[スポンサーリンク]


創薬化学

  1. 水口 賢司 Kenji Mizuguchi

    水口賢司は、日本の生化学者・計算生物学者である。医薬基盤・健康・栄養研究所 AI健康・医薬研究センター長、大阪大学 蛋白質研究所 教授。経歴1990 京都大学 理学部 卒業1995 京都大学大学院 理学研究科…

  2. 第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

    第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

  3. 概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

    第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

  4. バイオ医薬 基礎から開発まで

    概要2018年のノーベル生理学・医学賞が抗PD-1抗体を用いた免疫療法に授与されたように,近…

  5. その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜

    はじめまして。薬学部で創薬化学を研究する傍ら、薬局薬剤師としても活動している DAICHAN と申し…

  6. トリメチルロック trimethyl lock

  7. エリック・メガース Eric Meggers

  8. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

  9. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis

  10. Lead Optimization for Medicinal Chemists

  11. 創薬化学

  12. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-

  13. 創薬に求められる構造~sp3炭素の重要性~

  14. 武装抗体―化学者が貢献できるポイントとは?

  15. 化学物質だけでiPS細胞を作る!マウスでなんと遺伝子導入なしに成功

  16. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 1: ヒノキの精油で和歌山みかんを活性化–
  2. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthesis
  3. 浅野・県立大教授が化学技術賞
  4. ケムステSlack、開設一周年!
  5. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  6. チアミン (thiamin)
  7. がんをスナイプするフェロセン誘導体

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

PAGE TOP