[スポンサーリンク]

一般的な話題

MEDCHEM NEWS 32-3号「シン・メディシナルケミストリー」

[スポンサーリンク]

 

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープンアクセスとなりました 32-3号 (2022年8月発行)の紹介です。

各項目のタイトルおよび画像から該当記事へ飛べます (新しいタブで開きます) ので、隅々までご覧ください。

■巻頭言

イノベーション創出力の強化をシン・メディシナルケミストリーに期待
岡田 安史
日本製薬工業協会 会長


今回の巻頭言は日本製薬工業協会 (製薬協) の岡田安史会長にご執筆頂きました。バブル期までと現在の日本の状況、創薬研究を取り巻く環境を踏まえて、我々創薬関係者が進むべき方向について示唆を与えて下さっています。ぜひとも「シン・メディシナルケミストリー」を実現させなくてはなりません。

■創薬最前線

官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)で構築する特発性肺線維症に対する創薬標的探索プラットフォームについて
中村恵宣*1,北村英也*2,小倉髙志*2,夏目やよい*1水口賢司*1,*3
*1 医薬基盤・健康・栄養研究所
*2 神奈川県立循環器呼吸器病センター
*3 大阪大学蛋白質研究所

本論文は、病態が複雑で診断・治療の難しい特発性肺線維症を題材に、実際の患者さんの情報をもとにした、使いやすい疾患データベース構築および創薬標的探索に繋がる AI 開発の紹介です。メディシナルケミストの「自分のつくった化合物が患者さんにしっかりと効いてほしい」という願いに応える取り組みです。ぜひご一読ください。

■WINDOW

アステックス社におけるフラグメント創薬研究
漆島 達哉, 長瀬 剛, 周藤 俊樹
大塚製薬株式会社

大塚製薬 (株) の子会社で、英国のバイオベンチャーとして創業したアステックス社におけるフラグメント創薬 (FBDD)について解説しています。近年立て続けに新薬が上市され、大塚製薬 (株) やビックファーマとの協業体制についても紹介されており、大変貴重な記事です。

■ESSAY 特集:液-液相分離を標的とする疾患制御

特集にあたって
白木 賢太郎
筑波大学

■ESSAY

タンパク質溶液の理解と凝集体の形成の制御
白木 賢太郎
筑波大学

本号では「液-液相分離を標的とする疾患制御」と題して近年急速に進展している相分離研究の特集を組みました。そこで相分離生物学の第一人者の白木賢太郎先生に特集緒言と相分離を応用したタンパク質安定化のための最新技術に関する論文を寄稿していただきました。相分離はこれから創薬の一部になると言われており、創薬研究者にとって必読の特集です。

■ESSAY

天然変性タンパク質を標的とした創薬 ~その可能性と課題~
廣明 秀一
東海国立大学機構名古屋大学

天然変性タンパク質 (IDR) は、生理的条件下で決まった三次元構造をとらないタンパク質です。本稿では、IDR を創薬標的とした化合物取得戦略と、溶液 NMR を活用したその加速戦略が紹介されています。
IDR は疾患との関連性も報告されており、今後の進展が期待されます。

■ESSAY

タンパク質活性を隔離・放出する人工相分離ドロップレット
築地 真也, 吉川 優
名古屋工業大学

細胞内での相分離現象を利用して小分子や光で標的タンパク質を隔離 (不活性化) もしくは放出 (活性化) する新しい技術に関する解説記事です。基礎研究のみでなく創薬や細胞医療にも有用なツールとして今後の応用が期待されます。ぜひ、ご一読下さい。

■ESSAY

相分離制御破綻と創薬展望
森 英一朗*1吉澤 拓也*2齋尾 智英*3
*1奈良県立医科大学
*2立命館大学
*3徳島大学

本稿では相分離に関する最近の研究進展が紹介されています。相分離の制御の破綻と神経変性疾患等の病態発症の関連性が解明されつつあり、今後の創薬展開への期待が述べられています。ぜひご一読ください。

■ESSAY

液-液相分離を誘起する高分子細胞内送達ペプチド
二木 史朗, 広瀬 久昭
京都大学

抗体・バイオロジクス等、高分子医薬の細胞内送達技術は、非常にチャレンジングな領域であり、注目を集めています。本稿では、L17E ペプチドを用い、液–液相分離を起点とする高分子送達について記載されています。ぜひご一読ください。

■DISCOVERY

新規非ステロイド型ミネラロコルチコイド受容体拮抗薬 apararenone (MT-3995) の創製
飯嶋 徹*1,2, 赤塚 英則*3,4,武富 啓*1
*1 田辺三菱製薬株式会社
*2 東京大学
*3 三菱ケミカルホールディングスグループ
*4 サンケミカル株式会社

本論文は、既存のステロイド型ミネラロコルチコイド受容体拮抗薬の課題を解決する低分子創薬の紹介です。自分たちの仮説に基づいて化合物をデザインし、受容体選択性が高く高活性な MT-3995 を見出しています。コンパクトで低分子量化合物に仕上げているところも秀逸ですので、ぜひご一読ください。

■COFFEE BREAK

自作の竹笛でバッハを奏でる
和田 猛
東京理科大学

核酸化学の第一人者である東京理科大学薬学部 和田先生は、自作で竹笛を作成しバッハを演奏するという高尚な趣味をお持ちです。YouTube チャンネルも開設されておりますので、皆さん研究の気分転換に覗いてみてください。新しい発想が生まれるかもしれません。

関連記事

「薬として働く人工核酸を有機化学的に創製する」和田 猛教授

和田先生のケムステVシンポご講演動画

■REPORT

LINK-Jによる、ライフサイエンス領域でのイノベーション創出とエコシステム構築の取り組み
曽山 明彦
一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン

一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワークジャパン (LINK-J) の狙いや活動報告が紹介されています。設立5年で会員数は 570 を超え、年間 500 回以上!のイベント・プログラムを開催しているそうです。オープンイノベーション・共創が益々重要になっている昨今、ぜひ読んで頂きたい内容です。

関連書籍

本号の「BOOKS 紹介」より①

本号の「BOOKS 紹介」より②

MEDCHEM NEWS 紹介記事バックナンバー

MEDCHEM NEWS 32-2号 「儲からないが必要な薬の話」
MEDCHEM NEWS 32-1号「機械学習とロボティックス特集」
MEDCHEM NEWS 31-4号「RNA制御モダリティ」
MEDCHEM NEWS 31-3号「ケムステ代表寄稿記事」
MEDCHEM NEWS 31-2号「2020年度医薬化学部会賞」
MEDCHEM NEWS 31-1号「低分子創薬」
MEDCHEM NEWS 30-4号「ペプチド化学」
MEDCHEM NEWS 30-3号「メドケムシンポ優秀賞」

DAICHAN

投稿者の記事一覧

創薬化学者と薬局薬剤師の二足の草鞋を履きこなす、四年制薬学科の生き残り。
薬を「創る」と「使う」の双方からサイエンスに向き合っています。
しかし趣味は魏志倭人伝の解釈と北方民族の古代史という、あからさまな文系人間。
どこへ向かうかはfurther research is needed.

関連記事

  1. 音声入力でケムステ記事を書いてみた
  2. ACD/ChemSketch Freeware 12.0
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  4. キシリトールのはなし
  5. 材料・製品開発組織における科学的考察の風土のつくりかた ー マテ…
  6. キラルアミンを一度に判別!高分子認識能を有するPd錯体
  7. 手術中にガン組織を見分ける標識試薬
  8. 細胞内の温度をあるがままの状態で測定する新手法の開発 ~「水分子…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  2. ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】
  3. 1-ヒドロキシタキシニンの不斉全合成
  4. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Claude Bradley教授
  5. 第六回ケムステVプレミアレクチャー「有機イオン対の分子設計に基づく触媒機能の創出」
  6. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
  7. 就活・転職・面接・仕事まとめ
  8. 有機化学者の仕事:製薬会社
  9. カルボプラチン /carboplatin
  10. アリルC(Sp3)-H結合の直接的ヘテロアリール化

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP