[スポンサーリンク]


創薬化学

  1. 広範な反応性代謝物を検出する蛍光トラッピング剤 〜毒性の黒幕を捕まえろ〜

    創薬プロセスにおいて、毒性の問題はいつまでも付きまとい続けます。顕著な細胞毒性や Ames positive を示す化合物は開発初期で早々に除外されますが、非臨床試験 (=動物試験・in vivo) や臨床試験 (ヒトを対象…

  2. 第20回ケムステVシンポ『アカデミア創薬 A to Z』を開催します!

    ※ 本イベントは盛会に終了しました。現在、事前登録者様限定で動画公開中ですので、…

  3. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

    水口賢司は、日本の生化学者・計算生物学者である。医薬基盤・健康・栄養研究所 AI健康・医薬研究センタ…

  4. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

    第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

  5. 概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

    第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

  6. バイオ医薬 基礎から開発まで

  7. その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜

  8. トリメチルロック trimethyl lock

  9. エリック・メガース Eric Meggers

  10. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

  11. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis

  12. Lead Optimization for Medicinal Chemists

  13. 創薬化学

  14. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-

  15. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~

  16. 武装抗体―化学者が貢献できるポイントとは?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!
  2. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  3. シビれる(T T)アジリジン合成
  4. ティム・ジャミソン Timothy F. Jamison
  5. フラッシュ精製装置「バイオタージSelect」を試してみた
  6. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発
  7. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発

名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻の 野呂 篤史講師らの研究グループは、日本ゼオンと共同…

反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

UiO-66: 堅牢なジルコニウムクラスターの面心立方格子

UiO-66 は六核ジルコニウムオキシクラスターを SBU に持ち、高い熱安定性 · 化学安定性を示…

PAGE TOP