し、光化学媒体における非線形光伝搬の基礎特性と応用について研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

ポートモレスビーにある高校の先生のおかげで、化学は私にとって大きな魅力となりました。先生方は、物質の性質と変容を支配する分子世界への扉を開いてくれました。化学を仕事にしようと決意したのは、おそらくマギル大学学部生の最終学年の時だったと思います。卒業論文では、光学化学ベンチ、つまり表面増強ラマン分光法に基づいた感度の高いバイオセンサー導波路に取り組んでいました。最初はこのプロジェクトという狭い範囲の中で、その後はより広い文脈の中で、化学を異なる分野をつなぐもの―つまり自然科学の間に位置する解釈法として捉え、研究に対する刺激的かつ創造的なアプローチを切り開いていきました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

子どもたちの権利、医療、教育を積極的に推進する組織で働くでしょう。人権における科学者の役割と責任は、アメリカ科学振興協会と人権プログラムのようなイニシアチブによって実証されています。この分野でフルタイム労働することで、こういった重要な問題に微力ながらも意味のある持続的な貢献をしたいと考えています。また、このような仕事は、豊かな多様性を持つ人々の生活から学ぶ素晴らしい機会を提供してくれると感じています。

Q. 現在取り組んでいることは何ですか?そしてそれをどう展開させたいですか?

私の研究グループでは、コヒーレント光とインコヒーレント光が光化学反応を受ける媒体を伝搬する際にどのように振る舞うかを研究しています。このようなシステムでは、自己トラップされたビームや光格子、自発的なパターン形成など、様々な非線形な光の伝搬が引き起こされることを発見しています。このような現象は、光信号の伝搬を精密に制御するアクティブフォトニクスデバイスの開発に繋がると期待されています。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

チャンドラセカール・ヴェンカタ・ラマン卿と食事をしたいです。繊細でありながら強力なラマン効果を解明した一連の出来事の個人的な説明を聞くことができ、また、実験が行われた20世紀初頭という興味深い時代についての彼の視点を知ることができたら、素晴らしいことだと思います。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

約3週間前、娘が生まれる直前で、すべてが希望に満ち溢れているように見えていた時でした。学部生と一緒に、複数の自己トラップされたレーザービームが重合性ゲルを伝搬する際にどのように振る舞うかを調べました。そこでビームが光重合体を伝搬する際に、ビームが合体したり、周期的に分離したりすることを発見しました。現在、この挙動の根底にあるメカニズムを解明しようとしています。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

すぐさま救出されないと仮定するなら、ニーチェの『道徳の系譜』を選びます。音楽アルバムについては(iPodは禁止されているとして)、ヴェルディのコレクションと、Viswanathan、IlaiyaraajaRahmanといった作曲家たちによる過去60年に渡るタミルポピュラーソングのミックスとで、コイントスをするでしょうか。

Q.「Reactions」でインタビューしてほしい化学者と、その理由を教えてください。

イースト・アングリア大学のDavid L. Andrews教授のを見てみたいです。彼のグループは、量子電気力学に基づいた強力なアプローチを用いて、自分自身と光との分子間相互作用を理解しようとしています。

 

原文:Reactions – Kalai Saravanamuttu

※このインタビューは2009年7月24日に公開されました。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Ha…
  2. 第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士
  3. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kro…
  4. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授
  5. 第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする…
  6. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Mi…
  7. 第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richm…
  8. 第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kai…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 可視光で芳香環を立体選択的に壊す
  2. 日本国際賞受賞者 デビッド・アリス博士とのグループミーティング
  3. 工程フローからみた「どんな会社が?」~半導体関連
  4. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  5. セミナーチャンネルを開設
  6. エルマンイミン Ellman’s Imine
  7. COVID-19状況下での化学教育について Journal of Chemical Education 特集号
  8. 変わったガラス器具達
  9. 有機合成化学協会誌2020年9月号:キラルナフタレン多量体・PNNP四座配位子・π共役系有機分子・フェンタニル混入ヘロイン・プロオリゴ型核酸医薬
  10. 有機亜鉛試薬 Organozinc Reagent

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

マイクロ波化学のカーボンニュートラルや循環型社会におけるアプリケーションや事業状況

当社のマイクロ波プラットフォーム技術および工業化知見を活用し、アクリル樹脂の分解に必要なエネルギーを…

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP